雲取山 2015 12/26

しまこ




DSC07761_convert_20151229224140.jpg





登り納めはどこにしようか?



登山部でそんな話をしながら
登り納めだから東京都最高峰もいいよね、
と、わかるようかわからないような理由で決まった雲取山。



春が来て竜ヶ岳に行ってから
夏が来て水晶岳に行き
秋が来て空木岳に行き
その間にもたくさんの山を歩いて
いつしか冬が来て高尾を歩いて忘年会もしたけれど
これが本当に今年の最後。




雲取山へは8年ぶり、その時は三条の湯からのコースだし
今回の鴨沢からのコースを歩くのは高校生のとき以来。
しかも日帰りは初めて・・・と
歩けるのかな私。


・・・・・・


DSC07651_convert_20151228204641.jpg


地元を3時半出発。

一番日が短いこの季節、
午後を回ると日はあっという間に傾いて
もたもたしているとすぐに日が暮れてしまう。


DSC07652_convert_20151228204753.jpg

6:20
小袖についてもまだ日は出ないけれど
ヘッドランプもいらないくらいには明るくなってきたところで出発しましょう。


思ったほどの寒さもなくて
着込んできたウェアはひと歩きすると汗をかきそうなくらい。

DSC07655_convert_20151228204823.jpg




DSC07656_convert_20151228204856.jpg




DSC07657_convert_20151228204924.jpg




DSC07661_convert_20151228204955.jpg


上着を脱いで緩やかな道を歩いていく。

堂所に着く頃には朝日も差してきて
相変わらず緩やかな登山道を進めば見えてくる富士山はご機嫌のよう。

DSC07666_convert_20151228205027.jpg




DSC07670_convert_20151228205122.jpg


空に向かって両手を伸ばしているようなブナたち。

DSC07673_convert_20151228205158.jpg




DSC07675_convert_20151228205242.jpg


ここはきっと気持ちよい場所なんだろうな。
道はいつしか見渡す限り斜面も谷もブナの森になっていた。

DSC07678_convert_20151228205314.jpg




DSC07679_convert_20151228205349.jpg




DSC07686_convert_20151228205445.jpg




DSC07691_convert_20151229231530.jpg




DSC07692_convert_20151228205657.jpg


広々とした石尾根。

DSC07695_convert_20151228205740.jpg


ダンシングツリーを望みながら
左手にはずっと富士山がついてくる。

DSC07700_convert_20151228205910.jpg


師匠と弟子。

DSC07702_convert_20151228205936.jpg




DSC07706_convert_20151228210003.jpg


あれ、もうヘリポート?!
富士山に見とれて歩いていたら
奥多摩小屋についてしまった。

DSC07708_convert_20151229125312.jpg




DSC07711_convert_20151229125340.jpg




DSC07712_convert_20151229125405.jpg


富田新道との分岐も過ぎて。
富田新道もいつか新緑の頃に歩いてみたい道。

DSC07716_convert_20151229125432.jpg




DSC07718_convert_20151229125510.jpg


緩やかにゆるやかに小さなピークを越えながら眺める光景。


DSC07720_convert_20151229125536.jpg

空を流れていく雲の隙間から射してくる光。
光射す。ではなくて

光降る。




途方にくれていた時間を
埋めてくれるかのように
降り注ぐ、降りてくる光。
蒼く重なる山の姿と白いオーロラのような光。


こんな景色が見れたからもういいか・・・

深く深く吸い込んで
深く深く染み込んでいく
身体中の空気を入れ替えて。



山ガアッテヨカッタ。

DSC07721_convert_20151229125602.jpg







青空の下を
富士山をお供に歩く石尾根。

あーーー気持ちいいーーー!!!!!


来る途中で見たブナの木のように
空に両手を思いっきり伸ばしながら歩ける幸せは
何にも変えられるものではない。
歪んだ自分を矯正してくれる。

DSC07723_convert_20151229125649.jpg




DSC07726_convert_20151229125715.jpg




DSC07730_convert_20151229125751.jpg

新しくなっている避難小屋が間近に見えたら
あれ、もう山頂。

DSC07731_convert_20151229125913.jpg




DSC07733_convert_20151229125950.jpg




DSC07735_convert_20151229223835.jpg


山頂を吹き抜ける風はさすがに冷たくて
写真を撮ろうとiPhoneを取り出して構えたら
いきなり電源が落ちてしまった…
そんなことで思い知る12月の山

でも青空の下どこまでも見える周りの山と
人もほとんどいない山頂が本当に気持ちよくて
ひとり嬉しくて嬉しくてニヤニヤしていた。

DSC07748_convert_20151229223942.jpg




DSC07751_convert_20151229224018.jpg




DSC07753_convert_20151229224101.jpg




DSC07765_convert_20151229225344.jpg



さすがに風が冷たすぎて
お昼ご飯は避難小屋の横で風を避けて石尾根と富士山を眺めながら。

今月はイーズミサンの誕生月なのでお祝いをして。
デザートは白いフロマージュとイチゴ、そしてチョコバー
この寒い中、チョコバーを持ってくるのもどうかとも思ったけど・・・・
もちろんその通り(笑)

DSC07761_convert_20151229224140.jpg

硬くて歯が立たない!と一部文句も言われながらも
みんな優しいメンバーは残さず食べてくれたけれど^^


DSC07766_convert_20151229224250.jpg


ゆっくりと、ゆっくりとこの景色と空気を楽しんだら
名残惜しいけれど下山しましょうか・・・帰りたくないけど。

DSC07768_convert_20151229225552.jpg




DSC07774_convert_20151229225711.jpg




DSC07775_convert_20151229225754.jpg



君ともよく歩いたね。春の終わりから。

DSC07778_convert_20151229225827.jpg




DSC07779_convert_20151229225905.jpg




DSC07780_convert_20151229225941.jpg




DSC07783_convert_20151229230016.jpg


帰りも緩やかだけどそれなりに長い道のり。
でもおだやかで秋の続きのような山。

斜光がさす落ち葉の斜面に。

DSC07784_convert_20151229230055.jpg

なんてきれいなんだろう。



・・・・・・

DSC07789_convert_20151229230154.jpg




DSC07791_convert_20151229230231.jpg


もしかして下山する頃には日が暮れちゃうかな・・

そんな心配も出たけれど
三時には小袖の登山口に無事下山。
おつかれさまでした。ありがとうございました。
これで本当に今年は歩き納め。
来年はどんな山に行けるんだろう。
また来年も楽しくみんなで歩けますように。




( おわり )









関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 2

There are no comments yet.
kawamin
新年1番のり!

しまちゃんの文章を読んでいると
さすが弟子だけあって
shoちゃんの影響をとっても受けてるんだなぁって。
勿論、しまちゃんなりの表現だから同じではないんだけれど
言葉の表現の仕方、紡ぎ方が…ね❤︎

tさんが
「文章のしまちゃん」
と言うだけあって、
綺麗な言葉を紡いでいくなあ
と感心してる次第です。
私はボキャブラリーが貧困なので
美しい言葉を紡いでいけないから羨ましいよ(笑)

雲取山はやっぱり石尾根がステキで
あのトレイルを歩いてるだけで
身体中が何かに満たされる気持ちになるよね。
鷹ノ巣に続き、奥多摩のキレイドコロを歩けて羨ましいよ❤︎

次は今度の日曜でしょー??
どこ歩くの?いーなーいーなー
ってことで
今年もどうぞよろしくね( *´꒳`*)੭⁾⁾

しまこ
今年もどうぞごひいきに♪^ ^


かわみんちゃん♪
新年一番乗りありがと〜^ ^

こっちの弟子は
出来の悪い不肖の弟子だからなぁ。
もしかしたら、もう、こっそりと
破門されてるかもしれないし…(泣)
師匠の言葉たちは
とても真似できるものではないし
その世界にも入れるものではなくて。
似てるなんて言われてもおこがましいというか…
そうかな、影響受けてるかな。

うーん、
私の文章なんか最低最小限の事しか書かないし
このところ錆び付いてるから紡ぐべき言葉も枯渇してるし。。。
写真も言葉も感じたままってだけで。
自分の器以上のものは出てこないしね。
・・・この手の話はまた呑んだ時にでもゆっくりしましょ
他の方の意見は参考程度に^ ^


そうそう雲取山だよね、
都民なのに(笑)ものすご〜く久しぶりの最高峰は
本当に気持ちよくて
この前の鷹ノ巣山は石尾根は歩かなかったし
こんなに広々してたっけ、って。
今年は雪も少ないし葉が落ちて明るいこの時期に
もっともっと奥多摩を歩きたいなぁって思いながら帰ってきたの。
神奈川県民にとっての丹沢、的な感じかな奥多摩は^ ^
山自体は丹沢のように変化にとんでないけど
静かで穏やかで誰でも受け入れてくれるような。

今年はどんな山が待ってるんだろうね〜

ってことで
今年もどうぞよろしくです♪