空木岳 ② 2015 10/10・11

しまこ

DSC06982_convert_20151026211051.jpg





空木岳の山頂直下にある駒峰ヒュッテ。

こげ茶色の可愛らしい建物は
連休後に控えた小屋閉めを前に
ペンキの塗り直し作業中だった。

DSC06871_convert_20151026204138.jpg

DSC06868_convert_20151026204008.jpg

DSC06874_convert_20151026204213.jpg

山頂がすぐそこに見える
素敵なテラスを通って回り込むとそこが入り口。

ちょうど12時。
山頂は目の前だけど
お腹も空いたしヒュッテで受付をして自炊席でお疲れ様の乾杯を♪

DSC06862_convert_20151026203856.jpg

DSC06864_convert_20151026203919.jpg

DSC06866_convert_20151026203940.jpg

泊まりの人はまだほとんどいなくて
寝床も隅っこを確保。

ストーブに火も入れてくれて
暖かい室内でゆっくりとお昼とデザートもいただいたら
山頂まで行ってみますか。

DSC06879_convert_20151026204240.jpg

DSC06881_convert_20151026204306.jpg

駒石あたりに来るまで吹いていた強い風も
この時間になるとすっかり止んで
青空はないけどなんとなく薄日もさす道を山頂までお散歩。

DSC06882_convert_20151026204337.jpg

「もう夕食まですることもないから
お腹減るまで山頂まで五往復位しないとね。。。」

「ダッシュだ、ダッシュ!」

…軽口を叩きながら上がっていくと

DSC06887_convert_20151026204405.jpg

DSC06889_convert_20151026204434.jpg

全部見えてる。

二週間前に行った宝剣、木曽駒から檜尾岳、
そしてそこから続く稜線に
端から端まで見える南アルプス、
そして素晴らしかったのが南駒ケ岳へと続く道。

DSC06903_convert_20151026204537.jpg

DSC06912_convert_20151026204805.jpg

DSC06902_convert_20151026204511.jpg

DSC06916_convert_20151026205537.jpg

DSC06919_convert_20151026205603.jpg

DSC06911_convert_20151026204741.jpg

明日のお天気が悪くてもここまで見えれば文句はありません。
空木岳もきれいな山だし中央アルプス素敵だな。

「今日来て良かったね。。。」

誰からともなく漏れる言葉。

うんうん。

DSC06913_convert_20151026205508.jpg

DSC06905_convert_20151026204645.jpg

DSC06922_convert_20151026205630.jpg

いつか歩いてみたい
千畳敷までの縦走路を
しっかり目に焼き付けて。

それぞれがまた新たな想いを抱いた山頂を後にします。

DSC06927_convert_20151026205740.jpg

DSC06926_convert_20151026205708.jpg

寒がりヨーコタンはダウンケットをスカートにして
アンデスの少女、とからかわれながらも
この景色の中にいるとランドネの一ページのよう。

DSC06931_convert_20151026205811.jpg

ヒュッテに戻ってもまだ3時前。
夕ごはんまでお昼寝タイム♪

・・・・・

16時半
赤ちょうちん開店…じゃなくて(笑)

今日のメインはヨーコタンが用意してくれたパイタン鍋♪

DSC06934_convert_20151026205839.jpg

DSC06946_convert_20151026210801.jpg

DSC06938_convert_20151026205909.jpg

京都から来て今日は西駒山荘から歩いてきたソロの方と相席の夕ごはん。
おすそ分けしたりおすそ分けされたり
いろんな話をしながらワイワイと。

DSC06940_convert_20151026210549.jpg

DSC06942_convert_20151026210617.jpg

DSC06943_convert_20151026210643.jpg

オイルサーディンで口直し
締めの麺までしっかりいただきます。

DSC06944_convert_20151026210728.jpg

デザートのぜんざいを作ろうか。。。と話していた時
ふと窓の外を見ると窓一面が紅く染まってる!

明日は雨予報、雲も多かったので諦めていたのに
タイチローサンと二人でカメラを持って外へ飛び出します。

DSC06958_convert_20151026210830.jpg

DSC06960_convert_20151026210859.jpg

DSC06966_convert_20151026210927.jpg

空一面の茜色。

言葉にならない時間。
言葉なんかいらないけど。

DSC06979_convert_20151026211026.jpg

嬉しいことにヨーコタンとシゲシゲが
ホカホカのぜんざいを持ってテラスに出てきてくれた。
しばし四人で夕景鑑賞会。

DSC06987_convert_20151026211116.jpg

DSC06996_convert_20151026211212.jpg

空木岳。
ずっと来たかった思い焦れた山は
こんな素敵なサプライズの贈り物を用意してくれていた。

10月11日(日)

夜中に目を覚ますと
風がごおごお唸る音。

明け方もう一度目を覚ますと
風と共に屋根に打ち付ける激しい雨の音。。。

5時起床。

天気予報ではお昼前後に寒冷前線が通過する。
その前後までは雨も止まないし、前線が通過してしまうと風が北からに変わるから
この標高では雨が雪に変わることも考えられる。。。

朝ごはんを食べたら即下山に決定。

「お世話になりました」

7時前、カメラもザックの中にしまい込んで
完全雨装備でヒュッテを後に。

外へ出てみると
風や雨も思っていたほどには酷くないけれど
でも時折パチパチと雨具を弾くアラレのようになる雨の中を
足早に下っていく。

川のようになっている登山道を
滑る木の根や岩に気を付けながら
今日こそは・・・
下山したら明治亭のソースカツ丼食べたい!
と三人に訴えながら。(笑)

・・・・・

ものすごい集中力を発揮して
駐車場まで3時間かからずに下山。

・・・・・

久々に
しっかりと降る、林道歩きではない
雨の中の下山は修行のようでもあり
ケガも怖いし出来れば
避けたいところだったけれど
山のいろんな表情が見られるので
思ったほどにイヤではなかった。

でも本当はそれは
ずっと逢いに行きたいと思っていた山だから・・・
だったのかもしれないけど。





そして
ずっと食べたかったけど
今まで食べる機会のなかった
明治亭の信州産ヒレ肉のソースカツ丼も
たいへん美味しくいただきました^^

DSC06999_convert_20151026211755.jpg

( おわり )
関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 2

There are no comments yet.
sho
そう笑顔で「行けば分かるさ!!」


落日の伊那谷に影を落とす
影空木岳・・・

空の一文字を持つ空木岳は
こんなステキなご褒美を
用意して一日の終わりに
プレゼントしてくれたんだね。


しまちゃんの空木岳の山旅が
間違いなくこの時点でとっても
素晴らしいものに代わったんだと
なんだかボクまで嬉しい気持ちに^^


ほんとう言葉にならない時間を
どれだけ自分の記憶チップに
残してやれるんだろうね・・・


言葉にできない瞬間を
積み重ねられる山が好きで
良かったなってこんな時はまた
一段と強く思えちゃうよね。


ヒュッテの一番贅沢空間で
しかもほかほか善哉付き。


皆の会話が弾む・・・・


にしても
こうして見ても駒峰ヒュッテ!
そのポツンと佇む出立ちに
胸がキュンとしちゃうね。

もしかしたら空木岳よりも
逢いたかったのは
ココだったりしての気持ちを
ちょっと思い出したよ^^



逢いたい
逢いにいきたいって
気持ちって


・・・・・


イイね!

しまこ
逢いたいを熟成させて

師匠
あの日曜日の雨が
嘘だったんじゃないかと思うような
あったかくていいお天気ですね、今日は。
空木岳からもう半月以上
あれから山に行ってなくて
それまで毎週山に行っていた熱狂は
どこへ行ってしまったんだろう・・・
そんな水曜日の夕方です。


一枚の写真から始まる山旅は
きっといつまでも記憶チップに残る
色彩の夕暮れをプレゼントしてくれて
雨の中を無事に歩ききることができましたよ^^
師匠のおかげですね。
もちろんあの夕暮れが無かったとしても・・・
あの水場の緑の葉っぱが季節を経て
黄色くなって水槽に浮かんでる姿を自分の目で見て
水の流れる音を自分の耳で聴けたから
駒峰ヒュッテのベンチで過ごす時間も
自分があのベンチに座って
空木岳を眺めて
御嶽山を眺めて
檜尾岳を眺めながら
それこそ言葉にはできないような瞬間を
過ごすことが出来たから
次の日が雨でも
やっぱり素晴らしい山でしたよ。空木岳。

今回は一枚の写真から始まって
ずっと逢いたい想いを熟成させて
いつか訪れるその時をずっとずっと待ってた
そんな感じですね。
でもガマンしすぎだったかな。。。
もっと前から行きたい!行きたい!と強く主張してれば
すんなり逢えてたかもしれないのに(笑)


ま、いっか。。。

逢いたいって想いながら
地図広げてる時も
それなりに楽しいから。

ね^^

  • 2015/10/28 (Wed) 16:33
  • REPLY