燧ケ岳で鍋っこ遠足② 2015 10/4

しまこ

DSC01218_convert_20151018221943.jpg




いくつかのハシゴを越えて飛び出たところがミノブチ岳。
一瞬の雲の晴れ間に燧ヶ岳の山頂も見える。

DSC06555_convert_20151018223734.jpg




DSC06557_convert_20151018223812.jpg




DSC06559_convert_20151018223853.jpg




DSC06563_convert_20151018223926.jpg




DSC06566_convert_20151018223958.jpg



俎嵓直下の岩場を登りきるとたくさんの人がいた。


DSC06568_convert_20151018224040.jpg




DSC06572_convert_20151018224128.jpg




DSC06574_convert_20151018224212.jpg




DSC06576_convert_20151018224255.jpg


「あっちの方が広いし、本当の山頂だから」

というaさんの言葉で
目の前の柴安嵓を目指してラストスパート。

DSC06577_convert_20151018224741.jpg




DSC06578_convert_20151018224825.jpg




DSC06579_convert_20151018224903.jpg




DSC06583_convert_20151018224954.jpg



ああここかあ。

去年の春先に至仏山から眺めていた
春の終わりに尾瀬ヶ原から眺めていた
夏の真ん中に会津駒ケ岳から眺めていた
燧ヶ岳。

DSC06584_convert_20151018225031.jpg

山頂付近だけを流れていく雲で
残念ながら尾瀬ヶ原の伸びやかな景色を
はっきりと見ることはできなかったけれど
たまに現れる尾瀬沼を眺めながら
ケーさんが作る芋の子汁に舌鼓。

途中、アク取りをお手伝いしようとするも
(大雑把と思われている)B型を「A型の天敵」とまで言い切るaさんにお玉を奪われ
おとなしく出来上がるのを待つことに。

DSC01222_convert_20151018222004.jpg

陽射しもなく冷たい風が吹く山頂でいただいた
芋の子汁のなんて美味しいこと。
最後にはキリタンポまで入れてくれて
おかわりもして3人で綺麗にたいらげます。

そして食後の今回の山頂デザート、事前に二人に何がいいかと聞くと
ケーさんが焼きマシュマロ、aさんがソフトクリーム…

「ソフトクリームは無理です」

と、一旦は却下したものの、アイスクリームなら何とかなるかな、
ととりあえずアイスクリームを担いできました。
溶けてたらコーヒーに入れちゃえばいいし。

結果は案の定・・・
まあ、優しいふたりは笑って許してくれましたが。

DSC01223_convert_20151018222029.jpg

それより今回の教訓は
マシュマロは網で焼いてはいけない、ということ。
溶けて網にこびりつきました(泣)
焼くならテフロン加工のフライパン系で。


DSC06590_convert_20151018225112.jpg


ゆっくりと山頂を楽しんだら御池を目指して下山します。


DSC06592_convert_20151018225209.jpg


熊沢田代は上から見ると
ふたつの池の間を木道が伸びていて
とても素敵な風景でした。

DSC06594_convert_20151018225255.jpg




DSC06596_convert_20151018225352.jpg




DSC06602_convert_20151018225445.jpg




DSC06609_convert_20151018225746.jpg




DSC06616_convert_20151018225829.jpg




DSC06621_convert_20151018225910.jpg




DSC01226_convert_20151018222125.jpg



ふたつの池の間のベンチで小休止。

DSC01230_convert_20151018222206.jpg




DSC01231_convert_20151018222249.jpg




DSC06629_convert_20151018225957.jpg


草紅葉に目をやればその中に夏の形見のように
咲き終わって立ち枯れているキンコウカが目に入る。
ああ、ここも会津駒ケ岳で見たのと同じ
一面のキンコウカの斜面だったんだね。。。

DSC01236_convert_20151018222411.jpg


さよなら。燧ケ岳。

DSC01238_convert_20151018222452.jpg




DSC01239_convert_20151018222525.jpg


季節は途切れることなく流れていく。

DSC01242_convert_20151018222556.jpg




DSC01244_convert_20151018222627.jpg




DSC01246_convert_20151018222702.jpg




DSC01249_convert_20151018222808.jpg




DSC01251_convert_20151018222841.jpg




DSC01252_convert_20151018222914.jpg




DSC06632_convert_20151018230151.jpg




DSC06635_convert_20151018230233.jpg


つめたさも感じる秋の風に吹かれて
秋のいろに染まる湿原の景色を
それぞれカメラを通してこころに焼き付けながら歩くかえりみち。

・・・・・なんてことを思いながら歩いていたけど
この先に続くドロドロの急坂と滑る木道の恐怖など知る由もなく。。。

DSC01255_convert_20151018223000.jpg




DSC01259_convert_20151018223040.jpg




DSC01264_convert_20151018223115.jpg




DSC01265_convert_20151018223150.jpg




DSC01270_convert_20151018223358.jpg


今日の核心はこの下りだったのではないかと思うほど
気を遣いながら御池に無事下山。

DSC01271_convert_20151018223441.jpg




DSC01275_convert_20151018223519.jpg


本当にほっとして。
とても愛しく見えたマユミ。

DSC01276_convert_20151018223550.jpg



おつかれさまでした。
今回も楽しくて充実した時間をありがとう。

来年の鍋っこ遠足も楽しみにしてるから。





釈由美子カット、かと思いきや
本当は吉瀬美智子カットで知的な秋田美人のケーさんと
実は笑うととてもチャーミングなaさんの
ふたりの写真を載せてしまおうかとも思ったけれど
まあ、それはまたの機会に^^



山を歩く哲学者aさんのブログはこちら

T-BLOG




( おわり )





関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 3

There are no comments yet.
ケー

しまちゃんヘ♫

お山の楽しい時間を過ごした後は
それぞれが日常の生活に戻っていくわけですが、
そろそろいろんな疲れがたまってきた頃、
こうしてまたしまちゃんの素敵な文とお写真で
楽しかった出来事を思い出させてもらえて、
私はすごーく元気が出ました(^^)

出発の際の車のアクシデントや
お天気がイマイチだったので、燧ケ岳に登らなくてもいいか〜
みたいな雰囲気も一瞬流れたけど
こうして振り返ってみると、
やっぱりがんばって登ってよかったなと思います。


芋の子汁は、材料は持って行ったのは私ですが
アク取りや味付けはaさんがやってくれ、
デザートもしまちゃんが作ってくれて、
私は出来上がったのをいただく係🎵
幸せな山頂ランチ&デザートでした。
アイスもジェラート風でおいしかったよ♡

帰りの、あのドロドロ&ゴロゴロ&ツルツルな道では
すっころんだ方が約2名ほどいましたが
けがもなく、無事に下山できてほっ☆
本当に楽しい一日でした。
改めて、しまちゃん、aさん、ありがとうございました(o^―^o)


そうそう!
どこかで見たのですが、
今度aさん、山頂で手打ちの麺と手作りスープで
ラーメンを作る予定があるみたいだから、
ご相伴にあずかりましょうね。
ラーメンを作るお山がヒマラヤとか、エベレストとか、
そんなお山でないことを祈ります(笑)

  • 2015/10/20 (Tue) 09:09
  • REPLY
ケー
No title

大切なことを書くのを忘れました。

鍋っこ遠足2016、来年も再来年もやりましょうね(⌒⌒)



  • 2015/10/20 (Tue) 09:29
  • REPLY
しまこ
blogを書いていてよかったと思える瞬間♪

ケーさんへ♪

お返事の順番が前後しちゃってごめんね^ ^

思いがけず①に続いて②にもコメントもらえて
今日は朝からルン♪な一日の始まりでした。

そう、山から下りてきていつもの生活の中で
疲れてきた頃にこのblogを見てもらえて
楽しかった時間を思い出して
少しでも元気が出てくれたら。。。
・・・blogを書いていてこんな嬉しいことはないです!
こちらこそ改めてありがとうございますです^ ^

しかも今日はケーさんもご存知の
41人の嵐、の、その41人の中の方からも
偶然見つけたこのblogにコメントまでいただけて。。。
さらに更に、blogを書いていてこんな嬉しいことはないと…

そんな一日でした。

私の写真&blog師匠がいつも言う
「blogを書くことは自分の中でもう一度旅をするようなもの。書きながら旅をして、読み返してまた旅をする…」
ケーさんやその方のコメントを読みながら
そんなことを沁み沁みと実感して
今日はちょっと感動しているの。
だからケーさんへのお返事を後にさせてもらって
こうして私の思いも伝えさせてもらっています^ ^


ごめんね、ずいぶん話が逸れてます(笑)

そうそう、長蔵小屋に着いた頃には
こんなお天気だし燧ヶ岳登らなくてもいいよな。。。って本気で思ってたのに
今思うと、頑張って登って本当に良かった!ってすごく思ってるし
御池への下山も今でこそ笑えるけど
ほんとに必死だったから(笑)
約2名の方はケガもなくて本当によかったですよ〜(^_-)


うんうん
私もどこかで見ましたよ。
今度はaさん、スーツで手打ちラーメン、
山でご馳走してくれるみたいなので
楽しみにしてましょうね〜♪
ヒマラヤでもエベレストでも
aさんなら連れてってくれそうですけどね〜笑



PS
はいもちろん!
来年も再来年も!
鍋っこ遠足はシリーズ化決定していますから(^_-)