双子池ー大岳ー北横岳 ① 2015 8/13・14

しまこ


DSC04769_convert_20150825082336.jpg






「夏休みに東京行くんだけど、13・14は予定空くけど山行けるかな?」



先月の海の日の頃、
春に引っ越してしまったサチからの連絡!

サチが帰ってくる♪
しかも忙しい予定の中わざわざ二日も空けてくれて♪
これは何としてでも行けるように段取りしなくちゃ。


登山部に声をかけるもお盆休みで帰省したりまだ仕事だったりと
その日から夏休みになるヨーコタンしかつかまらない。。。


ああ、そうだ!

山のスキルは抜群で料理も上手な(プラス車も持っている…)
aさんに声をかけてみよう!


「美女3人と山行きませんか?」

「行きます行きます!海でも山でもどこへでも!」



テン場は双子池に決定。

そんなに北八ヶ岳のコースは詳しくないので
コース設定はaさんにお任せすると
仕事で超多忙な中、なんと4種類もコースを提案してくださり
協議の結果、サチは久しぶりの山なので一番楽そうな
「ゆるふわコース 大岳ー北横岳」に決定。




8月13日(木)

当日の朝集合して大河原峠を目指しますが
さすがお盆休み、高速はそれなりの混雑ぶり。


DSC04714_convert_20150825075517.jpg


でも大河原峠まで来てしまうと、え?!と思うほど
駐車場はガラガラ。
天気予報もイマイチなのでこんなものかね~と出発の準備をします。


DSC04716_convert_20150825075624.jpg




DSC04717_convert_20150825075658.jpg




DSC04720_convert_20150825191847.jpg





DSC04719_convert_20150825075736.jpg



緩やかに
もう秋の花のリンドウなどが顔を出している笹原を上がれば
あっと言う間に双子山の山頂へ。
ガスで展望もないので写真だけ撮って先へ進みます。

DSC04721_convert_20150825075844.jpg




DSC04726_convert_20150825075912.jpg




DSC04729_convert_20150825080026.jpg




DSC04730_convert_20150825191906.jpg




DSC04731_convert_20150825080145.jpg




DSC04736_convert_20150825080710.jpg




DSC04738_convert_20150825080740.jpg


そして樹林帯を下りていけば

DSC04739_convert_20150825080807.jpg




DSC04740_convert_20150825080832.jpg




DSC04743_convert_20150825191927.jpg




DSC04741_convert_20150825080857.jpg




DSC04745_convert_20150825080955.jpg




DSC04746_convert_20150825081023.jpg




DSC04747_convert_20150825081054.jpg




DSC04748_convert_20150825081115.jpg


あっけなく双子池へ。

DSC04750_convert_20150825081416.jpg


人の気配もありません。

受付をして雌池のテン場へ向かいます。

 
DSC04753_convert_20150825081444.jpg




DSC04755_convert_20150825081512.jpg


なんて静かでこじんまりとしていい場所♪
お盆休みだというのにこれは穴場だったね~と我が家を建てます。


DSC04757_convert_20150825081542.jpg



DSC04760_convert_20150825081656.jpg




DSC04761_convert_20150825081722.jpg




DSC04762_convert_20150825081751.jpg


テン場のある雌池では洗面、洗い物などOKですが
飲み水は雄池まで汲みに行かなければいけません。

DSC04764_convert_20150825172426.jpg





DSC04770_convert_20150825082401.jpg




DSC04771_convert_20150825082427.jpg



雄池は水が湧いているそうで
どこで水を汲んでもOKというかなりワイルドな経験でした。

DSC04775_convert_20150825082448.jpg




DSC04777_convert_20150825082521.jpg




DSC04778_convert_20150825082605.jpg




DSC04783_convert_20150825192015.jpg




DSC04784_convert_20150825082739.jpg




DSC04787_convert_20150825082846.jpg


テン場へ戻るとaさんが
ツェルトをタープ代わりにストックで固定して設営してくれていました。

天気予報が怪しかったので
濡れずにみんなでごはんを食べられるように
昨日は忙しい中、設営用の細引きも買いに行ってくれたりしていたそうです。
そんな影の努力をひけらかしたりはしない所が
山スキルのあるデキる男は違います。

DSC04791_convert_20150825083131.jpg




DSC04792_convert_20150825083153.jpg




DSC04763_convert_20150825191953.jpg



宴会場所も確保されたので早速宴会に突入。

今回はサチがメインゲストのゆるふわ山行なので
例え明日山に登れなくても別にイイよね、
というゆるゆるなスタンス。

久しぶりのサチの手料理、アヒージョからのパスタ、
サチのお土産辛子レンコン、
aさん持参の手作りはちみつ梅酒に焼肉にビールに日本酒。。。


酔っ払わないワケがありません。

DSC04788_convert_20150825184505.jpg




DSC04794_convert_20150825083234.jpg



DSC04802_convert_20150825083325.jpg




DSC04804_convert_20150825083349.jpg


静かな池のほとりでみんなほんのり酔っ払って
口も滑らかに
フォロワさんで野口五郎岳で私鉄沿線を熱唱した人の話しから始まって
山の話しやその他の話し、
あんな話しやこんな話しまで。。。

暗くなる頃にはみんな出来上がってしまいました(笑)

DSC04805_convert_20150825083410.jpg





8月14日(金)

昨日は酔っ払いながらも4時にアラームをかけて寝たようで
一応起きてみるけどまだ誰も起きる気配もなし。
隣で寝ているサチも、まだイイんじゃない…もう少し…とまたシュラフをかぶり直しているので
私ももうちょい。。。

ウトウトしていると外が何となく明るくなってきたので
カメラを持って外へ出ます。

DSC04807_convert_20150825172503.jpg




DSC04808_convert_20150825172525.jpg


空が明けて行く。

DSC04809_convert_20150825172731.jpg


池のほとりから見上げる空は
山の上で見る日の出とはまったく違い
切り取られた空に浮かぶ雲と空の色の移り代わりに
朝が来たことを知ります。


DSC04814_convert_20150825172954.jpg




DSC04818_convert_20150825173341.jpg


まだ誰も起きてこない。

この時間を独り占めなんて本当に贅沢。
こんな時間をひとりで空を眺めながら
静かな池の畔で過ごしていると
いろいろと想う事もありそうなものですが
実際はほとんど何も考えずに、というか考えることも浮かばずに
ただただ雲の流れや空の色を眺めているだけ。


DSC04824_convert_20150825173400.jpg



すっかり明るくなってテントへ戻り朝ごはん。
そのうちみんなも起きてきてゆるりと準備をしたら大岳へ向かいます。




( つづく )




関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 2

There are no comments yet.
sho
なつの朝


緑の樹々に緑の湖
緑の風が吹いていそうな
オープニングカットに
癒されて・・・

ふと溜息もらす午後^^

ふーっ
なんでこんな爽やかな天気の日に
ボクはオフィスにいるんだろうー? 笑


愛しのサチから連絡があって
うきうき楽しそうにと出かける様子が
目に浮かぶね・・・


美女3人の言葉に惹かれない<男性はいないでしょ^^


8.13 と言えばボクもちょうど同じ
コースを走ってた頃だね・・・
実家へ向けて朝5時には中央道に乗ってたもん^^

目を凝らし、楽しそうな美女軍団の車を
探せば良かったな♪


先週の土日は秋の双子池にでも逢いに
行こうかなって思ってたところ
いっつも気になってる場所なのに
つい見送られてしまう場所・・・


やっぱり水の傍でテントを張るって
良いよね・・・
曇り空がまた却って神秘さを増す。


にしてもしまちゃんの周りにはデキル男
女がワンサカだね。

飲んで食べて歌ってまた飲んで・・・
まさに絵に描いたような夏のキャンプの風景だね


あぁー
いまとなっては一番遠い季節が夏。

なんだかついこの前なのになんだか
とっても懐かしい。


空が開けて行く・・・


春夏秋冬のなかで夏の朝が
やっぱり一番好きかもしれないって
この蒼白く空を照らす池を見てそう思ったよ。


あぁ
懐かしいなぁノースリーブの季節が♪

しまこ
あきの夕暮


溜息ひとつ、幸せも逃げていくよ。

誰かに昔そんなことを言われたような^^

でも
爽やかな青空見上げながらでは
きっと行けなかった場所への想いに
仕事の手も止まって溜息のひとつも
つきたくなりますよね。。。

その点
窓のない職場で仕事してる私は
空の青さも知らず仕事がはかどる捗る・・・・・半分ウソ
行けなかった場所への想いは
窓があろうが無かろうが・・・笑

溜息ついたっていいじゃないですか。
全部吐き出しちゃえば
新しい空気が吸えるんだから♪


にしても。
楽しかったなぁ、双子池。
師匠にコメントいただいて
あらためて私も読み返してみたりして。

あの日はそうか、もしかして
師匠のBBと並走してたかもだったのか〜
久しぶりのサチの話を聞いてたから
気づかなかったのかなー、それは残念^^

サチから連絡もらって私がしたことは
メンバーを集めただけ(笑)
私以外はデキル男子&女子ばかりだから
みなさん私の100倍くらい気を遣ってくれて
セッティングしてくれたり美味しいごはんを作ってくれたり
ほーんと
私はただただ酔っ払ってただけでしたよ〜


でも
あの明けていく空とそれを映し出す池を
眺めていたのは本当にワタシヒトリだけ。
もったいないような、でも山にそおっと懐かれているような
ちょっとした優越感・・・


なんとなくまとわりつくような緩い空気に
これから迎える一日になんの不安もなく
満ちていく気分だけ味わえるような
そんな、なつの朝。

そんななつの朝の対極は
ふゆの夜・・・ではなくて多分・・・
あきの夕暮。

今まで感じなかった冷たい空気を運んで
指さきの冷たさのさみしさと
気付けばいつの間にか夜の帳を下ろしてしまう
いわれのないぼんやりとした不安みたいな
一瞬も止まってはくれないような
あきの夕暮。

確かに今となっては夏は一番遠い季節に。



普段は着ないノースリーブを着るのは
かなりの勇気のいること。
あぁ
懐かしいなぁそんな季節が♪