会津駒ケ岳 2015 8/9

しまこ

DSC00719_convert_20150823102259.jpg




山と高原地図の尾瀬を開いて眺めていると
右上に少し離れて位置している会津駒ケ岳が目に入る。


どんな山なのかなぁ
そんなことを思っていた所へ

「S子先輩、会津駒ケ岳行きませんか?」

という、山を歩く哲学者aさんから連絡が。
ちょうどテン泊で行くはずだった山が中止になり
ぽっかり空いた日曜日の予定、ぜひぜひ、とお願いして
先月秋田に一緒に行くはずで来られなかったケーさんにも声をかけて
連れて行っていただくことになった。



前夜、待ち合わせをして夜中の東北道を走り
檜枝岐の登山口近くで朝まで仮眠。
かなり上の方の駐車スペースに車を止めて出発します。


DSC04636_convert_20150823112535.jpg




DSC00567_convert_20150823093622.jpg


登山口の出だしからの急登はかなりなもの。
約一時間くらいはこの、急な登りをガマンしてガマンしてゆっくりと歩いて行くと
朝の日差しもやっと森の中まで届いてきて
遥かに日光方面の山々が見えてきたり
気持ちよい森の空気を身体中で浴びながら歩きます。


DSC00568_convert_20150823093652.jpg




DSC00573_convert_20150823093810.jpg




DSC00576_convert_20150823093839.jpg




DSC00581_convert_20150823093902.jpg




DSC00583_convert_20150823093936.jpg




DSC00588_convert_20150823094104.jpg




DSC00598_convert_20150823094131.jpg




DSC00601_convert_20150823094209.jpg




そして絵本に出てくるようななだらかな稜線と
駒の小屋が見えてくる頃にアクシデントが。


DSC04642_convert_20150823112613.jpg

急登でのムリがたたったのか、ケーさん、足が攣って動けない状態に。
ちょうど近くにベンチがあったのでそこで休むのですが
痛みがひどくてかなり重傷。。。
どうしよう…aさんも私も痛みが引くのを祈るばかり…


すると通りがかる方たちが代わる代わる
あら、足攣ったの?!
と、足の攣りに効く漢方薬や、塩飴、梅干し、アミノバイタルのタブレット、
果てはゆで卵にかけるのに持参した塩を
お水に溶かして飲ませない、と下さったり
こうしてここを伸ばすといいのよ、とマッサージしてくださる方まで。

皆さん、一様に年代的には私達より上の熟年世代の方々でしたが
単独らしい男性までこれどうぞ、とアクエリアスの粉末を下さろうとしたり…
ただの行きずりの登山者に皆さん本当に親切に、
でも、そんなの当たり前のことよ、と言わんばかりのさり気なさで
私は当事者ではなかったけれどその心遣いに涙がでそうでした。



お薬などもいただいて痛みも少し落ち着いてきたので
aさんには治ったら追いかけるから先に行っててもらうことにして
もう少し様子を見ることに。

靴を脱いでマッサージなどしているうちに
薬も効いてきたのか、やっとケーさんの顔にも余裕が。


大丈夫かも。。

無理しないで行こうね。

ゆっくりと休んで
とりあえず小屋まで行ければいいねと話しながら歩き出しますが
やはり薬のおかげかすっかり大丈夫のよう。
ヨカッタヨカッタ本当に。

DSC00618_convert_20150823094318.jpg




DSC00619_convert_20150823094348.jpg




DSC00623_convert_20150823094416.jpg




DSC00627_convert_20150823094445.jpg




DSC00628_convert_20150823094516.jpg



こんな風景が広がってるんだ。
遥かに燧ケ岳も見えて
気持ちよい高層湿原が広がる中に
キンコウカの優しい黄色が揺れている。


DSC00634_convert_20150823094620.jpg




DSC00635_convert_20150823094650.jpg




DSC00638_convert_20150823094719.jpg




DSC00639_convert_20150823094744.jpg




DSC00640_convert_20150823094813.jpg



駒の小屋でトイレをお借りしたり小屋の中を見せていただいていると
山頂まで行ってきたaさんがちょうど帰ってきて合流。

DSC00642_convert_20150823094919.jpg




DSC00644_convert_20150823094948.jpg



えっと・・今日は9日なんですけど^^

DSC00645_convert_20150823112008.jpg




DSC00646_convert_20150823095049.jpg




DSC00647_convert_20150823095119.jpg


ケーさんの足の調子も大丈夫そう、
カメラだけ持ってとりあえず山頂を目指してみようということに。

DSC04655_convert_20150823112741.jpg




DSC04658_convert_20150823112818.jpg




DSC04664_convert_20150823112858.jpg


木道の脇にはハクサンコザクラの群落が。
本当に可愛い花だよね。

DSC00651_convert_20150823095153.jpg




DSC00654_convert_20150823095224.jpg




DSC00656_convert_20150823095302.jpg




笑顔も戻ったケーさん♪
足もダメージも残らず本当によかった。

DSC00658_convert_20150823095343.jpg



DSC00659_convert_20150823095417.jpg




DSC04668_convert_20150823112936.jpg



そして山頂。

周りの山の山名盤もあるけれど
木々が大きく育って景色はほとんど見えないので
3人で記念写真を撮ったら中門岳方面へ下りましょう。

DSC00665_convert_20150823123605.jpg




DSC00674_convert_20150823095747.jpg




DSC00675_convert_20150823095810.jpg




DSC00677_convert_20150823095835.jpg




DSC04677_convert_20150823113108.jpg




DSC00680_convert_20150823100006.jpg


斜面を下りていけば、これまたなんと素敵な場所。
さわやかな風に揺れるワタスゲやニッコウキスゲ、
名前もわからないけど遠くに見える山々と清々しい景色。

DSC00682_convert_20150823100108.jpg




DSC00687_convert_20150823100200.jpg




DSC04678_convert_20150823113147.jpg




DSC04680_convert_20150823113226.jpg


会津駒ケ岳に来たらこの先の中門岳まで行くのが核心だけど
まあ、無理はしないで小屋へ戻ってお昼ご飯を食べようか。

・・・てことは
またいつかこの山に来れる♪・・・ってこと。

山はそうやっていつも呼んでくれる。
だからその時までこの先は楽しみにとっておこう^^

DSC04685_convert_20150823113413.jpg




DSC00688_convert_20150823100242.jpg



通りすがりの方が雪渓の雪ですよ
と雪の塊をくれたりしたのでそれで遊んだりしながら
この風景も心におさめて、さあ小屋へ戻ろう。

DSC00693_convert_20150823100932.jpg




DSC00696_convert_20150823101052.jpg




DSC00697_convert_20150823101131.jpg




DSC00698_convert_20150823101522.jpg




DSC00699_convert_20150823101549.jpg




DSC00701_convert_20150823101621.jpg




DSC04691_convert_20150823113937.jpg




DSC00705_convert_20150823101728.jpg




DSC00706_convert_20150823101757.jpg



風が吹きわたる草原。

さらさら・・・  さわさわ・・・  さやさや・・・
風の音が目に見えそうな、揺れる草の姿にそんな気さえしてしまう。

DSC00707_convert_20150823101841.jpg




DSC00713_convert_20150823102216.jpg




DSC00723_convert_20150823102329.jpg




DSC00724_convert_20150823102406.jpg

小屋の前のベンチでお昼を。
ケーさんは素晴らしいオードブルに美味しいクルミのパンや
乾杯用のノンアルまで担いでくれて来ていて
aさんはその場でたたいた絶品のたたきキュウリにソーセージを焼いてくれたりして
贅沢で美味しいひとときに
足が攣った事件も今となっては笑い話に^^
 

カンパーイ!!!

IMG_0891+(2)_convert_20150823164632.jpg




DSC00726_convert_20150823102434.jpg




DSC00733_convert_20150823102513.jpg

この時、相席させていただいていた方、Aさんは
去年百名山も達成されていて、楽しくお話をさせていただきました。
私たちがSNSつながりで山を歩いているというと驚かれていましたが
下山後、AさんともSNSお友達に^^

食べてしゃべって笑って、そろそろ下山。

DSC00742_convert_20150823102700.jpg




DSC00743_convert_20150823102733.jpg




DSC00744_convert_20150823102831.jpg




DSC00750_convert_20150823112150.jpg




DSC00751_convert_20150823112229.jpg



DSC00753_convert_20150823112313.jpg



帰りの車の中で聞いた福山雅治の「あの夏も 海も 空も」

♪青い青い8月の 
  空に放ったあのメロディ・・

私の中ではすっかりこの歌が会津駒ケ岳のテーマソングとなった。



DSC00754_convert_20150823112348.jpg




一人で山を歩いていても
仲間と山を歩いていても
アクシデントは必ず起こる。
その時にどんな対処をするのか、できるのか、
それは例え自分たちのことではなくそんな場面に出くわした時にも。

ケーさんもaさんも私も
3人それぞれの思いを抱えた会津駒ケ岳だった。


中門岳はいつか行きましょうね^^





山を歩く哲学者aさん(詩人と云えと言われましたが丁重に却下w)の
(半分はフィクションな)ブログはこちら。
  ↓
T-BLOG



( おわり )





関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 4

There are no comments yet.
tahara_t2
イイネ!

こんばんは。

体力に余裕が有るとホントに良い画を撮るね。(*^^)v

一枚目から見ている人を引き付ける。 (何を見ているのかな?)



                 今日はここまで、続きはまたね。(^_-)                      

  • 2015/08/23 (Sun) 22:39
  • REPLY
しまこ
イイでしょ(^_-)

タハラさん♪こんにちは。

早速読んでくださってありがとうございます。

一枚目の写真ですか、
あれは同行のふたりがしゃがんで
池に映り込む駒の小屋を撮ってるところですね^ ^
なんとなくかわいいでしょ♪
皆さんカメラも趣味で素敵な写真を撮る方ですから。

日帰りは楽ですー!(笑)
荷物が重くなってもたかが知れてるというか
大きなカメラをぶら下げていても
あちこちレンズを向ける余裕がありますね〜
しかも会津駒ケ岳みたいな素敵な山♫
(でも最初の急登は日本三大急登以上くらいキツかったですよ)

全部は歩いてないけど(笑)(^_-)


また遊びに来て下さいね〜♪

a
さすが!

同じ日の同じ出来事なのに、書く人が違うとこんなにも雰囲気が変わるのですね。さすが、おしとやかでたおやかな大人のしまこさん。
お花の名前事件については丁寧に記述を避け、キンコウカって単語をさりげなく入れておくあたりもさすがです。

中門岳へは、またいつか。
やっぱお花が咲き乱れてる季節がいいですかね。
それまでにいっぱい覚えておかないと!

  • 2015/08/24 (Mon) 15:21
  • REPLY
しまこ
どもども^ ^

不思議なもので
高校生の時の山の記憶も
同じ山に行ってるのに覚えてることはそれぞれ違って
え、そんなことあったっけ?
とそれぞれの記憶のピースをつなぎ合わせて
半分笑い話の様にサチとすることがあります。
それと同じ様に面白いですよね、Blogも。
同じ山に行ってるのに視点が違う、というだけでこんなに違う印象に。
というかaさんは脚本家にでもなったら売れっ子になりそうですよねー(笑)
いつもaさんのBlogはツボにはまってしまうので
絶っ対に電車の中とかでは読まない様にしています^ ^


お花の名前事件…(笑)
黄色いのはキンコウカ
白いのはイワイチョウですよ、もう覚えましたね!

でも、山と高原地図を広げてみてください。
会津駒ケ岳のお花マークのところには
ミツガシワ、って書いてありますから
多分どこかには咲いていたハズ。
ま、言い訳はしないので
言われることは全部受け止めますので(泣w)

中門岳、
そうですね〜行くならやっぱり紅葉か
お花のある時期の方がいいですかね〜
来年のお花の時期だったら、これは何?と聞かれれば
即答できるくらいにはなっているかな〜♪
でも
その前に
aさんも覚える努力はしましょうね(厳命 笑)