水晶岳 ⑦ 2015 7/31~8/2

しまこ



DSC00499_convert_20150820151359.jpg



双六小屋~新穂高





昨日あれだけ歩いて
身体はクタクタに疲れきっているはずなのに
シュラフに入ってもやっぱり夜中に目が覚めてしまい
それからはぼんやりとウトウトしているうちに
朝になっていた。


シゲシゲとタイチローサンは
双六岳まで日の出を見に行くと言って
本当は、みんなで日の出を見ようぜ、と言われていたんだけど
昨日からの行程、
そして今日は新穂高まで下りることを考えて
ヨーコタンと私はテントでまったりしてることを選んだ。

それでも2人が出かけてから
小屋の前で日の出は見ようとカメラを持って外へ出た。




これから槍まで行く人たちかな。
充実した「気」を感じる朝。

DSC00441_convert_20150820150104.jpg




山の端がオレンジ色に染まって迎える朝。

DSC04585_convert_20150820153555.jpg




DSC04586_convert_20150820153627.jpg




DSC04592_convert_20150820153652.jpg




まだブルームーンといってもわからないくらい丸くて大きな月が
朝日を浴びるのと同時に
さようならしようとしている朝。

DSC04593_convert_20150820153743.jpg




DSC04595_convert_20150820153812.jpg




DSC04596_convert_20150820153846.jpg




今日も素晴らしい朝がやってきた。

DSC04608_convert_20150820153928.jpg




DSC04611_convert_20150820153956.jpg




DSC04613_convert_20150820154023.jpg




DSC04615_convert_20150820154055.jpg




DSC04618_convert_20150820154128.jpg




DSC00446_convert_20150820150139.jpg




本当にのんびりと
明るくなってからヨーコタンと朝ごはんを食べ
少しずつテントの中を片付けたりしていると
シゲシゲとタイチローサンが帰ってきた。


タイチローサンは前回来た時何も見えなかったそうで
今日は槍ヶ岳をバックにこれ以上ない日の出を見れたらしくて
とても喜んでいた。よかった。



テントを撤収して出発。
また来るから。

DSC00447_convert_20150820150211.jpg




DSC00454_convert_20150820150238.jpg




DSC00457_convert_20150820150309.jpg



しばらく登り
振り返って鷲羽岳と双六小屋に別れを告げる。

DSC00459_convert_20150820150336.jpg




今日も遥か、白山まできれいに見えて
朝の清々しい稜線を歩けることがとても嬉しい。

DSC00463_convert_20150820150403.jpg



DSC00464_convert_20150820150456.jpg




DSC00465_convert_20150820150518.jpg




DSC00466_convert_20150820150542.jpg




DSC00468_convert_20150820150609.jpg




DSC04621_convert_20150820154154.jpg



花見平の雪渓でちょっと遊んで
しばらく歩けば、あれ、もう弓折乗越。。。

DSC04625_convert_20150820154223.jpg




DSC00470_convert_20150820150635.jpg




DSC00472_convert_20150820150703.jpg




DSC00478_convert_20150820150730.jpg



DSC00479_convert_20150820150755.jpg




そこからも下りは早い早い(笑)
一昨日、あんなに苦しい思いで登った道も
朝ゆっくりさせてもらったおかげか身体が軽く感じるほど。

DSC00485_convert_20150820150836.jpg




DSC00488_convert_20150820150900.jpg



鏡平着いたらカキ氷食べよ~!
とワイワイとしゃべっているうちに着いてしまった。

DSC00492_convert_20150820151229.jpg




DSC00497_convert_20150820151257.jpg




DSC00498_convert_20150820151332.jpg




いただきまーす!

DSC00501_convert_20150820151422.jpg




DSC00503_convert_20150820151448.jpg



おかわり!!

DSC00504_convert_20150820151520.jpg



来る時には見えなかった鏡池に映る槍を
思う存分、眺めたり、カメラに収めたりして
夢のような山を歩かせてもらったエリアに別れを告げる。


DSC00508_convert_20150820151545.jpg




DSC00512_convert_20150820151637.jpg




DSC00514_convert_20150820151715.jpg




DSC00517_convert_20150820151739.jpg




DSC00521_convert_20150820151805.jpg




DSC00526_convert_20150820151838.jpg




今日は我ながら本当に
いつになく快調に歩いている。
それにも増して先頭のタイチローサン早いので
追いつけないんだけど。
でも急いでケガでもしたら大変なので
あくまでも自分のペースで歩かせてもらう。


DSC00527_convert_20150820151914.jpg




DSC00528_convert_20150820151943.jpg




DSC00529_convert_20150820152013.jpg



もうすぐ秩父沢という頃
下から上がってくる登山者がいた。

ん?んん??!! あの赤いシャツ・・・


「Mさんですか?!」

FBで友達にはなっていた地元在住の
趣味のカメラはプロ並みの素晴らしい写真を載せているMさんだった。

タイチローサンと親しくてタイチローサンが、
今日あたり鏡池くるんじゃ。。。と呟いていたのを聞いていたけど
まさか本当に会えるとは。
シゲシゲも私も友達にはなっていたけどお会いするのは初めてだった。



はじめまして!

DSC00531_convert_20150820152047.jpg


ほんのちょっとのご挨拶だけだけど
ちょっとはにかんだような笑顔が素敵で
重いカメラや機材を颯爽と担いで鏡平へと向かって行った。



秩父沢の出合でやっとタイチローサンとヨーコタンに追いつき。。。

DSC00532_convert_20150820152119.jpg




DSC00540_convert_20150820152233.jpg




DSC00542_convert_20150820152308.jpg



このまま帰ってしまうのが名残惜しくて
もうこの先はこの山の姿も見えなくなるので
いつまでもカメラを向けている私。

DSC00553_convert_20150820152346.jpg



ああ、待って、待って。

DSC00554_convert_20150820152432.jpg



楽しみにしていたわさび平小屋の水槽のリンゴやキュウリは
なんともう品切れで代わりにオレンジが浮いていたりと
さすがに運転してもらう身では
サッポロの瓶ビールに手は出なかったけれど(笑)

DSC00557_convert_20150820152505.jpg




DSC00558_convert_20150820152532.jpg




DSC00562_convert_20150820152604.jpg




DSC00563_convert_20150820152644.jpg



この三日間の山旅。
今思い返して写真を見ても
自分の足で歩いたのに
自分が歩いたのではないような
そんな不思議な気持ちでいる。

きっと
またたくさんの山を歩いた頃に
やっと実感できるのではないかと
今はそんな気がしている。


水晶岳。
あまりに遠くて遥かで
具体的にイメージも出来ないまま歩いた山。

そこにはただ登るのではなくて、
その山頂に立つまで、
その山頂から下りて帰るまで全部が
山旅。
そんな言葉が一番合うような気がする。


私を最後まで歩かせてくれた
その風景とメンバーに感謝して





( おわり )









関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 2

There are no comments yet.
紅葉
最高の夏山ですね!

しまこさん!
こんばんは。

完結編、待ってましたー♡
お天気も眺望も最高の最高の夏山、お疲れ様でした!

今回の山頂デザートもさすがですね!
水晶に見立てたゼリーなんて素敵です♪

こちら側から見る景色は、私にはレベルが高過ぎて無理だけど、
こんな景色見たらしまこさんのようにテンション上がっちゃうと思います!
手ぬぐい買ってしまうかも。

しまこさんの、山への愛と素直な想いが伝わってきました。
また、楽しく読ませていただきます♡

しまこ
これ以上ない夏山でした!!

紅葉さん♪こんにちは!

わ、待ってましたー!なんて言われると
ちょっと恥ずかしいけどすご〜く嬉しいです。

今年の夏は本当に最高でしたね!
多分この時期に山を歩いた方々はみんな同じ思いをされたと思いますよ。
それに加えて
私にとっても今回歩いたエリアはSpecialで双六小屋から先は未踏のルート。
どんな景色が待っているのか事前に写真などを見ても
やはりイマイチぴんとこないというか。。。
自分の足で自分の目で自分の心で感じながらここを歩けた事は
今までの山人生(そんな大したもんじゃないですね笑)の中でも
かなり思い出深く刻まれる山となりました。

山頂デザートは最後まで悩みましたが…
あの日の空と同じような澄んだラムネ色のゼリーは
本当に美味しかったです♪
夏場はゼリーとかになりがちなんですが
ここだけの話、数がまとまると結構重さがあるので
ヘタレな私は日帰りとかならいいけどちょっと考えものでしたね(笑)

あのエリアは同じ富山県内に住んでる方でも
最低二日かかるようなかなり深い山域ですよね。
でも紅葉さんもそのうちいつか行く機会が来るかもしれませんよ。
その時は素敵な手ぬぐいをぜひ♪



Blogの位置付けの一番が
自分の山の記録としてなので
あまり気の利いた事も書けないし
最低限の出来事くらいしか書けないんですが
山への想いが少しでも伝わっているなら
こんなに嬉しいことはありません。
いつも優しく声をかけて下さったり
あたたかいコメントをいただいて本当に励みになります。
これからもよろしくお願いします(^^)