矢倉岳 2023 1/29

しまこ




金太郎のふるさと








久しぶりに降り立つ新松田駅。


寄の蝋梅が見ごろになっているらしく
そちら方面へ行くバスは
ほぼ満員で発車していくのを横目に
のんびりと地蔵堂方面行きのバスを待つ。


P1295754.jpg




P1295755.jpg




P1295756.jpg




P1295757.jpg


咲いてる、ロウバイ。


P1295759.jpg




P1295760.jpg


お茶畑の広がるふもとから
大山や表尾根が遥かに見えている。


P1295761.jpg




P1295764.jpg




P1295766.jpg


まだ雪が残る明るい尾根を。


P1295767.jpg




P1295768.jpg


空が開けると
そこが山頂だった。

広くて気持ち良いね~。


P1295769.jpg




P1295772.jpg


ただ、そこに大きく見えるはずの富士山は
今、まさに雲の向こうに行こうとしていた(泣)


P1295770.jpg




P1295771.jpg




P1295774.jpg


でも、振り返れば相模湾
ミツマタもしっかりと春の準備をしている。


向かいに見える大きな明神ヶ岳から金時山は
以前歩いているのでこうして見ると
客観的な位置関係がわかってきて嬉しくなる。


P1295776.jpg




P1295777.jpg




P1295779.jpg




P1295780.jpg


まだ9時過ぎと
思っていたよりあっさり到着してしまったけれど
しっかり食べて下りの道へ。


P1295786.jpg




P1295787.jpg




P1295792.jpg




P1295793.jpg




P1295794.jpg




P1295795.jpg


下山口にある万葉うどんは人気のお店だそう
次回はぜひ実食を。



大雄山駅行きのバスは2時間ほど来ない…
ので『夕日の滝』まで散策に。


P1295800.jpg




P1295797.jpg


まさかの金太郎の生家跡まであったりして
夕日の滝も金太郎が産湯に浸かったという
言い伝えも残っているという。


…で、その滝は、、、


P1295805.jpg




P1295812.jpg


全面結氷とはいかないけれど
なかなか立派で見応えのある滝だった。


P1295815.jpg




P1295818.jpg




P1295823.jpg




P1295824.jpg


戻ってきてバス停前の茶店で
ストーブにあたらせてもらいながら
ぬくぬくとバスを待つ。


P1295825.jpg




P1295828.jpg



帰りは大雄山駅から小田原へ出ると
観光客に溢れていて自分もちょっと旅した気分に。


高尾や丹沢ともちょっと違うエリアは
まだまだ知らない山も多くて
これからも楽しめそう。




( おわり )

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 0

There are no comments yet.