水晶岳 ② 20157/31~8/2

しまこ




IMG_0793.jpg


鏡平から双六小屋へ





鏡平から弓折乗越までの登りがキツイことはわかっている。

ザックを背負うのも今回は持ち上げてそのまま背負えない重さなので
一度ヒザに受けてから腕を通して背負わないと。
うーん食い込むな、肩に。。。


槍や西鎌尾根は今日は雲の中。
姿を見せてくれそうにはない。
あの大展望はないけど反面、鏡平へ来るまでのギラギラの太陽も少し遠慮してくれて
歩く分には少し楽。

DSC00105_convert_20150804071338.jpg




DSC00109_convert_20150804071433.jpg




DSC00111_convert_20150804071510.jpg




DSC00113_convert_20150804071619.jpg



ここから上は
沿道の小さな花たちが応援してくれた。

DSC00114_convert_20150804071650.jpg




DSC00116_convert_20150804071720.jpg




DSC00120_convert_20150804071747.jpg


去年秋に来た時には
もう紅葉も終わりかけで寂しい道だったけど・・・


足元にも、ふと上を見上げてもあるお花畑。

DSC00122_convert_20150804071833.jpg




DSC00123_convert_20150804071902.jpg



ガスの中、ほわんと浮かぶ鮮やかな花たちに
なんとかかんとか元気をもらって
やっと来た。弓折乗越。


ガスで何も見えないけど
ハクサンイチゲやミヤマキンポウゲ、シナノキンバイ、白と黄色が溢れている。

DSC00125_convert_20150804071933.jpg



DSC00127_convert_20150804072018.jpg



息を整えて小休止。
展望もないので、どうせ休むなら花見平まで行ってゆっくり休憩しようと話はまとまり
先へ進みます。


DSC04332_convert_20150804202445.jpg



DSC00133_convert_20150804072326.jpg




DSC04334_convert_20150804202522.jpg



そして雪渓の上に広がる花見平。
鷲羽岳も雲の間に見え隠れして。

DSC00141_convert_20150804075749.jpg




DSC00144_convert_20150804075838.jpg




DSC00146_convert_20150804075916.jpg




DSC00152_convert_20150804080122.jpg




DSC00153_convert_20150804080156.jpg




DSC04337_convert_20150804202636.jpg



振り返ると雲はこの稜線まで上がってくるけれど
こちら側まではやってこない。
槍や穂高のこちら側は
違う風が吹いているんだね。

向こう側とはまったく景色も違うこちら側。

DSC00157_convert_20150804080232.jpg




DSC00159_convert_20150804080305.jpg




DSC00162_convert_20150804080344.jpg

クロユリが咲き乱れているのかと
期待していたくろゆりベンチには
残念ながらクロユリは見つけられなかった。

ひそかにクロユリがたくさん咲いていたのは
双六小屋のテン場に近い池と反対側の斜面だったなあ。


DSC00163_convert_20150804080421.jpg




DSC00165_convert_20150804080737.jpg




DSC00167_convert_20150804081210.jpg




DSC00168_convert_20150804081247.jpg




そしてまたこの景色に逢えた。
双六小屋と鷲羽岳。

DSC00173_convert_20150804081339.jpg




DSC00175_convert_20150804081416.jpg




DSC00176_convert_20150804081454.jpg




DSC00177_convert_20150804081533.jpg




DSC00178_convert_20150804081607.jpg




DSC00180_convert_20150804081647.jpg




DSC00181_convert_20150804081718.jpg




今年もまたこの場所に
来られただけでうれしい・・・

そんなふうに思える場所。


やっと荷物を下してテント設営。おつかれさまでした、ほんとうに。

DSC00183_convert_20150804200133.jpg



北アルプスの幹線道路の交差点のような。
どの表示を見ても行きたい山ばかり、贅沢な場所なんだな、ここは。

DSC00184_convert_20150804200219.jpg



DSC00187_convert_20150804200301.jpg




DSC00191_convert_20150804200422.jpg




DSC00195_convert_20150804200501.jpg




DSC00196_convert_20150804200545.jpg




DSC04358_convert_20150804204951.jpg





DSC04348_convert_20150804202809.jpg





DSC04349_convert_20150804202848.jpg



双六小屋の前からほんの少しだけ
樅沢岳の方へ上がると憧れの小屋三俣山荘が見える。

明日はあそこへ。

DSC04350_convert_20150804202923.jpg




そして静かに暮れる黄昏時。
鷲羽岳から離れるのがせつなそうに寄り添う雲。
DSC04360_convert_20150804203059.jpg




DSC04361_convert_20150804205038.jpg




写真を撮り終えてテントに戻ると出来ている夕ご飯^^

今日は部隊鍋(プデチゲ)♪
スパム、ソーセージ、にら、玉ねぎ、長ネギ、チーズに辛ラーメン。

DSC00197_convert_20150805214737.jpg



暑さと重さでかなりハードな一日だったけれど
こうして無事にテン場でおいしいごはんをみんなで食べられる幸せ。



明日は水晶岳まで。
どんな一日になるのだろう。




( つづく )




関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 2

There are no comments yet.
sho
ボクもいっshoに歩いた気分さ♪

いっぱい汗かいて
一生懸命登らないと
こんな可憐な
乙女たちには
出逢えないのでしょうね


・・・なんて
ボクもこの稜線歩きで
こんな言葉を添えたのが
思い出されるよ。


そうそう
イケメン軍団は夏はスモークの中
で煙草プカプカ・・・
でもそのお陰で
生まれたての花達と向き合える。
本当に励ましてくれるのは
やっぱり足元のこんな可愛らしい
乙女たちなんだよね。


そう
槍も穂高・・・
(あっち側から)その辺の山ガールに
写真パチパチ撮れれて
ちやほやされてりゃーぁ良いんだよ。

ふん!笑



ちょっと馴染みのトレイルも
しまちゃん目線で見れば
また新鮮に映る・・・


・・・明日はどんな一日になるのかな?


仕事の合間?息抜?に
またゆっくり見させてもらうよ^^


にしても
やっぱりココは良いね!

しまこ
師shoもごいっshoに♪



ああー確かに
槍や穂高のイケメンboysはタバコぷかぷかな・・・
まさにそんな感じがぴったりな
弓折乗越からはスモークで見えない向う側(笑)

苦しい苦しい鏡平からの登りでも
ガスの中に浮かび上がる花たちから
本当に声援をもらってるような気がして
カメラ向けるふりして
ほんのちょっぴり休んだりして。。。


弓折乗越でお会いした岳人は
連れの方を一時間も待ってると言って…
話を聞けば
その連れというのは私達も途中で抜かしてきた
おじいちゃんみたいだけど
75才のそのおじいちゃん、ひざを人工関節にして
そのリハビリに(!!!)
双六小屋から槍まで連れて行けと、
その岳人と歩いているそう。


・・・もう
・・・山って
・・・何なんでしょうね


つらいキツイ思いをしても
待ってるものがあることを知っていれば歩ける、
双六までの道は
そんな道なのかな。
私にとっても今回はそうでした。

弓折乗越から双六小屋までの稜線は
違う世界へ導いてくれるプロローグのような道。


仕事の合間でも
息抜きでも
仕事してるふりしてでも(笑)
また深呼吸しに来てくださいませ♪

冷たいもの用意してお待ちしてますから^^