尾瀬 2021  8/5・6   ②

しまこ



平日ということもあって
静かな時間が過ぎていく。


P8052789.jpg




P8052788.jpg




P8052790.jpg


案の定、雨はこちらにもやってきて
ひとしきり全部を濡らしてやがて去っていった。


P8052791.jpg




P8052796.jpg




P8052797.jpg


ただひとつコロナ禍で
キャンプ場の人たちは
お風呂に入れなくなっていたことだけは
残念だったけど。


P8052799.jpg




P8052802.jpg




P8052803.jpg




P8052804.jpg




P8052805.jpg




P8052807.jpg


このところずっと午後になると
降っている雨だけど
気まぐれな空には青空も。


P8052809.jpg




P8052811.jpg




P8052812.jpg




P8052813.jpg




P8052820.jpg




P8052823.jpg




P8052825.jpg




P8052826.jpg


驟雨のあと。


P8052827.jpg




P8052828.jpg




P8052830.jpg




P8052831.jpg




P8052833.jpg




P8052837.jpg


持ち寄りのご馳走や
調理をしながら
飲みながら話しながら
ゆるりと過ぎていく
こんな時間のなんて、尊いこと。


P8052838.jpg




P8052839.jpg


何度でもカンパイ!
おつかれさまでした!


P8052841.jpg




P8052843.jpg




P8052844.jpg




P8052845.jpg


とうとう高級カニ缶まで登場…

もちろん日本酒でいただきます♩


P8052851.jpg




P8052856.jpg




P8052860.jpg


ひとしきり食べて落ち着いたところで
夕暮れる時間を身体に染み込ませていく。

空の色の移り変わってゆくさまを
ただただ眺める、尊い時間。


P8052864.jpg




P8052877.jpg




P8052878.jpg





8/6  Fri

山に登るわけではなく
起きる時間も決めていなかったけれど
明けていく時間にまた原へ。


P8062883.jpg




P8062886.jpg




P8062884.jpg




P8062887.jpg




P8062889.jpg


夜半に雨が降っていたよう。

山肌に漂う雲の離れがたい余韻がせつない。



P8062891.jpg


雫のツリー。


P8062893.jpg




P8062895.jpg




P8062894.jpg




P8062898.jpg


羽を乾かすトンボが愛しい。


P8062899.jpg





P8062902.jpg




P8062903.jpg


珈琲を淹れて目を覚まし
軽く朝ごはんを食べたら
名残惜しいけれどテントは撤収。


P8062906.jpg




P8062907.jpg




P8062908.jpg


テント袋は使えるゾ、と一人ほくそ笑む。


テント以外は全てザックにパッキングできてしまうので
テントを撤収してからザックのなかをゴソゴソしなくていいし。



さあ
今日はこれから
行きたかった場所へ。



(  つづく   )


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 0

There are no comments yet.