唐松岳 Ⅲ 2015 6/20・21

しまこ




DSC06586_convert_20150706190914.jpg









6月21日(日)


目がさめるともうテント越しに白んでる外。


まだはっきりと目覚めないシュラフの中で耳を澄ますと
鳥の声が聞こえている。
テントを叩く雨の音も
軒先から垂れてくる雨音も

・・・しない。



小屋で流れていた天気予報が
どんどん悪いほうへ雨マークばかりになっていたので
前日のうちに
今日の五竜岳往復は中止と決まっていた。


時計を見ると4時過ぎ。
ヨーコタンにおはようを言ってテントのジッパーを上げてみる。


DSC03641_convert_20150706182437.jpg



「山が見えてるよ!」



昨日の夜、あれだけ激しく降っていて
雨の中の撤収は嫌だなあと思いながら眠りに落ちていたんだけれど
のそのそと外へ出てみる。


DSC03680_convert_20150706184734.jpg


遠雷がきこえている。




もしかして日の出見られるかな・・・


テントからカメラを取り出して
外へ出てきたヨーコタンとタイチョーと3人で小屋の裏手まで。

DSC03647_convert_20150706182546.jpg




DSC06560_convert_20150706185925.jpg




ほんの一瞬
ほんの一筋
赤らんだ雲のすきま。

DSC03649_convert_20150706182620.jpg





DSC03651_convert_20150706182659.jpg





DSC03654_convert_20150706182737.jpg





昨日は見えなかった白馬までの稜線。

DSC06565_convert_20150706190125.jpg




DSC06567_convert_20150706190206.jpg



こんなところを歩くのかー。
まだまだ知らない世界がたくさんある。

DSC06568_convert_20150706190243.jpg






DSC06577_convert_20150706190418.jpg





一晩雨に打たれたクロユリも愁いを帯びてうつむいている。

DSC06579_convert_20150706190509.jpg




DSC06585_convert_20150706190845.jpg




テントに戻ると
かかっていた雲が取れて
剱岳は立山と共にその姿を全部見せてくれた。  

やっと逢えた。
この場所からのぞむ剱岳。

DSC03674_convert_20150706184428.jpg





DSC03675_convert_20150706184459.jpg



晴れているうちに朝ごはん食べて撤収しちゃおう。
まだ寝ていたシゲシゲを強制的に起こして
バウルーの朝ごはんを作ってもらわないと・・・



DSC03690_convert_20150706184847.jpg





DSC03685_convert_20150706184800.jpg


グレイな空。
残雪と岩肌。
ハイマツの深い緑も光がないのでほとんど色を感じない。
モノクロの世界にいるような。
そんな中でも
この景色を見ながら朝ごはんを食べられる幸せは
来てよかった、と心の底から思いながら
いつものホットサンドと一緒に噛みしめる。

DSC03676_convert_20150706184527.jpg





そして
テント撤収、身支度を整えるのを待つように
雲のカーテンは引かれ雨が落ちてきた。

DSC06589_convert_20150706191005.jpg





DSC06587_convert_20150706190940.jpg




小屋の前でみんなが揃うのを待っていると

「ありがとうございました。お世話になりました。」

と小屋に向かって頭を下げて出発する、自分よりも少し年配なご夫婦がいた。
いい山旅をされているんだろうなぁ。




DSC06554_convert_20150706185757.jpg

6:15 出発
雨は特に激しくなるわけでもなく
しとしとと降り
風も吹いてはいないので
足元にだけ気を付けながら高度を下げていく。
気になっていた雷もどうやら大丈夫そう。


DSC03694_convert_20150706184915.jpg


雷鳥カップルも朝の散歩を楽しんでいる。

DSC03697_convert_20150706184943.jpg




丸山ケルンで振り返ると

DSC03703_convert_20150706185041.jpg




DSC03707_convert_20150706185133.jpg


雲が山肌をそおっと覆って
本当に撫でるように静かに寄り添い漂っている。
切なくなるようなその姿と空の色。


DSC03711_convert_20150706185200.jpg

今度はあの山にも・・・
そう思いながらそこを後にした。



DSC03717_convert_20150706185257.jpg





DSC03720_convert_20150706185323.jpg


まだリフトの運行前の時間。
先行のご夫婦はしばらく前に途中で抜かしたので
誰も歩いていない道。
白馬大池もひとりじめ。
でも何も見えないけど(笑)

DSC03727_convert_20150706185420.jpg




リフトの駅に近づいた頃、この子にも逢えた。

DSC03729_convert_20150706185450.jpg




DSC03742_convert_20150706185516.jpg



リフトで下りていくにつれて本降りになる雨。
この雨の中
登っていく登山者とすれ違う。

・・・雨の中、大変ですね・・・

声には出さないけど、すれ違いざまお互いに会釈して上と下へ。



無事下山。

DSC03744_convert_20150706185544.jpg



まだ朝だけどゆっくりと温泉に入って
東京へ向かう頃には小腹もすいて 
信州蕎麦を食べて帰りましょう。

飛び込みだけど雰囲気のあるお店で。

DSC03745_convert_20150706185630.jpg




DSC03747_convert_20150706185701.jpg




DSC03748_convert_20150706185724.jpg

・・・うん、また来ます。
今度は五竜岳の帰りに、きっと。






( おわり )





関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 0

There are no comments yet.