尾瀬 鳩待峠~見晴 Ⅲ 2015 5/31

しまこ





IMG_0399_convert_20150611072925.jpg

空は晴れた。





そして

・・・・・

ずっと逢いたかったのは弥四郎小屋のカフェの看板。「営業中」。


DSC02833_convert_20150611074800.jpg





DSC05461_convert_20150611075020.jpg



唐突になぜにこれ?という話だけれど
どなたかのBlogでさりげなく撮られたこの写真を見て
目が釘付けになってしまったのだ。




DSC02835_convert_20150611074847.jpg





DSC05455_convert_20150609082425.jpg



なぜ、と聞かれても、
それはツクモグサの写真を見た時と同じくらいの静かな衝撃。
たま~にくる一目惚れってやつかな。
ずっとアタマの片隅に終われていたそれは
今回、見晴へ、という話になって念願叶ってご対面♪




パチリパチリと写真を撮っているとやっとみんな到着。



お昼ご飯はKちゃん御用達
この奥のひげくま食堂さんで。



DSC05462_convert_20150612190751.jpg







DSC05463_convert_20150612190827.jpg





DSC05465_convert_20150612190911.jpg





DSC05476_convert_20150612191030.jpg




ひげくま食堂さんの写真は、あ、もちろん尾瀬も
KちゃんのBlogで予習済み(笑)
雰囲気も良く、ご飯もいつも美味しそうに撮ったのを載せてるんだよね、これがまた。




DSC05479_convert_20150612191145.jpg








「ここから逆光で撮るといいんだよ~♪」

DSC02837_convert_20150611075110.jpg





DSC05482_convert_20150612191211.jpg



とプチアドバイスなど受けながら
注文した山菜ピラフが出てくると、そこで撮影会。



DSC05486_convert_20150612191250.jpg





他にお客さんも居なかったので
あーだこーだ、と撮影会も楽しませてもらったら
青空が気持ち良いので外のベンチへ持ち出して
ようやくお昼ごはん。





DSC05477_convert_20150612191106.jpg





いただきまーす!


DSC05492_convert_20150612191332.jpg



ごちそうさまでした!

DSC05497_convert_20150612191406.jpg




本当に一生懸命歩いてきたからおなかぺこぺこ。
一瞬で完食しました。








さて。

ごはんの後はデザートの時間。

前回の八ヶ岳でのデザート写真を見たKちゃんが
「私も生クリームとイチゴ~」
というリクエストだったので、ちゃあんと、用意してきました。



DSC05498_convert_20150612191448.jpg



仕事でたまに行っているホテルメイドの人気のバナナケーキに添えるべく。
色のアクセントになるかとブルーベリーのおまけ付き。



DSC05501_convert_20150612191536.jpg





DSC05502_convert_20150612191611.jpg



そしてさらに凄かったのが
ケーさんが用意してきてくれた大福。
岡埜栄泉といえば、それだけで大福の代名詞になるようなお店だけど
また、なんと、竹籠の器に入った特製の「こごめ大福」。


DSC05505_convert_20150612191653.jpg





DSC05523_convert_20150612191811.jpg




他に人は居なかったけど
多分、はたから見たら、何やってるの?
と言われそうな、これまた写真撮影会(笑)



「ちょっと、こっちからも撮らせて」
「あ、スマホでもう一枚」
「この角度いーねー」



…いつになったら食べられるのか(笑)
この間の女子のやりとりの様子はKさんがシッカリカメラに収めてくれてました。


ちょうど雲も吹き払われて
眩しくて暖かな太陽が、腕のいい照明係となってくれて
それは美味しそうに撮れました。





DSC05511_convert_20150612191722.jpg

Kちゃんがこだわりの珈琲を淹れてくれて
こちらも一気にぺろり。
さすがにケーキ+大福2個はムリだったけど
ケーキと蓬大福を余裕で平らげました。



DSC05518_convert_20150612193754.jpg





ふーっ。


帰りたくないね。




同じ尾瀬なのに
ここはこんなに人が少なくて
静かで気持ちいい風が吹いている。



DSC05531_convert_20150612191922.jpg





DSC05532_convert_20150612191950.jpg





DSC05534_convert_20150612192032.jpg






DSC05541_convert_20150612192349.jpg






暖かな陽射しと
燕が飛び交う気持ちよい空。
遥かに至仏山を眺めながら過ごすゆっくり流れる時間。





DSC05529_convert_20150612191843.jpg





DSC05536_convert_20150612192150.jpg





DSC05535_convert_20150612192111.jpg






DSC05540_convert_20150612192235.jpg





現実だけど
現実ではないような
こんな時間が誰にでもやってくるから
尾瀬を訪れた人は皆
尾瀬の虜になってしまうんだろうなぁ…
三度目にして
みんなが尾瀬、尾瀬、という気持ちが少しだけどわかる気がした。




DSC05544_convert_20150612192423.jpg



多分わたしも
もう。




( つづく )



○山頂デザート○

・バナナケーキ : 東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート
        イチゴ ・ ブルーベリー ・ ホイップクリーム
・こごめ大福 : 岡埜栄泉








関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 2

There are no comments yet.
sho
「営業中」に魅せられて

久しぶりにボクも覗いてみたよ
my ozeの「営業中」


尾瀬を訪れる楽しみの10分の1・・・・
だとしても「営業中」の看板に
とってはとっても嬉しいことだろうな。

ひと目惚れがあの中々逢えないツクモグサと
同じくらいだなんて・・・ワォー!モノだね。
しまちゃんの素敵な想い出がいっぱいいっぱいつまった
頭の隅っこに、長らくお邪魔していた看板にご対面の巻かぁ^^


うん♪なんだかこの日の看板はいつにも増して張り切って
「営業中」
って頑張ってるみたいにも見えちゃうよ。


誰かのblogの写真を見ていつしか思い焦がれて
その場に自分の脚で逢いに行く。
そしてそれが現実のものとなり今度は頭の片隅に
写真だけじゃないリアルなモノとして専用部屋に招き置かれる。
そんな写真が一つでも撮れると嬉しいよね。


にしてもひげくまさんの「営業中」さん、めちゃ主張してますなぁー^^
美文字書くしまちゃんの書体評論も気になるところ。笑

だけど山小屋に掲げられた、色んな看板の文字、書体は
ボクにとってもかっこうの被写体でもあるんだよね。

山や自然だけじゃない、山の記憶として残る大切な想い出。
一生懸命に書いた文字、めんどくさそーに書いた文字、
心を込めて書いた文字・・・・
夫々に個性溢れ、夫々に愛情を感じる。


看板の事だけのコメになりそうな・・・・笑


毎度原色の鮮烈な赤いストロベリーと雪の様な白いホイップ・・・
なんかすっかりボクの頭の片隅にちゃーんとしま専用のエアスイーツ部屋が
用意されて強烈な印象を残しているわよ^^

しまこ
魅せられた写真と風景が一致する時


予定外の時に思わず
逢いたかった人やモノに逢える喜びは
予定されてた時に逢うのとはまた違うウレシサがありますよね。
今回もそう。

尾瀬の風景や山や花
…というわけではなく刻み込まれた「営業中」。
写真で見ていた時と同じようにそこにあって
「いらっしゃい」と迎えてもらえたことに
しみじみ嬉しかったですよ。
頭の片隅にあったそれが
実際の風景として自分の目を通して
あらためて刻み込まれていく。
実は師匠の写真でまだまだそんな風景があるんだけど・・・
それはナイショ。


今までの山歩きは
山小屋とはほとんどご縁もなくて
師匠のBlogや師匠のBlog師匠のBlogで(ややこしや 笑)
山小屋との付き合いの楽しさみたいなものを感じて学んでるみたいな状態だから
このところ小屋の看板も興味深く見るようになりましたよ^^

ひげくまさんの「営業中」は本当に楽しそう。
その下に小さく書かれている、喫茶 ひげくま の小さな文字が素朴で癒されます。
それこそいろんな小屋のいろんな看板を見て被写体にしてきた師匠は
山小屋看板評論家を名乗れそうですよね。
字を書く事を仕事にしてる私はこれから修行しなきゃー(笑)


師匠の頭の中のすみっこの小部屋に
山頂デザートがインプットされたならうれしいなぁ。
でも真っ赤なイチゴと雪のようなホイップクリームか〜・・・
イチゴは季節限定だし
ホイップクリームは要冷蔵だし
山のハイシーズン中はなかなか厳しいけど 汗
師匠のためなら何としてでも調達するわよ^^