赤岳横岳硫黄岳 Ⅱ 2015 5/23

しまこ




山頂グルメと嬉しい必然と


DSC02601_convert_20150526191404.jpg








・・・なぜここにだけ

そんな感じで広がっているツクモグサの群落。

IMG_0360.jpg






DSC02530_convert_20150524172833.jpg




DSC02537_convert_20150526185638.jpg



お天気は悪くないけれど
いまいち薄雲が太陽から離れないので
花の開き具合はいまひとつ。

それでもふわふわの産毛に包まれた
可愛らしい子たちが其処此処に。


去年白馬で見た子よりも
心なしか花も小さめで単独で咲いてる子が多いような気がする。

それにしても白馬と八ヶ岳と利尻島の
ほんの極々一部にしか咲かない花…


二カ所あるんですよ、
と去年ツクモグサに逢いに来ていたaさんに教えられ
次の場所へと向かいます。




DSC02541_convert_20150527224425.jpg





DSC02542_convert_20150524173106.jpg



そこもまぁ
断崖の下の方へと群落があるものの
あまり覗き込むとこちらが足を滑らせてしまいそうな所に…


DSC02540_convert_20150524173032.jpg






その後横岳山頂へ向かうまでに
こんな所になぜ一株だけ…というような所にも。
そんな感じの八ヶ岳のツクモグサ。


DSC02543_convert_20150524173144.jpg





DSC02547_convert_20150524173222.jpg






DSC02549_convert_20150526185710.jpg





DSC02550_convert_20150526185745.jpg




ツクモグサを楽しんで
しばらくアップダウンを繰り返せば横岳の山頂に。


DSC02551_convert_20150526185817.jpg




ここまで来ると硫黄岳はすぐそこに、
天狗や蓼科山もかなり近くに感じます。



DSC02561_convert_20150526185935.jpg





DSC02557_convert_20150526185852.jpg




「おなかすいた~」

とヨーコタン。
確かにもう11時.

5時から歩いているので
行動食をつまんではいてもお腹もすいてくる時間。

硫黄岳まで行けばお昼も広げ放題だからもうちょっと頑張ろーか、
と手持ちのおにぎりを半分渡してあとひと頑張りしてもらうことに。



横岳からの下り
ここまで来ると赤岳と阿弥陀の間に白根の山が。
気持ちよすぎる天空の道。

DSC02568_convert_20150526190055.jpg




DSC02570_convert_20150526190127.jpg




DSC02571_convert_20150526190209.jpg




大同心はどれ?
と聞けば
シゲシゲから、もうどーでもいい、、、くだらなーい返事が返ってくるのには
さすがのaさんも苦笑い。


まぁ登山部はいつもこんな感じなので…
帰る頃には慣れてくれるかしら(笑)




DSC02574_convert_20150526190316.jpg


硫黄岳山荘でお手洗い休憩。
こんな山の上でもこんなにきれいなお手洗いをお借りできるとは、いつも脱帽です。



DSC02573_convert_20150526190246.jpg





DSC02575_convert_20150526190346.jpg

手書き看板もとてもいい雰囲気。





さて、お昼ごはん目指して
あのケルンの最後まで頑張ろうか。


DSC02577_convert_20150526190435.jpg




DSC02578_convert_20150526190509.jpg




DSC02581_convert_20150526190545.jpg



そして爆裂火口の硫黄岳山頂へ。


DSC02583_convert_20150527224513.jpg





DSC02584_convert_20150526190656.jpg





DSC02585_convert_20150526190731.jpg




お昼ごはんだ~

と、各自用意をしていると
ヨーコタンからタケノコご飯のお稲荷さんが配られ♪


ん、なんか、ジュージューいってるのが聞こえてきて…

DSC02596_convert_20150526190854.jpg


前回の茅ヶ岳では
ベテラン主婦も真っ青な美味なるおつまみを作ってきてくれたaさん、

今回は、本当はテン泊予定だった今日のために
なんとステーキを用意していてくれて・・・

山頂ステーキ!!!

素敵すぎる♪


ビール無いのー?!の声も飛ぶ中( 今回は無し )、
贅沢なランチを楽しみまして…




DSC02597_convert_20150526191329.jpg


今月が誕生月のシゲシゲ用に持参のケーキでハッピーバースデー♪

以前徳沢にケーキを持って行った時
「何でイチゴないんだよー!!」
と本気で怒られたので(笑)季節的にはもうおしまいだけど
今回は意地でもイチゴを調達。




DSC02594_convert_20150526190803.jpg




DSC02602_convert_20150526191443.jpg






食べるものを食べて
それぞれがこの眺めと山頂を楽しんで。

aさんは前回来た時はガスガスで何も見えず
ケルンを頼りにこの山頂へ、そして何も見えなかったとのことだったから、
ヨカッタ、この景色も楽しんでもらえて




DSC02605_convert_20150526191513.jpg





DSC02611_convert_20150526191636.jpg




DSC02613_convert_20150526191706.jpg




帰りたくないな~。。。
と皆の意見は一致だけど
駐車場まで歩かないといけないから
そろそろ重い腰を上げて下山しますか。


DSC02610_convert_20150526191552.jpg




DSC02620_convert_20150526191748.jpg




DSC02621_convert_20150526191825.jpg



帰り道もまた
どーでもいい話をしながら
少しだけ雪の残る道を赤岳鉱泉へと下る。


DSC02623_convert_20150526191944.jpg





DSC02624_convert_20150526192019.jpg





DSC02628_convert_20150526192057.jpg





DSC02630_convert_20150526192130.jpg





DSC02632_convert_20150526192205.jpg





DSC02636_convert_20150527074707.jpg





DSC02640_convert_20150527074744.jpg





DSC02643_convert_20150527074821.jpg




一日で周るにはかなりハードなコースだったけれど
北沢を歩くほどに春の匂いが濃くなって
そんな疲れも忘れさせてくれる眩しい新緑に癒されながら美濃戸へ向かう。


DSC02644_convert_20150527074859.jpg





DSC02653_convert_20150527074940.jpg





DSC02655_convert_20150527075037.jpg





DSC02656_convert_20150527075114.jpg





DSC02657_convert_20150527075154.jpg




考えてみると赤岳鉱泉からの北沢のコースを歩くのは
高校生の時以来だったなぁ。
こんなに素敵なコースだったんだね。


DSC02658_convert_20150527075228.jpg





DSC02659_convert_20150527075305.jpg





DSC02660_convert_20150527075344.jpg





DSC02664_convert_20150527075417.jpg





DSC02671_convert_20150527075615.jpg






ツクモグサも見れたし
歩ききった充実感が疲れに勝ってまだ少しだけ高揚している感じ。



DSC02674_convert_20150527075721.jpg




DSC02675_convert_20150527075757.jpg





後刻、シゲシゲやヨーコタンと話しながら
今回は、aさんが先頭でいいペースで歩いてくれたからこのコース歩けたね~と
シゲシゲもヨーコタンも aさんを大絶賛。
もちろん私も。


本当は今年初になるはずだったテン泊を楽しみにしていた aさん。

豪邸の登山用品倉庫から出してきたテントを
しょんもりと、また片づけてもらうことになったのは申し訳なかったけど
こんな感じで、
歩くのは真剣だけどその他はフザケた登山部でもよければ
またご一緒してくれるかしら。




DSC02672_convert_20150527075646.jpg




そして今回
素敵なおまけがもう一つ待っていた。



着替えたり荷物を整理して
さてさて帰りますかと車を駐車場から出そうとした時、

ん?
あれ、Mさんじゃない?!?

と見ると
aさんも私もTwitterで仲良くさせていただいている
いつも見かける写真と同じ姿で
Mさんが目の前を通り過ぎて行くではないの・・・

車を、歩くMさんに横付けして窓をウィーン…

「Mさん!」

「???」

「Shimakoです!」

「!!えー!Shimakoちゃん!?!?」


今日、赤岳に上がるという呟きは見ていたけれど
あと3分、いや1分でも早く車を出していたら
お会いできなかったんだなぁ~と
あまりにも嬉しい初対面。

たいしてお話もできなかったけれど
せっかくなので写真に一緒に収まっていただき
後ろ髪引かれながら手を振ります。



DSC02666_convert_20150527075503.jpg




逢うべき人とは必ずいつかどこかで逢える…

山を歩いているとそんな出逢いがたまにやってくる。


やっぱり、いいなぁ、山って。



( おわり )




○山頂デザート○

・ショコラ―デントルテ : デメル
 イチゴ ・ ホイップクリーム








関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 4

There are no comments yet.
sorano

硫黄岳の爆裂火口って
こんなお姿なのですね~
この爆裂火口を見るために
硫黄岳に登った時は
生憎のガスで見えず。。。(>_<)
シマコさんのお写真で見た気分になりました~
ありがとサマ♪♪♪

イチゴがいっぱいのケーキ
食べたいな~(#^.^#)

  • 2015/05/27 (Wed) 22:29
  • REPLY
しまこ

ソラノさん♪

昨日はまだ編集途中だったところに
コメントいただいたみたいで・・・
でも、 
わ、もうコメントきた!
・・・って、すんごくうれしかったです^^

あれから爆裂火口の定番写真もアップしたので
ぜひ見てくださいね(^_-)
それにしても、ガスで何も見えなかったなんて残念すぎますね。
あの広くて気持ち良い山頂はできれば晴れの日に行って
360度の景色を楽しめたら最高だから♪

イチゴの時期も終わりなので
さて、次回は何をのっけようかな。

sho
ビールがなくっても酔える山旅♫

前から後ろから
横から下から上からと

アナタを劇写する。

本当に
「ワタシと・・・
恋に落ちてください・・・」

うったえかけてくるような
愛らしい花。


もうー!
この娘を氷詰めの永久保存版にして連れて帰りたい
くらいに可愛いね。


おちょこ口開けた様な表情もあどけなくって
可愛いけどキュッと閉じたその横顔も
なんともいじらしいね。


すりすりしたくなるような産毛。


ツクモグサ・・・
もう名前までもが可愛く思えてしまう。


梅雨の時季、恐ろしい断崖の岩場と・・・
本当に逢いにきてくれたひとだけに笑顔を見せてくれる
気高さがまた心揺さぶるね。



にしても
ガシガシ日帰りで八ヶ岳を縦走しちゃうしまちゃんのあれもこれも
見逃さないよって言うバイタリティーにボクはいつも
ノックアウトされちゃうよ。
ツクモグサに逢えるまでの道のり。
その後の道のりに今回も一緒に歩いたみたいな気分にさせてくれる。



山頂デザートはやっぱり硫黄岳噴火口に因んで
ガトーショコラでしょうか。
もう山頂カフェでも開けそうな、毎度、垂涎のスイーツ。
春特有の薄曇りの淡い色景の中で、ドキっとするようなイチゴの真っ赤な色が
またblogに色を添えるから、増々、映えるね。


しまちゃんの山旅はいつも本当
笑顔と笑い声の絶えない素敵な山旅だね♫

しまこ
山そのものがアルコールみたいなものだから♫

ふーっ。
ひとやすみ。

ウェストン祭だ、八ヶ岳や朝日連峰は山開きだ
と素敵な山のニュースが飛び込んでくる中
山から帰っても休みなく
日曜日の今日も仕事してるワタシ。笑




恋に落ちてしまったら…
年に一度しか逢えないなら…
やっぱり逢わずにはいられないですよね?

向こうからやって来てくれるわけでもなく
断崖越えてこちらから逢いに行くしかなくて

逢えたとしても
触れられず
連れて帰ることもできなくて…

そりゃー
前から後ろから
横から下から上からと
激写しちゃうしかないでしょ(笑)
かわいくて可愛くて大好きな花、ツクモグサ♪


ガシガシ、って言葉、本当は好きじゃないけど
私を除く他のメンバーは皆、屈強な岳人だからw
お天気やコンディションが良ければ
きっと歩けてしまうだろうと。
しかも
赤岳から歩いて硫黄岳に着けば
自分が歩いてきた実感を持って
あの景色を刻む事ができる♪
素晴らしいそれが待ってるんだから♫


そういえば
硫黄岳で思い出しましたよ
師匠の硫黄岳編の時に、
デザートはぜひガトーショコラで、ってやりとりしたような…
どこかにそんな記憶もあったんだろうな〜
粉糖の代わりに生クリームだけど…

ミッションコンプリートです♪


真っ赤なイチゴは素晴らしいアクセントになったけど
イチゴイチゴと騒ぐシゲシゲに
トドメを刺された一言が
「うるさい客がいるから腕も上がるってもんだよ」
…どこまでも鍛えられるワタシ。
褒めてくれますか、師匠。笑



山の中に居られればそれだけで満足。
ピークは踏んでも踏まなくてもどっちでも構わない、
そんなスタンスは変わりないけど
このところ、お酒と同じで
ちょっとずつ高めのアルコールにシフトしていくみたいな
そんな山が続いているような気がしないでもないですね、確かに。

でも、お得でしょ、このBlog。
日帰りで八ヶ岳縦走ツクモグサ付き♪
ちょっとでも、一緒に歩いたみたいな気分になってもらえたなら…
そんな嬉しい褒め言葉はないかも。
ビール片手に見てもらえれば
山頂ビールの気分も味わえるかな^^