檜尾岳  2019 7/28・29  ② 





ピークには標識もないけれど
この稜線の後半戦は岩の尾根。


P7282415.jpg









P7282419.jpg




P7282421.jpg




P7282422.jpg


地図を眺めれば
気持ち良さそうな尾根なのかと思いきや
細かいアップダウンに
岩の尾根の間を行く道、、

空木岳から木曽殿小屋への道を思い出しながら
慎重に、慎重に歩いていた。


P7282423.jpg




P7282424.jpg




P7282426.jpg




P7282427.jpg









P7282431.jpg




P7282432.jpg




P7282433.jpg




P7282434.jpg




P7282435.jpg




P7282437.jpg




P7282438.jpg




P7282442.jpg




P7282444.jpg




P7282445.jpg




P7282449.jpg


ハシゴを降りたお花畑
夏山のお花畑がそこにあった。

ハクサンイチゲに癒される。


P7282455.jpg




P7282456.jpg




P7282457.jpg




P7282460.jpg




P7282461.jpg




P7282462.jpg




P7282467.jpg




P7282468.jpg




P7282472.jpg


そして檜尾岳への登り返しが目の前に。

ガスの切れ間からは
山頂から少し下った場所にある
檜尾岳避難小屋も確認できた。


P7282473.jpg




P7282474.jpg




P7282475.jpg




P7282477.jpg


あとひと登り、、がんばれば。


と思いながら登ったいるとゴロゴロと嫌な音。


多分あと30分くらいで山頂だけど
ピロリン、とスマホに届いたヤマテンのメールは
木曽駒ヶ岳の南西に雷と雷雨の緊急メール。。。


隠れる場所はない…


GWの陣馬山の大雷雨を思い出しながら
もしここで雷が来たらと心臓はパクパク、
顔の筋肉、いや、くちびるがブルブルと
ずっと震えていた。


それでも
ありとあらゆることが頭の中をよぎりながらも
なんとか山頂に着いたので、、、


P7282478.jpg




P7282479.jpg


山頂下のハイマツが屋根になる場所を探して
ザックやカメラも放り出して
しばらくの間、耐雷姿勢をとりながらやり過ごす。


生きた心地はしなかった。


P7282483.jpg




P7282484.jpg




P7282485.jpg


もう、そこに見えている避難小屋。


そこまでの距離がどれだけ遠かったことか。


途中の咲き乱れるお花畑も足早にスルーして
とりあえず、とりあえず避難小屋の脇まで
小走りに走るように向かった。


こんな山は初めてだ。


ありとあらゆることが頭の中を駆け巡っていた。。。










(   つづく   )





関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック