北横岳  2019 1/27  ②




北横岳ヒュッテの赤天狗さんも久しぶり。

雪の帽子は山高帽にはなってなくて
ベレー帽くらいかな。


P1271068.jpg




P1271071.jpg




P1271074.jpg


さあ、山頂までもう少し。

最後の急登を目の前に
さらに一段と白くなる森の中。


P1271078.jpg




P1271084.jpg









P1271085.jpg




P1271092.jpg


もふもふモフモフ。

マントか極厚ダウンを着込んだような森の傭兵に
まるで樹々に白い花が満開に
八ヶ岳ブルーの空の下に咲いているみたいな…


山頂まではあと少しなのに
まったく足が進まない。。。


P1271094.jpg




P1271096.jpg


あゝ、来たよ。


P1271097.jpg




P1271098.jpg




P1271107.jpg


目の前に白プリンの蓼科山。

槍も穂高も神々しいくらいに
白い稜線を伸ばしている。


P1271109.jpg



P1271111.jpg


半端ない風に口元も強張って
突風によろめきそうだけど
カラフルなウェアで賑わう
北峰まで行きましょう。







P1271115.jpg




P1271116.jpg


寒くても風が凄くても
すれ違う人たちはみんなニコニコ。

だってこんな景色が待ってるんだから。


P1271118.jpg




P1271128.jpg




P1271130.jpg


先週はあのあたりから
こっちを見てたんだな。


P1271134.jpg




P1271150.jpg




P1271152.jpg




P1271153.jpg




P1271163.jpg


たっぷりと心ゆくまで
この贅沢な景色を楽しんだら戻るけど
温かいものでも頼んで休憩したかったヒュッテは
残念ながら本日は休憩はできないそうで
下山してきた人たちは皆ヒュッテ前の広場でやり過ごしている。


P1271168.jpg


せっかくだから七ツ池行きましょうよ、

と進んだその先は。


P1271169.jpg




P1271170.jpg




P1271171.jpg




P1271172.jpg




P1271173.jpg




P1271175.jpg




P1271183.jpg




P1271193.jpg


誰もいない
贅沢な貸し切り空間。







P1271196.jpg


樹々に囲まれて風もなくて
日差しがポカポカ。

それならもちろん山頂デザートしましょうよ。


P1271201.jpg




P1271202.jpg




P1271204.jpg




P1271205.jpg




P1271209.jpg




P1271210.jpg




P1271215.jpg




P1271220.jpg




P1271225.jpg


思い切って買って良かった
MSRアッセント。


P1271226.jpg




P1271243.jpg




P1271246.jpg


冬のご褒美。

ふかふかパフパフ
サラサラのバージンスノーを
思う存分楽しんで。


P1271253.jpg




P1271258.jpg




P1271260.jpg


帰りたくない背中。


P1271262.jpg




P1271269.jpg




P1271270.jpg




P1271273.jpg




P1271275.jpg




P1271278.jpg




P1271281.jpg




P1271282.jpg




P1271284.jpg




P1271283.jpg




P1271286.jpg




P1271292.jpg




P1271298.jpg


雲ひとつなく
ずっとずっと八ヶ岳ブルーのまま
ロープウェイ駅まで戻ってきたけれど
このまま帰るのももったいなくて
ちょっとだけ縞枯山を間近に眺めに五辻方面へも。


こんな日は欲張らなくちゃ。


P1271301.jpg




P1271303.jpg




P1271307.jpg




P1271311.jpg


こんな景色が見られるんだもの。




お昼もたっぷり回って
さすがにお腹も空いてきたので
後ろ髪ひかれながらも下山の途へ。


P1271314.jpg







空いている下りのロープウェイの中からは
遥か北アルプスの後立山連峰に
劔も見えてますよと係りの人に教えられて
窓に張り付きズーム最大にしてみると
雲の下うっすらと、
ああ、あれが。


P1271329 (2)









雪の白さと空の蒼さが呼び合って
心ゆくまで雪と戯れた一日。



フットワークの軽いメンバーのおかげで
満たされた一日を振りかえりながら
眺める八ヶ岳の空は
どこまでも蒼くて高かった。




(   おわり   )




関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック