赤岳鉱泉・硫黄岳 2019 1/19・20 ①

しまこ













雪山はじめ










年末に捻挫した足も
まあ普通に歩く分には何の支障もなく
となるとそろそろソワソワと
雪の山へと行きたくなってくるこの季節。


P1190541.jpg




P1190547.jpg


淡くモルゲンロートに染まる
八ヶ岳や甲斐駒を眺めながら
穏やかなお天気に感謝しつつ
美濃戸口から先の林道は
歩いて入る登山者に頭を下げつつ
なんとか無事に車で美濃戸へと到着。


P1190548.jpg




P1190551.jpg


久しぶり。

やっぱり北八ヶ岳の穏やかな山容とは
迫力が違うね。


P1190550.jpg




P1190553.jpg




P1190554.jpg


ツルツルカチカチの林道を
アイゼンとは別に持ってきた
チェーンスパイクをつけて
無理しないようにゆっくりと歩く。


P1190557.jpg




P1190559.jpg




P1190560.jpg




P1190563.jpg




P1190565.jpg




P1190567.jpg




P1190574.jpg


蒼白い鈍く光る氷
トロリとした川面に咲く氷の華
ふうわりと層を重ねる降りたての雪


・・・あゝ、冬山だ。


P1190575.jpg




P1190577.jpg




P1190580.jpg




P1190582.jpg




P1190585.jpg




P1190584.jpg


朝陽が差し込めば
明るさに包まれてキラキラと輝く
まったく違う世界が広がっていく。


P1190588.jpg




P1190590.jpg




P1190593.jpg


バリエーションルートへ入っていくパーティや
テント装備を担いで楽しげに歩くパーティ
冬の八ヶ岳はみんなとても楽しそうだ。


P1190591.jpg




P1190595.jpg




P1190598.jpg




P1190599.jpg




P1190602.jpg




P1190604.jpg




P1190607.jpg




P1190608.jpg




P1190609.jpg


このところずっと
南沢から行者小屋ルートばかりだったから
この北沢の明るさと
間近に見る大同心や横岳の岩壁に
かなり足取りはうきうきと軽い。







P1190610.jpg




P1190614.jpg




P1190616.jpg




P1190618.jpg




P1190619.jpg


あれ、もう着いたみたい。


P1190622.jpg




P1190623.jpg


ゆっくりゆっくり
歩いてきたと思っていたけれど
樹々が途切れて突然アイスキャンデーが現れた。


P1190625.jpg


初めて見るその実物は
なかなかの迫力。

本当にガリガリ君の色をしている。


P1190626.jpg




P1190629.jpg




P1190633.jpg




P1190631.jpg




P1190635.jpg


初めて泊まる赤岳鉱泉。


高校生の頃から今まで
テントでしか泊まったことのないこの場所

かなり複雑で迷路のような小屋の中も探検がてら
さっそく受付をして余分な荷物を置いたら
お腹を満たして硫黄岳へ向かいましょうか。


P1190634.jpg




P1190636.jpg


天気予報では明日の朝まで
お天気は持ちそうだけど
こんなに穏やかで気持ち良い青空に
上まで行かないのはもったいない。

稜線はかなり風が強いということだけど…。


P1190637.jpg




P1190639.jpg




P1190641.jpg




P1190642.jpg




P1190644.jpg


中央アルプスや御嶽山も望める
おだやかな樹林帯の道を行く。

12本アイゼンはさすがに
久しぶりに着けると重さを感じるけど。


P1190649.jpg




P1190650.jpg




P1190653.jpg




P1190654.jpg




P1190655.jpg




樹々の間からこんな山肌が見えるだけで
キュンとしてその度に立ち止まり眺めてしまう。



多分その顔はデレデレと
締まりない顔なんだろうなぁ、、、

と思うけれど。





(   つづく   )





関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 0

There are no comments yet.