尾瀬  東電小屋~見晴  2018 9/9  ③

しまこ



見晴でのんびりと
お昼ごはんまで済ませて
テン場をのぞきに行ったりしているうちに
青空がご機嫌をなおしてくれて
風がさらさらと渡っていく。


P9092136.jpg




P9092137.jpg




P9092139.jpg




P9092140.jpg


帰りたくないけど。


P9092141.jpg




P9092145.jpg


振り返る燧ケ岳と見晴。
また来るね。


P9092146.jpg


そしてあの至仏山の下まで
ぽくぽく歩いて帰るんだ。


P9092147.jpg




P9092150.jpg




P9092153.jpg




P9092155.jpg




P9092160.jpg




P9092162.jpg




P9092164.jpg


アヤメ平への道も
今日はきっと静かだったんだろうね。


P9092165.jpg




P9092166.jpg




P9092168.jpg




P9092171.jpg


静かな秋の入り口
心地よく風に吹かれて。


P9092173.jpg




P9092175.jpg




P9092177.jpg




P9092179.jpg




P9092183.jpg




P9092185.jpg


お日さまを浴びて
ヒツジグサも花開いて。


P9092189.jpg


青空を深い藍色にかえた池塘
文様のように切り取ってみる。


P9092193.jpg




P9092195.jpg




P9092196.jpg


ミズバショウは咲いていないけど
下の大濠から定番の至仏山。


P9092201.jpg




P9092202.jpg




P9092206.jpg




P9092210.jpg




P9092213.jpg




P9092219.jpg



寄り添う。


P9092223.jpg




P9092235.jpg




P9092245.jpg




P9092254.jpg




P9092256.jpg




P9092259.jpg




P9092265.jpg




P9092266.jpg




P9092272.jpg


山の鼻も静かな午後。


P9092274.jpg




P9092277.jpg




P9092279.jpg




P9092281.jpg


初めて寄るビジターセンターで
アケボノソウの名前を確認して。


P9092282.jpg




P9092284.jpg




P9092285.jpg


いつもそうだけど
山ノ鼻からの帰り道は最後に登りが待っているし
これを歩き切ればもう尾瀬が終わってしまうから
なんとなく歩くのもゆっくりになって
もう、みんなの後ろ姿も
見えなくなってしまっている。


P9092288.jpg




P9092290.jpg




P9092292.jpg


鳩待峠からのタクシーは
景色をゆっくり楽しむ間もないくらいのスピードで
戸倉に着いて吐き出されるように車から降りたけど
それもまた今となっては印象的な一場面 (笑)


P9092293.jpg


いやいや、おつかれさまでした。





いつの季節でも
どんなお天気でも
来るものを拒まず
受け入れてくれる尾瀬。


自分もいつでもものごとに対して
そんな心もちでいられたらいいな。

尾瀬に行くたびに
下界で少しとんがった気持ちも
まあるくなるような
おだやかな一日の終わり、帰り道だった。




(  おわり  )






関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 0

There are no comments yet.