双六岳 Ⅱ  2014 10/11~ 12

しまこ

槍ヶ岳に登ったのはもうどのくらい前だろう

どこからでも見えるあのトンガリ

でも、あのトンガリの上から見る景色は・・・・・実はそれほど記憶にない
やっぱり景色のどこかに「あれ」があるからみんなの記憶に残る山なんだろうなぁ






鏡池に飛び出すと…


DSC00499_convert_20141021084640.jpg




いきなり目に入るこの景色は
絶対に忘れないだろう

さんざん写真で見てはきたのに
自分の目で見たそれは

もう足が動かなかった


池に映る逆さ槍
そよ風ほどの風があって鏡のようなそれは見れなかったけれど、
今日この日にここに来れたことを
山の神様に心から感謝したくなる



DSC00502_convert_20141021084717.jpg







DSC00510_convert_20141105172215.jpg







そして
双子池の微妙にまっすぐではない橋を渡ると、
違う世界へ入っていく…ような感覚に

DSC00513_convert_20141021085138.jpg






DSC00519_convert_20141021085228.jpg





おとぎの国のような鏡平

DSC00526_convert_20141021085308.jpg





右手にはずっと槍

DSC00531_convert_20141021085346.jpg


こんなに大きな山だったんだ。
穏やかで優雅に見える西鎌尾根
高度を上げるとその向こうに見えてくる
人を寄せ付けないような北鎌尾根

弓折乗越で一休みしながら
その全貌を鑑賞する





そして次のステージ、双六小屋までの稜線へ


DSC00537_convert_20141021085504.jpg







DSC00544_convert_20141021085548.jpg







今までとはまったく違う山容が姿を現して
…なんだ、ここは


DSC00548_convert_20141021085628.jpg



DSC00549_convert_20141021085704.jpg



13時 双六小屋到着。

ひろびろとしたテン場の
すみっこをお借りしてテントを建てて一休みしたら
双六岳に行ってきてしまいましょう



DSC00557_convert_20141021085746.jpg




小屋からずっと見えている鷲羽岳と水晶岳のおおらかな大きさはなんだろう


DSC00566_convert_20141021085823.jpg





そして山頂


DSC00573_convert_20141021085858.jpg



振り返ると・・・

DSC00576_convert_20141021090028.jpg






DSC00583_convert_20141021161727.jpg






DSC00587_convert_20141021161814.jpg






DSC00594_convert_20141021161853.jpg







DSC00592_convert_20141030174618.jpg







DSC00589_convert_20141030174712.jpg












夕暮れのテン場は
思い思いのくつろぎの時間。
今日歩いてきたここまでの道を思い出しながら
美味しいごはんを食べて、また明日歩く道に想いを馳せる。


DSC00609_convert_20141021162257.jpg





…なんて優雅さはなく

チーズフォンデュを作るのに
あーじゃこーじゃと、試行錯誤の末、最後はごった煮のチーズクリームシチュー風に…
山の酒双六をお燗でいただきながら

まあ、これがいつものわたしたち

DSC00603_convert_20141021162124.jpg





今日の素晴らしい一日のおわりに感謝して
おやすみなさい


DSC00611_convert_20141021162334.jpg


関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 4

There are no comments yet.
だっちゃん
ブログ開設おめでとうございます。

 しまこさん、ブログ開設おめでとうございます。
これから楽しみにしますので頑張って下さい。

しまこ
ありがとうございます♪

だっちゃんさん♪
こちらにも来て下さってありがとうございます(^^)
だっちゃんさんのブログも、コメントは残してないですが見させていただいてますよ。
だっちゃんさんみたいに長く続けられたらいいなぁと思ってますので、
これからもよろしくお願いします。

sho
しししししまちゃん

6時出発して13時にはもうビール飲んでたの!
って、ビールも浴びずに、その足で双六へ!!

やっぱり健脚日記だっ。笑。しかも、テント背負って・・・・
もう師匠と呼びます、エターナル・・・


にしても、
最高の山日和だったんだね。
もう、飽きる程、槍見れたでしょ!

ねねっ、鷲羽岳ってカッコいいよね。
もう双六山頂からは北アルプスのイケメンオールスターが
勢揃いしてたでしょ。
しかも予約不要の特等席から一望できちゃう
もうジャニーズの合宿所の寝室に放り込まれた様な光景・・・
意味不明。笑
もしお金持ちになったらボクは双六グランドに合宿所を建てようかな。
山乙女養成所の・・・意味不明。


さぁ
ボクも遊んでないでブログ仕上げようかなー。
優雅な御飯の写真欲しいなー笑

  • 2014/10/24 (Fri) 17:48
  • REPLY
しまこ
もももももちろんテン場についたなら

テン場についてテント設営したら
何をおいてもまずすることは
もちろんカンパイですよ、師匠。
テントの横にプレモルの空きカンが転がった
緑のフライのエアライズ見ませんでしたか(笑)
師匠が通ると知ってたら
青いバンダナぶら下げておいたのになぁ。

この一杯のために歩いてる
そんなひと口目ですよね。
それで心も身体もクールダウンしてから
双六岳へ向かいましたよ
もっちろん。

かっこいいワッシーや
ちょこんと見えた三俣山荘は
次のシーズンのターゲットに決定。
南アルプスとはまた違う
大きな山山を歩いてみたい、
心が揺り動かされた風景でしたね。

ジャニーズの合宿所の寝室に放り込まれたというよりは
私にとっては
目の前に嵐の松潤や櫻井くんが立ちはだかって両手を広げて迎えてくれてるような・・・ (意味不明 笑)
山乙女養成所を建てた暁には
寮母さんでも掃除のおばさんでもいいから雇って下さいね〜

そして
飽きるほど、穴が空くほど眺めた槍ヶ岳。
今まで槍ヶ岳だと思ってたのは
そのほんの一部分
得体の知れない大きさに違う山を見てるみたいでしたね。


早く師匠が見た風景を見たいな〜(-_^)