焼岳・上高地  2018 3/17・18  ④

しまこ








とりあえずお腹を満たして
こちらの世界に戻ってきたら
今日はいつもみたいにこのまま
東京へ戻らなくてもいいのをいい事に
りんどう平の特等席へ移動して山頂デザート。










温かい珈琲を飲んで
さらに緊張が解かれると
あの山頂にいたことさえ遠い時間のように思えてくる。















もう雪の季節もそろそろ終わりだからと
今日ここへ来たけれど
こんなに素晴らしいお天気で
こんなに美しい雪の山を
心から存分に楽しませてもらえて
もう、何に感謝して良いのか
滅多に味わうことのない高揚感と充足感を感じていた。


































































・・・と
いいことばかりで終わらないのは世の常というか。


この季節の下山路はなかなかクセもので
ワカンを履いたり
アイゼンに履き替えたり
陽射しに緩んだ雪面の気まぐれで
脱出不可能になって掘り出してもらったり
最後の最後まで気が抜けなかったけれど
15:30 には無事に中の湯まで戻ってきた。

























玄関先から白い穂高がのぞいている
なんて良いロケーション。



そば茶が優しく沁みわたる。














今日の健闘を自分を褒めてあげよう。



温泉に浸かれば指の先までとろけるようだ。






















3/18  Sun


今日も素晴らしいお天気。

寝起きで入った露天風呂から
しみじみと穂高連峰を眺めながら目を覚ます。




















今日は宿の車で釜トンネルまで送ってもらい上高地へ。

















ちょうど一年前
初めて冬季の上高地へと入った。



いつ来ても素晴らしい場所だけど
長いトンネルを歩いてからの輝く焼岳や
カーブを越えると見えてくる穂高連峰の聳える景色は
やっぱり特別のものがある。





( つづく )






関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 0

There are no comments yet.