宝登山  2018 2/3

しまこ



高校登山部の頃は
高校が西武線沿線にあったので
秩父の山にも何度か来た記憶がある。

でもこの何年かで山を再開してからは
秩父はとても遠い場所となってしまって
来る機会も無いまま今に至ってしまっていた。


八ヶ岳あたりへ行く方がアクセスが良いという、
そんな言い訳で。











「ロウバイ見たことなーい!」


というヨーコチャンが調べたロウバイが見頃の山・・・
それが宝登山だった。

乗り換え乗り換えで
果てにはSuicaやPASMOさえ使えない秩父鉄道は
乗り換え時間に切符を買い直さなければならないという
なかなかスリリングな電車の旅で着いたのは 「野上駅」。





なんだか
なつかしさを感じる風景。










長瀞アルプスへの玄関口。

























人里から
いきなり雪の尾根へ。

サクサク気持ちよく歩けてとても楽しい。








































明るい雪の尾根のアップタウンを繰り返して
林道に出会うと雪の量が一段と増えて。















そして最後の
宝登山名物200段以上の階段を
えっちらおっちらと。










いきなり視界が開けると
そこが宝登山の山頂だった。





雪の尾根や何百段もの階段を
ふーふー言いながら上がってきたけど
山頂についてみれば、

え?スカートの人?てぶら?
んんん?!

そっか、すぐ下にはロープウェイの駅があるから
いきなり賑わい五割増し(笑)





それにしても
なんて眺めがいいんだろう!










そして眼下にひろがるロウバイ園は
雪の影響もあるのかまだ咲き具合はこれからで
あの濃厚な香りの広がり具合も
この冷たい空気にいまひとつ、という感じかな。

でも嬉しそう、ヨーコチャン。















山頂下にある宝登山神社の奥宮の
狛犬はオオカミさま。

完全にオオカミなのはここだけだそう。










節分の山頂デザートは
六花亭の福豆チョコレート♪ 

美味し。















え、ロープウェイ乗らないの?
あ、ハイ・・・w















美味しいお蕎麦でも食べたいね~と話しながら
たらたらと下って行けば
麓には立派な宝登山神社。

長瀞はその門前町、という風情なのかな。















今日は節分。

神楽殿では子供たちによる神楽の舞が奉納されて
滅多に目にすることのない
神聖な時間と空間を共有させていただいた。















舞が終わると豆撒き神事で
ありがたいご利益を少しだけ分けていただく。




















春を迎えて
心も洗われたところで。

おつかれさまでした!

電車の山旅ならではのビールに熱燗に秩父蕎麦。





















長瀞駅の窓口で切符を買うと

「記念切符にしましょうか?」

と駅員のお姉さんが親切に言ってくださり
うれしい旅の記念に。



奥多摩や山梨とも違う風景の
秩父はいろいろな懐かしさがまだ色濃く残っているんだね。

遠いな~というのが実感だけど
また違う季節に来てもいいかな、列車の旅で。






(  おわり  )





関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 0

There are no comments yet.