尾瀬 アヤメ平~見晴 2017 7/22・23  ①

しまこ








夏の鳩待通り。











梅雨は明けて照りつける日差しの中
どこかの稜線を目指すはずの週末は
戻り梅雨のような天気予報となってしまい
テントを担いでさて何処を目指そうか、、、。


山の上に登らなくても歩いているだけでもそれなりの尾瀬ならば
まあ雨に降られたとしても絵になるし
何と言っても日帰りでしか行ったことがなかったので
夕暮れや日の出を迎える時間をそこで過ごせれば
お天気は抜きにしてもそれはそれでいいのでは。。。





ということで。










鳩待峠についてみれば青空さえ出て
至仏山もくっきり見えている。



AM 8:15

人も少なめのアヤメ平を目指してのんびりと出発。



















急登というほどの登りもなくて
何だかんだと普通に話しながら歩けるくらいのゆるい登り。

もちろんテント一式担いでいるのでさらにゆっくりめ
汗をかきながら、でも息が上がらないように。

























たまに青空も見えて日差しも葉っぱに降り注ぐ
樹林帯を抜けると、

あ、出た!














明るく開けた横田代は
柔らかい緑の絨毯を敷き詰めて
点々とホワホワのワタスゲが気持ちよさそうに伸びていた。










こんな景色が見られただけでも
来た甲斐があったというもの。










池塘に映る入道雲、夏の空。

























木道をポクポク歩くけど
振り返れば至仏山や





いつか行きたい平ヶ岳も見えている。




















人も少ないし
気持ち良い景色が広がって立ち止まってばかりで
なかなか前に進めない。










咲き始めのキンコウカの黄色と
鮮やかなサワランのピンクが緑のアクセント。










テント一式担いで
足元のお花を撮るためにしゃがむのは
かなりキツくて立ち上がるときに思わず
どっ、、こい、、しょ、、と唸ってしまうのだけど
思わずしゃがんでしまってから、あ、しまった…と苦笑いばかりしていた。










木々に囲まれて地味な山頂の中原山を過ぎて
ゆるく登り返せばまた開けた所がアヤメ平。




















燧ケ岳かすぐ近くに。




















今日の天気予報は曇りのち雨で
前線の動き如何ではお昼までに雨が降り出してきてもおかしくはないという
かなり悲しい天気予報だったにもかかわらず
ここまでは青空さえ見えていて
なんとかまだ雨が降りそうな気配はない。


うん、持ってるかも。



なんとかこのまま見晴に着いてテントを建てるまで
お天気が持ってくれれば言うことはないね、とこの時は笑っていた。






(   つづく   )





関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 2

There are no comments yet.
taki

「この時は笑ってた」ってどうなるの「来週のこの時間にまたお茶の間で」みたいなじらし 笑。
リュックにテントまで入っているんですか?パッキング上手ですね、景色も最高~、
来週またお茶の間で後半戦を拝見しま~す!

しまこ
油断大敵雨あられ♪

さすがタキさん
スルドイなぁー(^^)

私が気に留めておいて欲しいことを
ちゃんと読んで指摘してくれるなんて♫


さて
この後どないなことになったのでしょうか…
私自身も初体験で(!)
もう、なんだか
無我夢中でしたよ〜(笑)
まあそれは今日アップした分を読んで
あら大変だったのね、とでも少しでも思ってもらえれば
もうそれで報われますので
ホントいい経験させてもらえました。
これからは
トイレに行くにも水汲みに行くにも
とにもかくにもテントは閉めて!
を実践しようと思ってます(^^)


いつも人気のないところに遊びに来てくれて
心から感謝です♪
まだまだ尾瀬編続くので
まて遊びに来てくださいね〜〜(^_^)/