木曽駒ケ岳・宝剣岳・伊那前岳 2017 7/15・16  ①




DSC00050_convert_20170720205937.jpg




旅は道連れ。












念願の五竜。

…へ、行くはずの今週末
北へ行くほど天気予報が悪くなり
いつものように出発時間と待ち合わせだけ決めて
最終天気予報で行き先を決めようということになった。


稜線でテントを張りたいね
その希望だけは何とか叶えられる場所、そしてお天気が良さそうな、、、
そして木曽駒ケ岳へ車は走る。















バス乗り場が遠い…





すでにメインの駐車場は満車状態で
隣のエリアに何とか停められたけど
準備をして切符を買ったら遥か行列の最後尾へ。

「すごいねー、さすが三連休…」

それでも伊那バスさんは混雑時は朝の5時には一番バスを出してくれるので
何時間待てばバスに乗れるかなあと諦めムードだったけど
一時間も待たずにバスにも乗れて
ロープウェイで千畳敷へと向かう。







 

















天空のカフェは雰囲気抜群。





お天気もばっちり。










千畳敷に着いたらしばらくは
うろうろしながら高度順応をする。

すぐに歩き出すと具合悪くなるからね、と
ここのロープウェイの年パスを買って
宝剣岳のサギダル尾根をトレーニング場所にしている
シゲシゲの言うことに素直に従う私たち。






























もうすっかり夏山色の空に足元にはお花畑。
楽しくないはずはない。






























まだまだ残る雪渓を渡る。





八丁坂もやっと夏道が出たというので
アリンコのように待ち兼ねていた登山者が登って行く。

自分もまたアリンコになるんだな。















いつものメンバーともくもくと歩く。





一番キツイ登りにはお花畑が待っていて
ふと足を止めれば遥か南アルプスまで

目の保養♪ 目の保養♪











AM 8:40  乗越浄土


ちょっと一休みしていると
小さな男の子が手に自撮り棒を持ってうろうろしていた。

どうやら誰かの忘れ物らしい。





「そこに置いとけばいいんじゃない♪」


と声をかけたシゲシゲに話しかけてくるかわいい男の子。

お父さんらしき人が私たちのザックを見て、テントですか?と声をかけてくれた。
男の子はお父さんと二人で初めての山テントらしく、
自分のシュラフは自分で背負っているという。


すごいなぁ。。。





そんな間にもシゲシゲはその人たらしの本領発揮 (いい意味で老若男女問わず…)
テレビアニメ 『 アンドロイド山田 』 の話題で盛り上がり
シゲシゲはすっかり男の子に気に入られてしまい
テン場までご一緒しましょうか、ということになった。

(・・・にしても小学一年生といきなり話があうって 笑 )

























歩き出すとタイチローサンが、カメラがない!と言い出して
武尊山でも単独リフト一周して無事に見つかったGRがないという。

乗越浄土で休んだ時かと走って探しに行ったけど
残念ながらGRくんは見つからなかった。















男の子は 「テン」 君 (本名) といい一年生なのだそうだ。

キャンプやスノボには行くけれど本格的な山は初めて
お父さんと二人で山旅なんて素敵すぎるぞ。










遥か八ヶ岳には
山頂を覆い隠そうと真綿のような雲が忍び寄っている。

無理して五竜に行かないで木曽駒ケ岳にして大正解だね。

















見上げれば夏の空、足元には可愛らしい花たち。




夏山だなぁ。





(   つづく   )






関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック