武尊山  2017 2/26 

しまこ




DSC00320_convert_20170227223312.jpg



こんな日もある。












一緒に行くはずだったイズミサンやルリコサンが
来られなくなったと聞いたのは深夜に集合したローソンだった。


久しぶりに登山部で武尊山か天狗あたりね
と連絡がまわってきて
前日の予報を見て天狗と言われていたけれど
シゲシゲとタイチローサンと顔を見合わせて
「武尊山もヤマテンの予報では青空も出るって出てたんだよね…」
「行っちゃう?!」
「いいですね、行きましょうか!」


去年から何度か機会がありながら
(しかもその時は全部ピーカン晴れ)
なかなか行かれなくて
あの景色を見せてあげたいねー、、、と言われ続けてきた武尊山。


こうして
タイチローサンとシゲシゲと
シゲシゲの奥様のリホサンと4人
気楽な車一台で急遽の予定変更
深夜の関越道を走り川場スキー場へと向かう。







登山届を出してリフト券を購入。
ICチップ入りの券には個人の名前も印刷されて
下山後にそれを返すことで下山届にもなり
保証料の500円もバックされるという。

ふーん、すごいなー。







動き出したリフトに乗って山頂駅を目指すけど
・・・ほんとに晴れるの?
多分みな同じ思いを持っているけど
とりあえず口には出さずにアイゼンをつけて
さあ出発。





と、ふと横を見ると
なんか見たことある方たちが…

思い切って声をかけるとやっぱりそうだ!
SNSのフォロワーさん4人とばったり。
しかもその中のMさんTさんご夫婦には
以前八ヶ岳でもばったりしたことがあったりしたので
嬉しくて勝手に親近感を覚えてしまう♪

ちょっとだけお話ししているうちに
置いて行かれそうになりながらこちらは出発。












真っ白ですが。

風はほとんどなく
雪はちらちら
白くてもちろん何も見えないわけだけど
アイゼンはよく効いて
歩きにくさはそれほどないので
歩いていても嫌ではない。




















ずいぶん両側切れ落ちてるなー…

下まで見えないのでそのくらいの感覚しかなかったけれど
そこが剣ヶ峰だよ、と通過した後から聞いた。










剣ヶ峰からの下りの核心部も昨日のトレースのためか
予想していたほどの大変さは感じなくて済んでしまった。







「リフト動いてますか?」

下から声をかけられてそちらを見ると
昨日は雪洞に泊まったツワモノたちが
出発の準備をしているところだった。






真っ白な中を進んでいく。
先頭を歩くタイチローサンは
もう何度も来ているのでルートは頭に入っている。
それでもこの白さと
ところどころ消えているトレースで
何度かルートを探す場面もあった。






AM10:45

これでもう少し風雪が強ければ
引き返していたんだろうけど
白い斜面を見ながら歩いているうちに
結構あっさりと山頂に着いてしまった。














山頂は寒すぎて写真を撮るだけで
ほとんど休憩らしい休憩もしなかったけれど
後から来たフォロワーのMさんと一緒に写真に収まり
名残惜しかったけれど
この白さと寒さじゃねと納得させて
やっぱりあっさりと山頂を後にした。








DSC00341_convert_20170227224258.jpg










































帰りの剣ヶ峰への登り返しの雪の斜面は
アイゼンのありがたさを噛み締めながらの登りで
登りごたえがあったなぁ。





ここが剣ヶ峰ね。
帰りにちゃんと確認して(笑)































もうリフトが見える場所までおりたら
このところプロのガイドの方から指導を受けているシゲシゲが
滑落停止の講習をちょっとだけしてくれた。













今日のこの天候でも不安なく歩けたのは
シゲシゲやタイチローサンのおかげなので
ここは真面目に聞いておかなくちゃ。

プロのガイドさんと滑落停止訓練をするときは
滑落役はソリで滑り降りるという・・・
それは物凄い衝撃で
受け止める側はカラダががたがたになるんだよ、
とシゲシゲは教えてくれた。







PM12:30

リフトを一本下りてお茶にしようか。
そうしておりてきたこちらは青空がまぶしかった。














スキーヤーやボーダーを眺めながら山頂デザートも。



相変わらず山頂付近は雲の中。
まあ、こんな日もあるさ。
















さて温泉へ。







川場スキー場のある川場村は
世田谷区民にとってはとても馴染みのある場所で
川場村には世田谷区の保養施設があり
世田谷区の小学生は5年生になると
川場村に移動教室に行っていたりして
何かとなじみのある場所になっている。


そんなご縁か世田谷区のいろんな催しの際には
大抵、川場村のテントもたてられて
川場村の特産品の販売があり
イチオシの飲むヨーグルトやハムやソーセージの詰め合わせは
本当に美味しんだな、これが。


ここもそのひとつ。


















あまり知られてないのかもしれないけれど
日帰り立ち寄り温泉もやっていて誰でも350円で入れてしまう。



広々とした温泉にゆっくりつかったら
遅いお昼を食べに道の駅田園プラザへ。





お品書きの写真より3割大きな天ぷらに
みんなで驚いたりしながら
美味しいお蕎麦も食べて大満足。




午後の日差しに照らされて晴れてきた山々を眺めながらも
白くて楽しくてでもまた来る理由ができた武尊山。


また近いうちに来ることになるのかしら。。。





(  おわり  )




関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 0

There are no comments yet.