小梨平の二日間 Ⅰ 2014 9/27 28

しまこ




9月の終わりの週末
私が敬愛する友人達と
小梨平でキャンプをすることに。





この夏の間の天候不順も
9月に入ると少しずつ落ち着いてきて
この週末はどこも安定したお天気という嬉しい天気予報。

しかも
前日までのヤマケイオンラインなどの山のニュースでは
この週末の涸沢は
一番の見頃になりそうだと伝えていた。



でも小梨平でキャンプ。


少し早めの紅葉シーズン真っ只中
上高地まで入っておいて山に上がらない・・・・なんて

なんて贅沢。






前夜に都内で待ち合わせて沢渡へ。

先発3人で沢渡から一番のタクシーに乗って上高地へ入ります。

DSC00224_convert_20141222193510.jpg




DSC00225_convert_20141222193604.jpg




天気予報も晴れマーク保証付き。
今日の行程は小梨平まで行けばいいだけ…
でも一番のタクシーに乗って。




ゆるゆると
河童橋へ向かいましょうか。

DSC00226_convert_20141222193631.jpg





DSC04078_convert_20141222195018.jpg






DSC04081_convert_20141222195051.jpg






日の出の時間も夏場と比べるとそれなりに遅め。

まだ陽が射さない河童橋のあたりはひんやりと。


DSC04083_convert_20141222195153.jpg




DSC04084_convert_20141222195254.jpg





DSC04082_convert_20141222195117.jpg



穂高もまだベールに包まれて
雲がその山肌を撫でるように静かに漂うばかり。

朝の静かで美しい時間。

DSC04086_convert_20141222195317.jpg




DSC04089_convert_20141222195340.jpg





DSC04091_convert_20141222195406.jpg





あっちを眺め
こっちを眺め

ぷらぷらぷらぷら。



DSC04094_convert_20141222195459.jpg




DSC04097_convert_20141222195712.jpg





DSC04095_convert_20141222195528.jpg





涸沢が紅葉の見頃ということは
上高地のあたりまで紅葉が下りてくるのはもう少し後、
ということなんだけど
見上げれば秋がたくさんいる。




DSC04098_convert_20141222195741.jpg





DSC04099_convert_20141222195804.jpg






DSC04100_convert_20141222195826.jpg




小梨平へ着いても
まだテントの受付の時間までは早いけど


DSC04102_convert_20141222195922.jpg





まぁでもとりあえず川のせせらぎのほとりに家を建てて
朝ごはんをたべましょう。


DSC04104_convert_20141222195945.jpg






DSC04117_convert_20141222200012.jpg





朝ごはんを食べ終わる頃
穂高もやっと眠りから覚めてきて



DSC00232_convert_20141222193659.jpg




DSC00234_convert_20141222193726.jpg





DSC00236_convert_20141222193752.jpg





DSC00237_convert_20141222193824.jpg





DSC00245_convert_20141222193851.jpg


食休みしながらしばし穂高を鑑賞。





おなかも落ち着いたところで散歩にでも行きましょうか。

ぷらぷらと。 


DSC04120_convert_20141222200041.jpg





DSC04121_convert_20141222200108.jpg





DSC04123_convert_20141222200135.jpg





DSC04126_convert_20141222215926.jpg





今回の山頂デザートは
五千尺ホテルのアップルパイと決めていた。



8月に日帰りで来た時に
五千尺ホテルのレストランでは
持ち帰り用を売ってはいないと聞いていたので
河童橋を渡った向う側、五千尺ロッヂまで買い出しに。

4人で食べるだけだけど、ここはもちろんホール買いで。





河童橋を渡ると向こう側は
かっぱばし。
味のある字が書かれています。

DSC04131_convert_20141222220035.jpg




見上げると
朝陽が落とす山の影が雲に写っている。

こんな光景初めて見たなぁ。

DSC04128_convert_20141222215949.jpg




DSC04130_convert_20141222220012.jpg




アップルパイを買って
ぷらぷらぷらぷら。



DSC04132_convert_20141222220124.jpg



今日は山のぼる人ではなくほぼ一般観光客(笑)



DSC04133_convert_20141222220154.jpg




ぷらぷらぷらぷら。



DSC04134_convert_20141222220228.jpg





DSC04135_convert_20141222220247.jpg





DSC04139_convert_20141222220345.jpg




テントの受付をしたら
売店をぷらぷら。
ここは何でも売っている、しかも下界の値段とほとんど変わらず。
また出直すのもナンなので
お買い物して帰ります。

赤と白の一升瓶のワインを一本ずつ。

DSC04142_convert_20141222220404.jpg





DSC04143_convert_20141222220458.jpg





とりあえず味見…

DSC04144_convert_20141222220519.jpg




ん、美味し ♪
…だったらおつまみも必要だね


DSC04152_convert_20141222220543.jpg



DSC04153_convert_20141222220607.jpg

まだ朝ですけど、なにか。






奥上高地や涸沢へ上がるであろう
大きなザックを担いだ山やさんが
足早に歩いていくのを横目に眺めながら
たわいもない話をしながら過ぎていく遅い朝の時間。



DSC04155_convert_20141222220637.jpg




DSC04156_convert_20141222220704.jpg




せせらぎの音がBGM。
木の間越しには穂高の稜線。
木漏れ日の眩しさと温かさに
身体中のネジが全部ゆるんでいく。



DSC04158_convert_20141222220831.jpg




DSC04160_convert_20141222220902.jpg





そんなところへ後発メンバーも合流。


おつかれさま!

…とりあえず。乾杯。




DSC04184_convert_20141222222218.jpg




DSC04185_convert_20141222222239.jpg





DSC04186_convert_20141222222300.jpg





DSC04173_convert_20141222222126.jpg





( つづく )




関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 4

There are no comments yet.
taki
のんびりもいいですね

山へと足速にむかう人々を見送りながらのんびり散策、余裕のワイン。良い意味で勘違い?or先入観でしょうか、女性らしい優しい写真ですね。

しまこ
のんびりっていいですね^^

いつもだったら、私は小梨平を横目に見ながら
足早に通り過ぎて山へ向かう人。

こんな過ごし方があるんだなって
この年にして初めて知った喜びです(笑)


朝のワインは最高♪
勘違いでも先入観でもないですよ、
私、女らしいですから(笑)
実際会ったらなんと言われるかわからないので
このへんにしておきますが・・・

・・・半分ウソ^^
この小梨平キャンプに関しては
カメラがいつものコンデジではなくて
一眼レフで撮った写真が多いのでそんな印象うけるのかも。
でもそんな風に言っていただけて嬉しいです(^^)

sho
愛おしい日々^^

ずっと笑顔。
ずっと笑顔が途切れないキャンプ。

身体のネジが全部抜けてく感覚^^
ビール・・・ワイン・・・バーボン・・・焼酎・・・・
どんどん堕ちてゆく・・・
どんどんダメになってゆく
感じがもうたまらくいい。


みんなバラバラの場所に住んでいて。
この日、この場所で縁を深める。街中とは違う濃さ。
ひとつひとつのシーンがステキな想い出となって
記憶の一番居心地のいい片隅に・・・おさまる。


しまちゃんの写真の切り撮りかた、キャプの添え方、
どれからもシアワセが伝わってくるね。
シアワセが溢れているね。

しまこ
だってシアワセだったから^ ^

写真の撮り方、キャプの添え方が
師匠に似てきた、って言われましたよ^ ^

弟子にとっては嬉しい言葉だけど
(だって、師匠みたいな山の写真が撮りたいと思って
自称・弟子を名乗ってるわけだし 笑)
師匠にはご迷惑かな…
でもシアワセが伝わったなら
ま、いっか^ ^


あの身体中のネジが緩んでいく感覚…
朝からワイン。ビール。バーボン。焼酎。
ちょっとした背徳感と、それとはウラハラに
堕ちていく自分を別の場所から見る自分。
…いいの、楽しかったから。

次回は日本酒も、ですね。


でも私一人が
いつも時間に追われる山歩きをしてたので
最後まで時間を持て余す感覚で
どーしてたらいいの~って叫んでた気が^^;
それが唯一の反省点。

山で繋がったのに会うのはいつもネオン街(笑)
それがようやく山の中でその縁を深められる♫
こんな素敵なことが実現するなんて
笑顔にならないわけがない。
なんてったって私が敬愛する方たちとのキャンプですから^^

LOVE山繋がり。


私にとっても愛おしい日々^ ^