日光澤温泉  2017 1/28・29  ②

しまこ







雪の楽しみ。



























くるっ、くるっ、くるっ、とね。






二つの橋を渡っていくと
ようやく開けて光の世界が待っていた。




















川面には光がこぼれてあふれて跳ねかえり
空を見上げて体いっぱいに光を浴びると
じんわりとその温かさが染み渡っていく。

















雪の中の幸せ。






そうなればもちろん・・・





TSU・RA・RA・オン・ザ・ロック♪




透明で混じり気のない
綺麗なツララに注いだ白州は
澄んだウヰスキーの味がして
きゅー、ッと胃の腑に染みこんでカラダを温めてくれる。



たまんないなぁ。これ。










雪の上に座って
オンザロックを飲んで
温かいラーメンを食べて
見上げれば青空だけ広がって・・・
この場所で根を広げて大きく腕を広げた
この木の気持ちが少しだけわかる気がした。












八ヶ岳あたりのスノーシューツアーなら
何十人も列をなして歩いて行くんだろうけれど
日光澤温泉スノーシューツアーは
ほとんど貸し切りの贅沢さ。












ふんわりとふくよかな雪は「鑑賞」という言葉がぴったりな。
梅原龍三郎、あるいはマティス、、、の裸婦が横たわっている。







































穏やかで日向だと暖かく感じるくらいの午後の日差し。

川幅も狭まってきて
川岸や岩に積もる雪の感じもなんとも言えなく素敵。



光の春。











でも調子に乗って歩いていると・・・








スノーシューの洗礼を受ける・・・

幅の広いスノーシューは
狭いところを通ろうとすると片方を踏んだまま気付かずに
前に足を出そうとして足が出なくて転倒・・・


うう、助けて。。。












午後1時45分
ようやく八丁湯に到着。
八丁湯とロゴの入った自前のブルドーザーが置いてあるあたりに
ただごとではない雪なんだという実感が。





洒落たログハウス風のコテージもあるけど
本館の落ち着いた風情と玄関の電灯がまたいい感じ。










送迎バスだと駐車場から15分だよ、
トトロが無言で語ってくれた。


























八丁湯を越えると
さらに更にマシュマロ感の増す雪景色を眺めながら
思わず撫でて頬ずりしたくなるよな
午後の光に陰影を落とす雪の肌を
なんて綺麗なんだろうと
いつか谷川岳で初めて雪を美しいと思ったシュカブラとは
真逆の雪の光景にただただ魅入るだけだった。





(  つづく  )





関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 2

There are no comments yet.
sho
それはそれは贅沢な時間。

お返しは3.14に
とも思ったけど…ダメだ。無理だ。
ましてや世界中のshimaファンからの
お返しにチョコメは紛れてしまうだろうし…



という事で早速。笑。




これまた山頂デザート始って以来の…
と思わせるほどのゆる旅!何かあったの? なんて思わせちゃう。


今迄の山苦労(!?)を全て払拭するかのような
のんびり感。

大丈夫?
こんな山旅覚えてしまうとこれからの体育会系登山に
支障をきたすのでは・・・・
と文化系目指すボクはとっても心配に。


なんだろう。
この日光澤編を見ながらボクの脳内BGMにはずっと
「私の青空 My Blue Heaven」が流れていたっけ。


夕暮れに仰ぎ見る  輝く青空 ♫
日暮れて辿るは  わが家の細道
せまいながらも 楽しい我家
愛の灯影の さすところ
恋しい家こそ 私の青空 ♫


なんか読んでるこちらまでシアワセな気分に
させてくれるshimaっちの山旅(今回はまた特に)。


これも雪のせい?
全部雪のせいにしてぇ。


青空と雪って最高の恋人同士。
まちがいなく両想い。


えっ!?誰だ。
少しくらい雪も降らせてくれなきゃ画にならない…
なんて言ってるイケズのヤロウは。笑
まぁ軽いジェラshoはいつものことだけど。



それにしても
初めてって…
いつでもわくわくするね。
どきどきするよね。

スノーシューからちょっとイジワルな洗礼受けちゃうのも
ちゃんと愛されているせいだから許してね^^

って写真撮ってないで
助けてやれよベイビーだよって。笑





カット一枚一枚の感想は文字数もあるので割愛させて
頂きますわ。書きたかったなぁ………



…つづく

…背徳編は。笑

しまこ
贅沢な時間を有りがたうさーん♪




あは♪
世界中からのお返しとか
有り得ない……
お師shoさま一筋なワタクシなので
ほかからお返しコメなんて来ないしw ^^



何かあったの?って
…そうなんです、宗旨替えしたので(笑)

もう、体育会系登山なんてできない体に…
こーんな、ゆるゆるやわやわふわふわうきうきな
スノーシューツアー(しかも温泉付き)なんて覚えちゃったもんなら
もう日帰りがっつり山頂目指す登山部の山なんて行けないし…
(でも行くけど)

ワタシハコレカラドウシタライイノダロウ^^

ああ、どうしてくれよう…
てな気分。



私の青空🎶

もちろん!?
リアルタイムでは知らないけど
思い出したこのメロディー。
確か「青空」って洗濯機のCMに
使われていたんじゃないかなー
(そーだ、日立の洗濯機。昭和だ〜 汗)


朝からずーーーーーっと青いままの空は
え、これ、いいの?あとでいきなり吹雪とかこないでね…
って思わず言いたくなるような
なんとなく青空のままなのが申し訳ないような
(…何ででしょうね、何も悪いことしてないのに 笑)
てか、初めてが待ってるこの山旅迎えるまでも
ほんとにこのままその日を迎えられるのかしらん…
てドキドキわくわくな、、、

これも全部雪のせい、
ってことにしちゃっときましょうか、ね?!



いーんです…
助けてもらえなくても。。。

スノーシューの洗礼受けても
苦難は自分で乗り越えるべし!って
日頃から登山部で鍛えられてますから(泣)



にしても
全部冬のせいだ!
って誰かに思い切り言ってみたいような日光澤温泉。
(意味不明)

でも冬と仲良くなるのは
やっぱり冬が好きな人と
一緒に歩くのが一番なのかなぁ
と想った山旅。
こんな山旅を提案してくれたヒトに
「有りがたうーーー♪」
って上原謙みたいに爽やかに手を振りながら
お礼を言いたい気分です(^_^)


あ、山デザは文字数制限ありませんので
一枚一枚の写真にコメ、大歓迎ですよ♡
つづきの背徳編も楽しみに♪ 笑。