甲武信岳Ⅱ 201412/7

しまこ






源流の碑のあたりの寒さも
そこからのひと登りで結構息は上がり身体もすぐに温まってくる。







DSC01392_convert_20141215065937.jpg






主稜線に出ると差し込んでくる陽射し。
例え木の間越しでもそれに目を細め浴びるだけでも
身体の何かが目覚める感じがする。







ここから山頂までは奥秩父らしい樹林の縦走路となり、
甲武信岳の山頂直下、あとひと登りを残すところで富士山側の景色が開けてくる。




DSC01395_convert_20141215204658.jpg







DSC01396_convert_20141213072540.jpg






DSC01397_convert_20141213072613.jpg





DSC01400_convert_20141213072720.jpg






DSC01402_convert_20141213072759.jpg







あぁ
今日もありがとう。


DSC01398_convert_20141213072647.jpg







また、来たよ。


DSC01406_convert_20141213072830.jpg





今日は風もなくて
真正面に陽の光を浴びていると本当に暖かい。



山頂でごはんにしようか。

うんうん。




まさかこの時期この山頂でお昼が食べられるとは予想していなかったので本当にしあわせ。





DSC01419_convert_20141214205347.jpg





とりあえずホットワインを作って、準備している間に飲んでもらって。
むせないように注意しながらも胃の腑に染み渡る特製ホットワイン。


いつから山でホットワインを作るようになったんだろ。
なんか好評でそれからずっと
冬でも夏でも私はホットワイン係とされて、
どんな山でも絶対にワインを担いで来てると思われているフシがある(笑)


さすがに今日のお昼は各自用意だけど、
こういう時に食べるカップヌードルもそれはそれで美味しいんだよなぁ~




そして今日は、シゲシゲ(仮称)の山のお師匠様である
イーズミさん(仮称)ご夫妻が二人とも12月生まれなので
お誕生日バージョンの山頂デザートは二種類盛り^ ^



DSC01409_convert_20141213072859.jpg


いつも仲良いお二人は本当にステキ。






DSC01415_convert_20141213073020.jpg




何かで読んだ、
この甲武信岳の山頂をつまらない山頂だと書いている人がいたけれど、
なんでそういうこと言うかなぁ…とずっと思っていた。

確かに広いわけでもないし、もちろん個人の主観だからそれはそれでいいんだけれど、
南には富士山の、左右均等に優雅に広げた裾野を望めて、
奥秩父の縦走路の先に目をやれば五丈岩聳える金峰山




DSC01420_convert_20141214205439.jpg




朝日と国師の間には
奇跡のようにそこだけ切り取られた白根三山、北岳間ノ岳農鳥岳が
今日もひときわ白くかがやくその姿を見せている。





DSC01422_convert_20141214205511.jpg






DSC01427_convert_20141214205545.jpg





今日は山頂に他に人もいたので叫ばずに(笑)ココロの中で
こうしてまた、
全てが始まったこの場所にこれたことを感謝して下山しましょうね。





分岐から先の金峰山まで続く縦走路。
ここもいつか歩いてみたい道。


DSC01433_convert_20141214205737.jpg




さすがにこの時期は動物たちの専用道路。

また気持ちよさそうに道の真ん中歩いてるんだよな~誰だか分からないけど^ ^

DSC01432_convert_20141214205649.jpg






IMG_0047_convert_20141214211519.jpg





DSC01443_convert_20141214210110.jpg





下りはサクッと源流の碑。



登りは凍りそうに寒くてそれどころじゃなかったけど
せっかく来たので源流のお水をいただきます。




DSC01437_convert_20141214205808.jpg



とてもまろやかで豊かな森を感じさせる本当に美味しいお水でした。



DSC01440_convert_20141214205837.jpg




ここから、千曲川は流れ信濃川となって遥か日本海の河口まで流れていくんだね。




DSC01442_convert_20141214210040.jpg






それにしても・・・


この豊かな森や流れを抱えるこのコース、

新緑や紅葉や、
毛木平にクリンソウの花が敷き詰める季節や、
それこそシャクナゲの季節、
…ではなく
なんでわざわざこんな時期にまた来るのか…



自分でもそう思うけれど
仕方がない、
3年前に来た時に見た
流れに咲く氷の華が忘れられなかったから。



DSC01444_convert_20141214210147.jpg





DSC01446_convert_20141214210302.jpg





DSC01448_convert_20141214210329.jpg






かなりな冷え込みにならなければそれは造られないし
かと言って
雪が積もってしまえばその姿を見ることも出来なくなる。

偶然にも前回それを目にしてしまって、多分、虜になってしまったんだ。


流れが氷となって雪に出逢う前のほんの一瞬見せる、極上なレースのような姿とその透明な輝き。




DSC01449_convert_20141214210403.jpg





DSC01450_convert_20141214210428.jpg





DSC01451_convert_20141214210457.jpg





DSC01455_convert_20141214210529.jpg





DSC01456_convert_20141214210634.jpg





DSC01457_convert_20141214210701.jpg





DSC01458_convert_20141214210731.jpg




だから
もう一度来たかった。
この時期に。






流れを渡り返して毛木平へ戻る道。



DSC01465_convert_20141214210804.jpg





DSC01470_convert_20141214210837.jpg






前を歩くイーズミさん(仮称)ご夫妻。

イーズミさんは若い頃、オリエンテーリングの全日本代表にもなった方。
トレランやマラソンもこなし
百名山もあと水晶岳を残すのみ、
奥様もあと8座で百名山達成という凄いご夫妻。

でも別に百名山だけ登ってるわけではないところが
素晴らしくて、理想的なご夫婦。



DSC01479_convert_20141214211041.jpg







DSC01481_convert_20141214211116.jpg







ナメ滝まで来てしまうと
なんとなくもう先の道は緩やかになって
この山行の終わりも見えてきてしまう。


ナメ滝の流れを見ていて切なくるなる瞬間。



DSC01485_convert_20141214211211.jpg





きっとまた来るんだろな。
この時期に。





DSC01489_convert_20141214211301.jpg





前を歩くメンバーの背中を見ながら
今日も無事に歩けたことに
そしてまたこのコースを歩けた事に感謝して




DSC01492_convert_20141214211347.jpg




これが今年の登り納め。




DSC01494_convert_20141214211434.jpg





いつも
黙っていろんな思いを受け止めてくれて
私が私であることを許してきてくれた山山。
あなたたちのおかげで
今の私がある。

また来年もよろしくね。







○今日の山頂デザート○

 ・ブリュレバウム
 ・ラップクレープ




( おわり)





関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 4

There are no comments yet.
sorano

山頂でホットワイン♪
イイですね~イイですね~
私はまだホットワインを呑んだことないのですが^^;
温めるだけイイのかな~?

2014年の登り納め、おめでとサマ(o´∀`)ノ

登り始めという楽しみが、お待ちですね♪

  • 2014/12/16 (Tue) 15:29
  • REPLY
しまこ
ぜひお山でホットワインを

ソラノさん♪

なんと、ホットワインを飲んだことないですか!
それはもったいない^ ^

ワインを温めるだけだとちょっとそっけないので
私は、シナモンパウダー(スティックならなお◎)と
お砂糖少々と
グランマニエをひとたらし♪

熱々はむせるのでフーフーしながらぜひ飲んで見て下さいね〜

寒い冬のお山ではもちろん、
夏でも結構いけるんですよ。
まあ、夏の暑い時はホットにしないで
ワインそのまま飲んじゃったりしますけどね(-_^)

今年の登り納めも終わってしまい…ちょっとショボンな年末で、
来年の登り初めまでちょっと間があきそうな^^;
登り初めはどこになるかな〜
それを考えるのを楽しみに年越ししようと思います^ ^

あ、まだ過去山もアップする予定なので
また遊びにきてくださいね〜♪

  • 2014/12/16 (Tue) 20:36
  • REPLY
紅葉
流れに咲く氷の華

こんにちは!しまこさん。
登り納め、お疲れ様でした。

「流れに咲く氷の華」素敵ですぅぅ☆
透明に輝くレースを私もいつか見てみたいです!!
降雪すれば見られないし、、タイミングが難しそう。。

もちろん、その時はホットワインの準備をして~ 笑

来年も楽しみにしています♪

  • 2014/12/23 (Tue) 13:55
  • REPLY
しまこ
氷の華をその目で見たら

紅葉さん~♪
こちらにも来てくださってありがとうございます。
とっても嬉しい~^^

家庭の事情で(笑)早々と登り納めとなり・・
来年も春先まではおとなしくしてないと、という感じなので
この甲武信がお天気に恵まれて
本当にありがたかったです。

氷の華・・・
勝手に私がそう呼んでいるだけなのですが
あの透明感、
あの繊細さ、
ひとつとして同じ形はないそれを
紅葉さんにもぜひ見ていただきたいな~・・・

三年前は12月の三週目くらいだったけど
今年はもう多分雪の下かな。
本当に一期一会なんですよね。

防寒だけは完璧にして
ワイン担いで行ってみてくださいね♪

あ、でも
来年私が行く方が早いかな(笑)


いつもツイの方でもコメントありがとございます。
本当に嬉しいんですよ~♫
またこちらにも遊びにきてくださいね♪