白馬大池~白馬岳  2016 8/20・21  ⑤

しまこ



ガスときどき晴れの山頂は
次から次へとかなりの人で賑わっている。



天気予報ではお昼から雨になるかもしれないと
小蓮華山で引き返す方もいたくらいなので
また白馬岳の山頂まで来れた、しかもこの景色の中を。

それだけで本当に嬉しかった。




そんな余韻に浸る間も無く
シゲシゲとタイチローサンは、

「先に戻って、雨が来る前にテントを撤収してるから女子たちはゆっくりしておいで。」

と言い置いて、何か言い返す間も無くふたりでササッと風のように下っていった。
(多分本当に風のようだったのだろう。あとで聞いたら白馬大池まで一時間半で下ったということだから…)







本当は白馬山荘の展望レストランで
ケーキセット食べたいね~、と来る前は話していたけれど
さすがに男性二人にテント撤収させておいてそこまでは。。。


山頂で写真を撮りあって一息ついたら行きますか。
真っ白な景色になる前にね。




















女子三人で帰る雲の上の道。


咲き終わったウルップソウがまだ形を残していた。
そういえばこのあたりはツクモグサもたくさん蕾をつけていたんだよね。

























がっつり歩くのは久しぶりとか言いながら
先頭を行くサチのペースは素晴らしい。

上りも下りもリズムよく
後ろを歩いていて本当に心地よいのは
永年一緒に歩いてもう身体が覚えているからなんだろうな。



















小蓮華山の山頂への登り返しで
他の人たちが立ち止まっている。

雷鳥だ!

見たかった雲海も見れてあとは雷鳥だけ…
と言っていたカヨチャンにちゃんに頑張って歩いてきたご褒美が待っていた。





ただ悲しいかなカヨチャンのフィルムカメラは望遠が効かない。。。


「撮っといてください!!」

オッケー、しっかり撮っておくからね。
よかったね、逢えて。











そして小蓮華山を過ぎるといよいよガスの中。


雷鳥が見れたところでとうとう山は白いガスに包まれてしまった。
日の出を眺めた船越ノ頭も。


















AM 9 : 45

ただいまー!

真っ白けな大池のテン場に戻ったのは
ちょうど最後のテントが片付くところだった。






一時間半でで下ってきたという二人は
とりあえずかけつけ一杯、ビールで乾杯したそうな。。。

コーラ飲みたいね~
と言いながら下山してきた女子三人は
コーラを分け合ってひとごこち。





















そしてとうとう何も見えなくなった真っ白な道をひたすら下る。


雨に降られず本当によかった。














PM 12 : 15

陽射し眩しい栂池に下山。
おつかれさまでしたのソフトクリームが美味しかったこと。






こうして終わった白馬の夏休み。




『サチの夏休み』

と題されたLINEグループの白馬のアルバムに
みんなが入れてくれた写真を見返しこれを書いていた。

次から次へとやってくる台風と
その間に照りつけるまだまだ厳しい残暑の陽射し。



夏休みの間の北アルプスの余韻に浸っている間にもう9月になって
サチは長い夏休みを終えて機上の人となった。

また新しい土地で大変なこともあるだろうけど
またいつかみんなで一緒に歩ける日を楽しみにしてるから。





(   おわり   )






関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 0

There are no comments yet.