景信山~高尾山 ② 2016 5/14

しまこ


DSC00525_convert_20160529091016.jpg









足もとを見ても
目の前を見ても
見上げてみても
みどりに囲まれた空間。


DSC00415_convert_20160528213034.jpg




DSC00416_convert_20160528213059.jpg




DSC00419_convert_20160528213133.jpg




DSC00422_convert_20160528213200.jpg




DSC00423_convert_20160530210624.jpg




DSC00424_convert_20160528213228.jpg



沢から離れてしばしの急登。

ゆっくりとゆっくりと
息があがらないように。
でも今日は急ぐ必要もないので
さらにゆっくりと。

DSC00425_convert_20160528213301.jpg



DSC00426_convert_20160528213345.jpg



DSC00427_convert_20160528213412.jpg




DSC00428_convert_20160528213445.jpg



DSC00430_convert_20160528213529.jpg


立ち止まっては上を見て下を見て
開ければ遠くを見て
気配だけ感じながら
静かな登山道を歩いていく。


DSC00433_convert_20160528213605.jpg




DSC00434_convert_20160528213640.jpg



DSC00435_convert_20160528213713.jpg



手に触れると
ぱちっ!とはじけて
そのはじけ方が
予測不可能なはじけかたなので
何度触っても 「わっ!!!」と、思わず手を引っ込めてしまう・・・(笑)
(ひそかに君をパチパチ君と名付けます)

DSC00440_convert_20160528213829.jpg



DSC00442_convert_20160528213906.jpg



DSC00443_convert_20160528213944.jpg



DSC00446_convert_20160528214023.jpg


林道の終点で体操をしていた
高尾の森づくりの会のボランティアの方たち。
月に一度の活動でこうして森の手入れをしてくださっている。

DSC00447_convert_20160528214105.jpg



DSC00448_convert_20160528214138.jpg



DSC00450_convert_20160528214210.jpg



DSC00452_convert_20160528214241.jpg



DSC00453_convert_20160528214321.jpg




DSC00455_convert_20160528214356.jpg



葉を通してくる光も
葉に照りかえる光も
吹いてくる風にさえも
緑の色が見えるような
世の中のすべてが
みどりいろに染まったような景信山へのみち。


DSC00461_convert_20160528214510.jpg



DSC00462_convert_20160528214546.jpg



DSC00463_convert_20160528214636.jpg




DSC00464_convert_20160528214705.jpg



DSC00465_convert_20160528214808.jpg



DSC00468_convert_20160528214959.jpg



DSC00473_convert_20160528215038.jpg





IMG_2971 かげのぶ





DSC00480_convert_20160528215200.jpg



DSC00482_convert_20160528215246.jpg




DSC00486_convert_20160528215405.jpg





IMG_2720 景信




DSC00490_convert_20160528215503.jpg



最後の階段を上がりきると
それまでの緑色だった空は
思い出したかのように青い空に代わり
景信山の山頂についた。


DSC00493_convert_20160528215600.jpg




DSC00497_convert_20160528215734.jpg




DSC00496_convert_20160528215644.jpg




おつかれさまでした!

記念すべき乾杯は
もちろん冷えたサッポロ黒ラベルで^^

DSC00498_convert_20160528215815.jpg




DSC00512_convert_20160529165904.jpg




一言堂で仕入れたクルミパンは
サーモン、チーズ、アボカドと。

もちろん赤ワインと一緒に。

DSC00515_convert_20160528215929.jpg



DSC00514_convert_20160528215852.jpg




DSC00528_convert_20160528220009.jpg


山の話
写真の話
ブログの話・・・
つきない話をつまみに美味しくごはんをいただいたら
「ありがとう」の珈琲を淹れていただいて山頂デザートを。




( つづく )







関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 4

There are no comments yet.
tahara_t2
山頂アルコール

山で飲む酒は格別。(^_-)
とは言え毎回担いでいく酒の量!!
つまみも兼ねた美味そうなランチ、景色よりそちらの方に目が行ってしまう。(^_^;)

そう言えばいつも飲んでいるワイナリーのスパークリングワイン、サミットで使われたそうです。
おかげでネット販売中止。(@_@。
気持ちは有名になって欲しくない。

>(ひそかに君をパチパチ君と名付けます) こんな実がなるのは知らなかった。
今度探してみようかな。!? 

  • 2016/05/29 (Sun) 21:33
  • REPLY
sho
山の精一杯の おもてなしを受けてsa


気配を感じながら。

気配って
気配りでもあるんだよね。



一緒に歩いていても
気配りひとつで山の印象が変わる。
一緒に歩いていても山そのものの記憶が
濃厚に心に残る山旅って良いよね。


山では人の声よりも
鳥のさえずりや川のせせらぎ
風の音や葉っぱのざわめきが
ずっと素敵なリズムを刻んでいるんだもん♫


うん
パチパチさん^^の弾ける音だって
遠くからでも聞こえるよ。



きゃん
いつものモノ静かなSさんも、もう狂喜乱舞♫
山頂小躍りしちゃったんじゃないかなって位に
嬉しい乾杯!だったんだろうなぁー。

と遠い目で想像してみたりして・・・

きっと照れて口では言えなかったのかもね

素直に・・・

"ありがとう"って。可愛いヤツ。


あぁ
一気に読んじまったけど、もう最終章かな?
なんかもうこの先、勿体なくって読めないな^^



しまこ
担げる分だけね♪



なんだか私がいつでもどこの山でも
山頂でアルコールにまみれているみたいな 言われ方…(笑)

こんなことができるのは
もちろん高尾だからこそなのは
まあ、もう、タハラさんならお分かりでしょうけど(^^)b
しかも、何でも担いでいけばいいかというと
そういうわけでもなく
一緒に行く人の好みや嗜好を事前にリサーチして…
なんて大げさなことはないですけどw
美味しい山頂での乾杯ができればいいな♪
くらいには。。。

ワイナリー巡りもするタハラさんだから
美味しいワインは詳しそう。
サミットで使われるなんて凄いですね〜
日本酒の獺祭みたいに貴重品になっちゃうのかな。

いつの日か
タハラさんが高尾へ来ることがあったら
私がご案内しますから
美味しいワイン担いで来てくださいね〜(^_-)

しまこ
山はいつでも受け入れてくれるkara。



気配は気配り。


ああ…本当ですね。
言われて初めて気づいたかも。

気配りなんて
細やかに出来るタイプじゃないけど
初めて一緒に歩く人は
山を歩いてる人ならなおさら
その人のペースやスタイルがあるから
なるべくそれを邪魔しないように
様子を見ながらご一緒させていただく…
そんなつもりで歩いていますが
実のところ自分はおしゃべりも得意じゃないし
気の利いたことも言えないから
担げるものだけ担いで(往年の歩荷訓練のおかげ?笑)
山の中にいられればそれだけでよかったりするんですよね。


今回は
急な話だったから
事前の準備も出来ず
豪華に見えても結構簡単なものしか用意できなくて(汗)
でも(勝手に言ってるだけですが)師と仰ぐsさんとの
乾杯ビールだけは何はなくとも自力で担いで行こうと
これだけは決めていたので
無事に乾杯できて胸をなでおろしたのでした^^

(…実際に山頂小躍り見たかったなぁ…見たかったなぁ……)


にしても
やっぱり「ありがとう」の珈琲なんて用意してるところが
さすが全世界に100万人もfanのいるsさんだなぁ、と(笑)


…なんてことを
爽やかな青空に
爽やかな音楽聴きながら
通勤電車に揺られながら
コメント書きながら
遠い目で思い出したりして。
やっぱり楽しかったなぁ、って^^