景信山~高尾山 ① 2016 5/14

しまこ







深く緑に。









一年の中で一番好きなこの季節。



そして5月の第二土曜日は毎年特別な日。

高校の同窓会山行がその日と決められていて
登山部の顧問だった恩師や
登山部の大先輩方と
楽しく山を歩けるのが楽しみで
何はなくともほかに予定を入れずに空けている日。

でも
今年は諸事情で中止。。。


それならと
高尾駅から小仏行きのバスに乗って
木下沢林道から景信山へ行くことに。


DSC00302_convert_20160528142450.jpg




DSC00305_convert_20160528142516.jpg





DSC00306_convert_20160528142548.jpg



春のお彼岸の頃に来た時には
花に溢れていた街道沿いも
一段と深い緑の匂いに溢れている。


DSC00307_convert_20160528142614.jpg



DSC00309_convert_20160528142641.jpg




DSC00312_convert_20160528142715.jpg




花を探しながら歩いた春の始めの道は
どんな道に変わっているのだろう。

DSC00314_convert_20160528142740.jpg




DSC00315_convert_20160528142806.jpg




DSC00319_convert_20160528142850.jpg




緩やかな流れにミドリだけ写し取る川面。
眺めているだけで穏やかな気持ちになる。


DSC00321_convert_20160528142921.jpg



DSC00323_convert_20160528142946.jpg




DSC00325_convert_20160528143009.jpg




DSC00326_convert_20160528143040.jpg



DSC00329_convert_20160528143113.jpg



DSC00332_convert_20160528143140.jpg


スプリングエフェメラルのように
歓声を上げるような驚きはないけれど
静かに控えめに咲く白い花たちと出逢いながら
緑に包まれて木漏れ日を受けて歩いているだけで
身体中が浄化されていくのがわかる。

DSC00333_convert_20160528143220.jpg



DSC00337_convert_20160528143252.jpg



DSC00338_convert_20160528143322.jpg




DSC00343_convert_20160528143416.jpg




DSC00345_convert_20160528143449.jpg

今日は
その写真のfanで
自分の山の写真の方向性に気づかせてもらった
sさんと歩かせていただくことに。




DSC00347_convert_20160528143539.jpg





DSC00349_convert_20160529082143.jpg




DSC00351_convert_20160528143623.jpg



DSC00355_convert_20160528143703.jpg




DSC00361_convert_20160528143741.jpg




DSC00362_convert_20160528143828.jpg


春の始め
岩にしがみつくように
ハナネコノメたちが咲いていた沢沿いの岩場は
深い緑の苔に覆われて
もう初夏を思わせる陽射しに照りかえっていた。



DSC00366_convert_20160528145735.jpg



DSC00370_convert_20160528145805.jpg



DSC00371_convert_20160528145829.jpg




DSC00373_convert_20160528145926.jpg



DSC00372_convert_20160528145856.jpg



DSC00380_convert_20160528150032.jpg








この、一段階深緑になった季節に
こんなにも「緑」とだけ向き合って
山を歩いたことがあっただろうか。。。
カメラをのぞきながら
葉っぱの一枚一枚が
こんなにも表情豊かだったことに
いまごろ気が付いている。


DSC00382_convert_20160528150059.jpg




DSC00387_convert_20160528150128.jpg



DSC00388_convert_20160528150158.jpg



DSC00389_convert_20160528150238.jpg




DSC00392_convert_20160528150310.jpg




登山道と離れ滝へ寄りみち。


DSC00397_convert_20160528150437.jpg




DSC00398_convert_20160528150506.jpg




DSC00402_convert_20160528151232.jpg




DSC00405_convert_20160528151302.jpg




DSC00412_convert_20160528151435.jpg








また今回も
山頂まで行けなくてもいいかな、別に。。。
と、思ってしまうような光景に
足取りは軽いけれど早くは進めない。







( つづく )








関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 2

There are no comments yet.
sho
緑が視界を埋め尽くす頃ni


一年の中で
一番好きな季節には
一番好きな場所に
一番好きな誰かさんと・・・出来れば行きたいもんですネ^^


本当に美しい季節。
5月はあと2〜3カ月は欲しいよね。

って、
じゃ、1年のうちのどの月を削るの?
なんて訪ねたら、即、んじゃ、ここは人気のない・・・2月とか
なんて答えが返ってきそうな。



森のイノチのリレーも一段落。
春先のちょっと照れ気味だった緑も
太陽の愛情たーんと受けて
まるで日焼けを楽しむかの様に一段と濃くなって
どの葉っぱも夏の準備に大忙し。


しま目線
ちゃーんとその様子がどのシャシンからも伝わってきて
いつにもまして山の空気が静かに流れている感じがする。



あはは
顔は見えないけど・・・
きっとSさんの顔もいつにもまして優しい顔して
歩いているんじゃないのかな^^
でもちょっとこころなしかどこか緊張しているようにも
見えるのは気のせいかしらん?

まぁあの名門"山頂デザート"の被写体になるんだもん
手足が同時に出てないだけでもOKだよね。



葉っぱも一番イキイキする季節。
撮って!撮って!ワタシを撮って!!
嬉しそうな"緑"に永遠のイノチをあげる作業
ボクも好きだなぁ。

眠りから目覚めたイノチが喜び溢れてそこらじゅうで
合唱している・・・


うん
山頂に行かくっても、十分、美味しいデザートに
出逢えいているんだもんね♫


しまこ
いつもとは違う山になるwake。


よのなかにたえてみどりのなかりせば…

と思わず詠みたくなるような季節も
気がつけば水無月にバトンタッチ。


一番好きな場所に
一番好きな誰かさん…との楽しみは
また巡って来る一番好きな季節の機会に大事に取っておこうかな^^

一番好きな5月が3ヶ月もあったら
それは嬉しいけど
2月をカットするのもかわいそうだし(笑)
やっぱりひと月しかないから
どうやって大事に過ごしていくか
行く季節を惜しみながら吟味して山を歩くのかな。
だから一緒に行く人はとてもたいせつ^^
たとえ同じ山でもその人を通して違うものが見えてきたりするから。

初めて一緒に山を歩くsさんは
山を楽しんでもらえたのかな。
もし後ろ姿のその向こうで
いつもにも増して優しい顔して
歩いてもらえていたならそれは嬉しいけど
とても緊張してたようには…(笑)


春のお花も一段落したこの時
みどりの世界はどんな景色を見せてくれるのか
実は行く前の期待値は60パーセントくらい…
でもそれはゴメンなさいっ!ていうくらい
すぐに120%まで急上昇しましたけどね♪

ぐりーん♪Green♪グリーン♪の世界は
どこかで予習したつもりだったけど
それ以上の素晴らしいみどりで視界を埋め尽くされて
本当に幸せな時間でしたよ^^