安達太良山 ① 2016 4/16~17

しまこ

DSC08913_convert_20160426165444.jpg




ほんとの空



智恵子は遠くを見ながら言ふ。
阿多多羅山の上に
毎日出てゐる青い空が
智恵子のほんとの空にだといふ。


「あどけない話」高村光太郎




DSC08825_convert_20160425212417.jpg


気付けば4月。
冬のあいだ、自粛という名目で
おとなしくしていたシゲシゲやタイチョーも
そろそろ山やらスキーやら花見やらと
動き出している様子。


忙しい二人が奇跡的に16・17と空いていた。
だったら日帰りじゃもったいないし、かといって
テントを張るにはまだ雪の上の可能性もあるし、
どこかいい所は…

あ、だったら、くろがね小屋だ!

写真で見ていて行きたかった小屋。
安達太良山の中腹
掛け流しの温泉にお代わり自由のカレーライス。
登山部としては一泊二食付きの山小屋なんて超贅沢だけど
たまにはいいよね、こんなのも。
そして早速タイチローサンにも連絡して
春の安達太良山に出発。


DSC08832_convert_20160425212502.jpg


午前4時に地元を出て
まだ沿道には桜が咲き誇っているいる東北道を北上。
8時安達太良高原スキー場着。
スキー場はまったく雪もなく閉鎖中。

観光用にリフトが動き出すのも来週かららしく
駐車場も閑散として
雪を楽しむには遅く
新緑を楽しむには早い端境期の静かな山。

うん、いいじゃない。
ゆっくり山を楽しめそうで。


DSC08835_convert_20160425212553.jpg


DSC08839_convert_20160425212643.jpg



DSC08850_convert_20160425212725.jpg



DSC08854_convert_20160425212913.jpg



DSC08855_convert_20160425213014.jpg



DSC08864_convert_20160425213232.jpg




DSC08865_convert_20160425213339.jpg




DSC08866_convert_20160426074220.jpg


来るべき咲き競う季節への
準備は万端^^


DSC08875_convert_20160426075354.jpg




DSC08870_convert_20160426075238.jpg



五葉松平の辺りへ来ると
急だった登山道も緩やかになり
これから向かう山の稜線も見えてきて
気持ち良い風に足取りも軽く。


DSC08843+(1)_convert_20160426193319.jpg




DSC08881_convert_20160426075455.jpg




DSC08886_convert_20160426075601.jpg




DSC08887_convert_20160426075635.jpg




DSC08889_convert_20160426075714.jpg




DSC08890_convert_20160426165219.jpg




DSC08894_convert_20160426165255.jpg




DSC08900_convert_20160426165320.jpg



薬師岳でお会いした地元の方と少しおしゃべり。


DSC08845+(1)_convert_20160426193347.jpg




DSC08848+(1)_convert_20160426193412.jpg



屏風のようにズラリと並んでいる
安達太良山から続く山を教えていただきながら
ふと足元を見ると、なんと長靴。


DSC08907_convert_20160426165416.jpg


長靴ですか?!とびっくりしていると
「いつもこれだよ、これが一番だよ!」
と笑い、東京から来たというと
「今年は雪も少ないからいいよ。楽しんでね!」

・・・ありがとうございます。


そして
ほんとの空の碑は
薬師岳の山頂の隣にあった。


DSC08913_convert_20160426165444.jpg




DSC08853+(1)_convert_20160426193439.jpg



智恵子が二本松の町から見上げていた空は
朝一番の澄んだ青空から
少しずつミルクを垂らしたような
春の水色の空に。

広々として気持ち良い空だった。


ここから少しずつ雪も出てきて
踏み抜きに気をつけながら歩く。
ああ、春の山だね。そんな感じ。


DSC08915_convert_20160426165511.jpg



DSC08916_convert_20160426165539.jpg




DSC08918_convert_20160426165635.jpg




DSC08919_convert_20160426165701.jpg




DSC08920_convert_20160426165802.jpg




DSC08924_convert_20160426170150.jpg




DSC08926_convert_20160426170247.jpg




DSC08859+(1)_convert_20160426193506.jpg




DSC08860+(1)_convert_20160426193533.jpg



仙女平の先の雪渓を越えるともう雪はなかった。

ゴツゴツした岩肌の山頂が見えている。


DSC08942_convert_20160426170415.jpg




DSC08943_convert_20160426170447.jpg




DSC08867+(1)_convert_20160426193600.jpg




DSC08946_convert_20160426170621.jpg



最後のはしごを登って進むと山頂だった。


DSC08948_convert_20160426172825.jpg




DSC08951_convert_20160426172900.jpg




DSC08958_convert_20160426190412.jpg




DSC08960_convert_20160426190500.jpg




今日は風も穏やかな、という予報だったけど
さすがに四方に遮るものないここは
強風とまでは言わないまでも風が吹いていて
カメラを向けていると指先がかじかむくらい。

さ、下りてお昼ごはんを食べようか。


DSC08961_convert_20160426190619.jpg




DSC08896+(1)_convert_20160426194059.jpg



DSC08965_convert_20160426190754.jpg




DSC08968_convert_20160426190920.jpg




FullSizeRender 安達太良山


牛の背を少し歩いて
風を避けられそうな場所で簡単にお昼ごはんを。


DSC08970_convert_20160426191102.jpg




DSC08971_convert_20160426191159.jpg



遠くにはまだ真っ白な飯豊の山並み。
すぐ近くには吾妻連峰。


DSC08898+(1)_convert_20160426194130.jpg




DSC08895+(1)_convert_20160426194030.jpg




安達太良山の山頂と二本松の町を眺めながら
いつもにも増して贅沢な景色の中で食べる
カップヌードルはなんでこんなに美味しいのだろう。


DSC08984_convert_20160426191405.jpg


そして
ほんとの空に泳がせようと持ってきた
鯉のぼりサブレやらで頂くコーヒー。

山の上で飲む珈琲の美味しさよ。


DSC08982_convert_20160426191335.jpg




DSC08987_convert_20160426191442.jpg




ああ、やっぱり今日も幸せだ。






( つづく )



関連記事
スポンサーサイト



Posted byしまこ

Comments 2

There are no comments yet.
sho
青い山脈の栗タルトのおとぼけ顔に♫

光太郎にとってこの山は
"あたたらやま"と読む濁りのない(汚れのないなのかも)
山名が似合うって思ったのかな。
"あだたらやま"というどっか透明感を損なうような
濁音が光太郎には許せなかったのかな。

と勝手に解釈するもまた、あどけない?なんて。

阿多多羅山っていう当字?もどこか阿修羅を想起させて
かなり強烈だけど・・・字面が似てるだけだけど。微笑。

としょっぱなからいつもの意味不明なことをたらたらと。



どのシャシンにもどこか切ない水色が
写りこんでるね。

緑と青の間色の水色・・・・
こんな淡い緑と青を混ぜ逢わせたら
こんな東北の水色の空になるのかな。

恋は水色、水色の雨、水色のワルツ(古っ)
それから水色の恋。

水色ってどこか恋の味がするような・・・

水色はやっぱりまだ冬を吹っ切れない春の色。
モノトーンの次の色が水色。
これから山は季節をかさねて色んな色に彩られてゆくんだね。

ふと地元のおやっさんの足元は緑と青だし。



だけど一枚一枚のシャシンに春の山の風景が切り穫られていて
馴染みの少ない東北の山をボクも山歩きしてるみたいな感覚に・・・

ああ、なんか一緒にボクも幸せな気持ちに。

しまこ
青い山脈シリーズは 洋菓子ラインナップの恵那川上屋♫



そう、阿多多羅山。


どんな思いでこの字を当てて
濁らず「あたたらやま」と呼んでいたのか
今は知る由もないですけど
阿修羅を連想させる、そして
光太郎と智恵子の修羅(この場合は『激しい感情』でしょうか)をも連想して
なんだか刹那くなりますね。


この日は
朝一番のスキっと潔いくらいの青空から
時間を経るにつれて薄れていく彩度。
白い絵の具を
間違って多めに溶いたみたいな
水色の空になっていきましたね。

さすがに・・・
「水色のワルツ」は知らない私(笑)


水色はどこか恋の味…

なんてその連想に
師匠らしさというか、
sho worldへの入り口を垣間見る思いだけど、
そんな私もすでにsho mania・・・ ですね (意味不明 笑)



写真撮るために山を歩いているわけでなく
山を歩くついでに写真も撮れたら…

そう開きなおって
カメラを向けるシャシンたちから
少しでも春の山を感じてもらえて
ちょっとだけでも一緒に歩いてるような
気持ちになってもらえたとしたら
やっぱりこんなにうれしいことはないな、と^^
ほんとに「ああ幸せなだなぁ」と思いながら
歩いているから。。。


褒められて気分いいうちに
溜まってるblog
がんばって書こーかなー♪