FC2ブログ

鍋割山 2015 9/5

 24,2015 21:39
DSC05683_convert_20150924200115.jpg




「9月5日は丹沢で懸垂下降の訓練だから」


シゲシゲが丹沢の沢のお師匠様であるTさんにお願いして
懸垂下降の練習をするために組んだ予定。

えっとー、鍋焼きうどん食べたいんですけど・・・

という私の希望も取り入れてもらい
なんとか話はまとまって当日は寄大橋に集合となった。

DSC05576_convert_20150923195920.jpg




もう秋が転がっていた。

DSC05579_convert_20150923195955.jpg


Tさんは雨山峠の源頭がいい雰囲気だから、
と雨山峠経由のルートを案内してくれることになった。

地図を見ると「危」マークがたくさんついている。

多分、自分なら好んでは選ばないルートだけど
こんな機会に歩けるのは嬉しいのだ。
雨山峠という名前も何となく気になっていた場所だった。

DSC05582_convert_20150923200018.jpg




DSC05584_convert_20150923200043.jpg




DSC05585_convert_20150923200111.jpg


雨山峠までは一応、一般ルートとなっている。
でも歩いて行くと普通ではない。
Tさんの後ろを歩いているから
迷うことなくルートを取れているけれど
もしひとりで初めて来たら
これはかなり時間がかかりそうだな。。。

DSC05589_convert_20150923200140.jpg




DSC05596_convert_20150923200215.jpg



荒れた沢を何度も渡り奥へ進んでいく。

DSC05600_convert_20150923200251.jpg




DSC05604_convert_20150923200323.jpg




DSC05611_convert_20150923200409.jpg




DSC05612_convert_20150923200446.jpg


そのうちに樹層が変わって明るい広葉樹の森となっていた。

DSC05613_convert_20150923200522.jpg



落ちている橋とか・・・

DSC05619_convert_20150923200606.jpg



埋まっている道標とか・・・

DSC05623_convert_20150923200700.jpg




DSC05634_convert_20150923200822.jpg




DSC05635_convert_20150923200925.jpg



「さっきあった遭難碑の遭難は
この奥へ入っていってしまって落ちたんですよ」

DSC05638_convert_20150924082949.jpg

道に迷った生徒とそれを探しに行った先生が遭難して亡くなったのだとTさんは教えてくれた。
意外に険しくて厳しい丹沢の沢や山。

DSC05650_convert_20150924083110.jpg




DSC05652_convert_20150924083624.jpg


雨山峠に突き上げる沢の源頭。
足元を水が滑らかに滑り降りていくような
ナメの中を歩いて行く。

DSC05653_convert_20150924083700.jpg




DSC05655_convert_20150924195137.jpg




DSC05660_convert_20150924195210.jpg

なんて素敵な所なんだろう。



白髭草がひっそりと咲いていた。

DSC05667_convert_20150924195237.jpg




DSC05669_convert_20150924195310.jpg




DSC05671_convert_20150924195344.jpg


そしてほどなく雨山峠。

もちろんこんなに快適に気持ちよく歩けるのは
経験豊富なTさんにガイドをしてもらってるからに他ならず・・・

DSC05672_convert_20150924195427.jpg



DSC05674_convert_20150924195504.jpg


雨山峠から尾根に乗ると
丹沢、という感じのヤセ尾根に鎖が出現して
なかなか楽しい道が続く。
このヤセ尾根の雰囲気は奥多摩あたりではなかなか見られないので
結構好きな雰囲気なのだ。

DSC05679_convert_20150924195605.jpg




DSC05680_convert_20150924195658.jpg




DSC05686_convert_20150924200149.jpg



木の間の向こうに丹沢の主稜線が見えている。

DSC05687_convert_20150924200225.jpg



DSC05689_convert_20150924200316.jpg


斜面が緩やかになると
小さな白い花が揺れている。松風草だ。

DSC05694_convert_20150924200357.jpg




DSC05696_convert_20150924200430.jpg




DSC05700_convert_20150924200505.jpg




DSC05704_convert_20150924200622.jpg



DSC05706_convert_20150924200709.jpg




DSC05708_convert_20150924200807.jpg


ほどなく鍋割山に到着。

DSC05720_convert_20150924201129.jpg


初めて入る鍋割山荘。
なかなかにディープな雰囲気の漂う小屋で
うどんが出来上がるのを待つ。

DSC05712_convert_20150924200908.jpg


具がたくさんのうどんに舌鼓♪
デザートとコーヒーも忘れずに

DSC05717_convert_20150924200954.jpg




DSC05719_convert_20150924201033.jpg


雪の時期にしか来たことがなかったので
小屋の前がこんなに気持ちよい芝生なような広場になっていることに感激しながら
(でも鹿のフンだらけ 笑)
のんびりしたら下山します。

DSC05721_convert_20150924201428.jpg




DSC05723_convert_20150924201940.jpg


下りは二俣への分岐、後沢乗越までは一般ルートをサクサク歩いて
二俣への道を見送って直進。

DSC05725_convert_20150924202020.jpg


お師匠さんであるTさんは

ぼく一人の時はこの辺走って下りてくんですよ~♪

って見れば沢へと下る急峻な斜面・・・もちろん道ではない。
え、えっと、ムリです(笑)

DSC05734_convert_20150924202105.jpg


というわけでちゃんと尾根から下りてもらい作業道を下ります。
ただし今回のルートは西丹沢詳細地図にも点線でも載っていないルートでした。


DSC05735_convert_20150924204538.jpg




DSC05738_convert_20150924202148.jpg




DSC05742_convert_20150924202233.jpg


そして今回のルートの中で一番恐ろしい
濡れて滑る傾斜した木橋がこの先に待っていたなんて
この時は知る由もありません。


・・・・・


DSC05747_convert_20150924202319.jpg


顔が真剣でしたよ~


DSC05749_convert_20150924202434.jpg


渡り終えてTさんに笑われたけど今日イチで必死。
写真で見ると大したことなさそうなこの橋
それまでの雨やこの沢の湿気で大元の丸太自体が濡れている。
しかも真下の沢はかなりの勢いで流れていてそれが目の端に入ってくるので怖いことこの上ない。

なんとか渡ったけどこの先には短いけど
こんな橋がたくさんあった。
緊張は続く。

DSC05750_convert_20150924202529.jpg

・・・と、思っていたところでヒョッコリ林道に飛び出た。


ふーーーーっ


ほっとして深く息を吐いて車まで戻った。


DSC05756_convert_20150924202904.jpg


・・・・・・

懸垂下降はどうしたかって?
しましたよこのあと。
ロープの扱い、エイト環への通し方などなど復習しながら、シゲシゲが。

私は記録係で^^

DSC05765_convert_20150924202942.jpg




DSC05781_convert_20150924203049.jpg




DSC05755_convert_20150924202752.jpg




( おわり )







関連記事

Comment 2

2015.09.25
Fri
10:59

sho #KoNKZ68I

URL

懸垂下降ますますスキルupだね^^

雨が
そらからふればー
オモイデは地面に
しみこむー

雨が
シトシト降れば
オモイデはシトシト
にじむ・・・・


なーんて
詩もくちづさみたくなる
雨のAM金曜日。


もう秋が転がっていた。
からのキャプションに魅せられ・・・

なーんか仕事する気にもなれず・・・


雨音聞きながらボーッと
しまtimeなう^^


雨山峠・・・・
うんうん素敵な名前だね。

ちょいとすると雨は嫌われもん
だけど雨の文字が入った名前って
気になるのは何故だろうねー。

なんかロマンチックな響き。


とは裏腹に賑やかなイメージの丹沢
もどこか寂しげな。でも清涼感も緑涼感満点な。



写真でしかみたことのない鍋割うどんだけど
やっぱり山頂で飲むビールに匹敵する
美味しさなんだろうね^^


今日のランチは鍋割うどんで決まりダネ!


PS
濡れた木橋の1枚めの写真がボケてるのは
恐怖のあまりかな・・・

うん
難所クリアー出来たんだからいつか是非
雨の日の水平歩道(下の廊下)も経験して欲しいな^^


さてと
仕事でもしようかなー。笑
って
両俣小屋篇も気になるな・・・

編集 | 返信 | 
2015.09.25
Fri
17:00

しまこ #820fvE22

URL

ちっともスキルはupしないけど^^

週末めがけて
雨がそらからふってくるー

なんか行い悪かったかしらん・・・

なーんて
気持ちもちと凹み気味な
雨のPM金曜日。


しまtime ♪…また嬉しいことを♫
にしても、さすがにPDは仕事も優雅でいいなぁ〜^^

雨山峠への道はその期待を裏切らない
なかなか素敵な道だったし、
鍋割山の手前から眺めた雨山の姿も
なかなか風情のある姿でいい雰囲気でしたね。

あれ、師匠は鍋割山の名物まだ食べてないんですか、、、意外
あは、ビールと一緒に食べたらもっと美味しいんだろうな〜

今日は本当に鍋が恋しくなるくらいの寒さでしたね
お昼は鍋焼きうどん食べたのかなー(笑)


PS
写真をボケて撮るのもテクニック…
恐怖で引きつってるように感じるでしょ(笑)

雨の日の水平歩道ですかっ。。。
ハードル高過ぎです。(きっぱり)


さあ、もうそろそろ
お仕事も終わりでしょうか。
おつかれさまでした、カンパーイ!
(あ、まださすがに早いですね 笑)


編集 | 返信 | 

Latest Posts 0