FC2ブログ

両俣小屋へ ② 2015 8/29・30

 15,2015 17:08
DSC05531_convert_20150914195921.jpg




「げっ。・・・来たの。マジで。」



小屋の中から扉が開いて
出迎えてくれたバイト君(ムスコ)の第一声がそれ。

すかさず奥から星さんに

「こらーっ、お客さんが来たら 『お疲れさまでした』 だろーっ。」

指導が入れられ苦笑するバイト君。




このバイト君の第一声の真意は後に聴いたところ
本当はこの一週間前に行くといってあったのに現れず
この土日は天気予報が悪いため
雨予報ではハハは普段から山に行かないから
もう来ないだろうと星さんと話していたのだと言っていた。

甘いな。。。

しかも一人で来ると思っていたら連れが3人も…。
というそれらすべての思いが「げっ。」に集約されていたということらしい。





DSC05451_convert_20150914165116.jpg



DSC05453_convert_20150915072352.jpg


とりあえず中にいる星さんに担いできた富乃宝山と手土産のお菓子を渡してご挨拶。
テン場の受け付けと夕食だけお願いをして
テントを張ってひと休みすることに。




DSC05458_convert_20150914165424.jpg




DSC05459_convert_20150914165505.jpg


静かなテン場。


テン場の裏の池は完全に時間が止まっている。

DSC05461_convert_20150914165646.jpg




DSC05463_convert_20150914165730.jpg



雨も落ちてきそうなので
屋根付きテラスwでお疲れさまでした!

DSC05469_convert_20150914165907.jpg



DSC05475_convert_20150914170039.jpg


山頂デザート第二弾は
シゲシゲが用意してくれたオーボンヴュータンのケーキ♪
今回は自分で何にもデザートの用意もせず
メンバーに美味しいものを食べさせてもらうシアワセ。

DSC05473_convert_20150914165957.jpg




DSC05482_convert_20150914170239.jpg




DSC05483_convert_20150914170422.jpg




DSC05486_convert_20150914194437.jpg




DSC05491_convert_20150914194708.jpg




DSC05495_convert_20150914194806.jpg



このすぐの所にある北岳への左俣ルートの入口のペンキは
二年前に来た時よりもかなり薄れていた。

DSC05499_convert_20150914194907.jpg


この奥へ行くと左俣大滝があり
中白根沢の頭に突き上げる道があるはず。
釣りのヒトはこの奥へも入って行くらしいけれど
どっちにしても沢沿いは自分でルートをとりながら歩いていくしかなさそうだし
この河床の様子は怖ささえ感じてしまう。
増水していればそれは尚更のこと。

DSC05501_convert_20150914195002.jpg




DSC05502_convert_20150914195110.jpg



この日の小屋のお客さんは
釣りのヒトが3名だけということらしく
その釣りのヒトたちもポツポツと小屋へ戻ってくるような時間だった。



夕食は5時半と決まっている。

ではそろそろと小屋の中へ入ろうと扉を開けると
足元をすり抜けていくジャッキー。

DSC05508_convert_20150914195350.jpg

三毛のジャッキーはもう21歳になるそうで
抱っこしようとすると、しょうがないわね…、そんな感じで抱かせてくれた。
もう耳が聞こえてないんだよね、多分、
と星さんは言っていたが優雅な動作だった。



食事の用意ができましたのでどうぞ、
とバイト君から声がかかり
今日は一緒に飲むよ、宴会だよ、と星さん。
星さんとバイト君も私たちのテーブルに一緒に席に着いてくれた。


カンパーイ!


目の前に並ぶ夕食はハンバーグと天ぷらは固定メニューだそうだけど
その他に小鉢が二品付き、ごはんみそ汁はお代わり自由という豪華なもの。

DSC05510_convert_20150914195526.jpg



DSC05517_convert_20150914195719.jpg


天ぷらの蓬は星さんが小屋の庭先でさっき摘んでいたものだ。
今日は特別、と言ってさらにカツオのタタキや
ツマミまで出してくださって
全部そこの川で取れるのよ、と星さんは笑っていた。

DSC05520_convert_20150914195821.jpg


「もう、こいつは最初は逃げ出すんじゃないかと思ったよ~」
「本当に初期設定がタイヘンだったのよ~」

と星さんにさんざんに言われているバイト君はニヤニヤ笑っている。
確かに、何もできずに放り込んだハハには耳が痛いけれど

「バイト料どころか、こっちが授業料お支払いしなくちゃいけないですね~」

「そうよ~」


あはははは。。。

それでも
先日あった遭難騒ぎで、夜、居合わせた大学の山岳部の人たちと
仙塩尾根まで捜索に出かけてそれからコイツは変わったのよ、、、
そんな話まで聞かせていただいて
言われている本人は相変わらずニヤニヤしている。
そしてそのバイト君の横にはもう一匹のミーが座り
星さんにしきりにニャーニャーと話しかけていた。

DSC05533_convert_20150915163859.jpg

富乃宝山を飲みながら
来れて良かった。と思えた夜だった。





8月30日(日)

夜中から雨がテントを叩く音がしていた。


昨日、夕方遅くに仙丈ヶ岳から仙塩尾根を歩いてきた
トレラン風のお兄さんのツェルトは
私たちが起きた頃にはなくなっていた。

朝ごはんのバウルーのコンビーフサンドを食べて
さて今日は朝から雨だしどうするかな~と思っていた所へバイト君がやってきて
雨で野呂川も増水してるし早めに下山したほうがいいということを伝えに来てくれた。

バスは9:55発。

林道を歩くことを考えるとそんなに余裕はない。

・・・じゃあ撤収。
のんびりする時間はなく雨具を着てそそくさと撤収にかかる。

DSC05535_convert_20150914200107.jpg




DSC05534_convert_20150914200019.jpg


片付けて小屋に寄ると星さんが
まだ少し時間あるからとお茶を出してくれた。

DSC05536_convert_20150914200148.jpg




DSC05537_convert_20150914200308.jpg




DSC05538_convert_20150914200345.jpg


小屋の屋根を叩く雨音も時折かなりな大きさとなって
この調子で雨が降ると林道も通行止めになるかもしれないからと
連泊の予定だった釣りの人たちも下山したほうがいいと
今日の分の宿泊代を返されて下山ということになった。

「あれ以来(41人の嵐の一件)早めに下山させるようにしてるのよ。」

星さんは笑って話していた。



DSC05545_convert_20150914200428.jpg


お礼を言って、星さんとバイト君に見送られ小屋を後にする。


雨は結構な降りで横を流れる野呂川も
昨日よりも明らかに増水してその流れの勢いを増している。
山側から流れてくる小さな沢もかなりな水の勢いで道に流れが溢れている。

DSC05546_convert_20150914200630.jpg




DSC05548_convert_20150914200729.jpg




DSC05549_convert_20150914200804.jpg


台風10号の時も
雨自体はこんなものじゃなかったかなぁ。。。
振り返り山の襞の奥にある両俣の方を眺め
そんなことを思いながら
帰路の林道を歩く。

DSC05550_convert_20150914200849.jpg




昨日対岸に見えていたガレ沢は今日は白い流れが滝となって落ちていたり
林道に流れ込んでくる大仙丈沢や小仙丈沢は
流れが真っ白な飛沫をあげてゴオゴオと流れ落ちていた。


DSC05553_convert_20150914200936.jpg




DSC05560_convert_20150914201127.jpg




DSC05561_convert_20150914201211.jpg


でもあの時と違うのは
私はもう高校生ではなく
ゴアテックスの快適な雨具を着て
信頼できるメンバーとこの林道を歩けている。
ずっと灰色だった雨の林道歩きの記憶は
きちんと色のついたものに書き換えられて
新しいページに綴ることができた。

DSC05558_convert_20150914201050.jpg




DSC05565_convert_20150914201337.jpg




DSC05564_convert_20150914201249.jpg




DSC05566_convert_20150914201410.jpg


8月最後
夏といえる最後の山は
山の上には行かれなかったけれど
この雨のお天気でかえって良かったのかもしれない。
帰りのバスに揺られながら
ぼんやりと雨に煙る窓の外を眺めていた。




( おわり )






関連記事

Comment 4

2015.09.15
Tue
21:23

tahara_t2 #I4t1ZHtI

URL

なるほど

イイネ。

目的は分からないけどなんとなく良い。(^.^)

余裕が有る時は画だけでなく文もさえている。

思いが沢山詰まっているのが良く分かる。

読んでいてもホッとする。

この場所に有るから色んな思い出が出来上がるのかな。?

編集 | 返信 | 
2015.09.16
Wed
12:26

しまこ #820fvE22

URL

思い出ができる場所

タハラさん♪

目的はわからないけどなんとなく…、ってのが気になりますが(笑)

前にも書いたかもだけど
ブログの位置付けは自分の山行記録ということで
自分がわかればいいくらいな書き方しかしないから
読んでくれる人にはわかりにくいかもしれませんけどね。。。汗

まあ、、、
その、、、
雰囲気だけでも
写真だけでも眺めて、こんな所があるのか…
くらいに思ってもらえれば充分です^ ^

体力的にハードな所は
やっぱり気持ちの余裕も削られてしまうのかなぁ。
今回は標高差にして300mもない林道歩きが二時間チョイだけ
しかもデザートやご馳走を食べてばっかりと
ほんと、何しに行ったん?
て言われても笑うしかないデスね。

でもまだ宿題が残っているここは
そう、私にとっては
この場所があるからいろんな思い出が出来る場所、
なんでしょうね(^_-)


いつも訪問ありがとうです♪

編集 | 返信 | 
2015.09.20
Sun
15:13

紅葉 #-

URL

いろんな想いが。

しまこさん♪こんにちは!
今回の山行は、いろんな想いを背負って行って来られたんですね!

今のしまこさんがいて、星さんへの尊敬があるからこそ、ムスコさんが両俣小屋にいらっしゃるんだなぁと思いました。ご縁というか、素敵なつながりですね!
後半の『でもあの時と違うのは~』の一節が、今回の山行のすべてを物語っているように感じて、勝手にじーーーんとしてしまいました。笑

素敵な時間を信頼できる仲間と過ごせるなんて、最高の贅沢ですよね。
また、楽しく読ませていただきます☆



編集 | 返信 | 
2015.09.22
Tue
17:45

しまこ #820fvE22

URL

ザックに想いも詰めて。

紅葉さん♪
お返事遅くなっちゃいました。
読んでくださってありがとうございます。

高校生の時に何を思ったか
山を始めたおかげで
遥かな時間を隔てた今でも
こうして山を通していろんな人と繋がって
また新たにいろんな想いを重ねていけるそのありがたさ、
みたいなものを
両俣から帰ってきてから感じているこの頃です。

本格的に山を再開して丸4年位が経ち
何も考えずに歩いていた(笑)高校生の頃に歩いた道を
なぞって再認識するような山が
このところは続いているような気がします。
それはたまたま偶然であったり
自分が望んで、であったりするんですが
いつも一緒に歩いてくれる仲間がいることは
本当に感謝しなくちゃいけないことかもしれませんね。
そしてそんな想いを読み取ってくれる
紅葉さんみたいな方がいることにも
こちらがじーーーんとしています。


バイト君はその後無事に下山し
また来年も行こうかな、などと申していました(笑)
来年はまたこの続きが書けるかもしれません(^_-)

編集 | 返信 | 

Latest Posts 0