FC2ブログ

瑞牆山 Ⅱ 2015 7/13

 24,2015 08:30


Attachment-1_convert_20150722203634.jpeg


木木の間から青空ばかりが見えてきて
山頂標識が顔を出し山頂に着いたことを知ります。




いきなり

シャッター押してもらっていいですか?

とカメラを渡され
楽しそうな若い人のグループをフレームに収めて
あらためて周りを見回せばすごいヒト・・・

フツーのハイキングっぽい人も多く
高尾山あたりを彷彿とさせる人の多さに山ブームの昨今のこと
なんだか昔とは違うな〜と
悲しいかな時間の流れを感じます。


DSC04180_convert_20150723090001.jpg





DSC04181_convert_20150723090032.jpg



それでも大ヤスリ岩を見下ろして
左手に金峰山、右手に八ヶ岳の姿になだめられて
お昼おひる〜♫

簡単にカップ麺とおにぎりを食べたら
当たりが出たらもう一本!(ほんとです)のマドレーヌと
ヨーコタンが持ってきてくれた焼きティラミスで山頂デザート。

DSC04183_convert_20150723090102.jpg





DSC04184_convert_20150723090123.jpg





DSC04196_convert_20150723090306.jpg





DSC04197_convert_20150723090334.jpg





DSC04199_convert_20150723090409.jpg





DSC04200_convert_20150723090434.jpg




DSC04203_convert_20150723090459.jpg




DSC04190_convert_20150723090220.jpg





DSC04204_convert_20150723090544.jpg


青空の山頂を満喫したら
下山は不動の滝ルートで。

DSC04205_convert_20150723090652.jpg


この道も初めて歩く道なのでちょっとドキドキ。


多分ほとんどの登山者は富士見平からの往復とみえて
こちらのルートはヒトもまばら。
下り始めるとすぐに小さな流れが道を横切ったりして
水の流れる耳に心地よい音と
相変わらずの気持ち良い木洩れ陽をあびながらどんどん下ります。

DSC04206_convert_20150723090615.jpg




DSC04207_convert_20150723090731.jpg




DSC04208_convert_20150723090804.jpg




DSC04209_convert_20150723090928.jpg



DSC04210_convert_20150723090955.jpg




DSC04211_convert_20150723091026.jpg




DSC04212_convert_20150723091056.jpg



DSC04213_convert_20150723091135.jpg




DSC04215_convert_20150723091208.jpg



名前のつけられた岩が次々と出てきて
ちょっと寄り道したり。

DSC04216_convert_20150723091251.jpg




DSC04218_convert_20150723091329.jpg




DSC04219_convert_20150723211803.jpg




DSC04222_convert_20150723211941.jpg





ささやかな抵抗。

DSC04223_convert_20150723212058.jpg




DSC04224_convert_20150723212138.jpg




DSC04226_convert_20150723212242.jpg




DSC04228_convert_20150723212328.jpg




DSC04229_convert_20150723212407.jpg




DSC04231_convert_20150723212447.jpg




DSC04232_convert_20150723212521.jpg




流れを渡渉したり。

DSC04234_convert_20150723212602.jpg




DSC04235_convert_20150723212643.jpg


そして不動の滝。


相変わらず地図くらいは確認するものの
あまり熱心に事前に情報を集めないので
不動の滝、実はあまり期待してなかったら
・・・


DSC04236_convert_20150723212723.jpg


うわぁ

なんて立派な。しかも優美。

DSC04238_convert_20150723212801.jpg




DSC04239_convert_20150723212848.jpg



DSC04242_convert_20150723212927.jpg


こういう時に
どう言葉に表したらいいのか
本当に語彙の少なさを嘆くのだけど
この横から見る光景は
永い永い年月が創り出す
人間では想像もつかないような造形美、、、
艶めかしくさえあるその曲線。


DSC04245_convert_20150723213005.jpg


別に山頂を目指さなくても
この滝を目当てに来るだけでもいいかなぁ
なんて思える場所。
あとから来た登山者もザックを置いてくつろいでいます。




DSC04256_convert_20150723213054.jpg




DSC04257_convert_20150723213430.jpg


コースのすぐ横にもクライミングの岩場。
午後の日差しの中
気持ちよさそうにお昼寝中のクライマーも。

DSC04259_convert_20150723213503.jpg


まだしばらくの下りを歩けば
いつのまにやら林道の終点。
ここまで車で入れるんだね〜なんて話しながら
くねくねと曲がる林道を
ショートカットだーっ、と言いながら駆け下りたり。。。(踏み跡はある場所)

DSC04262_convert_20150723213536.jpg




DSC04266_convert_20150723213613.jpg




DSC04267_convert_20150723213653.jpg


最後までさわやかで気持ち良い森を、
もう、日の光を浴びなければ影と同じくらいに濃さを増した緑に
・・・いつのまに季節は進んでしまったのかなぁ。
ぼんやりとそんなことを思いながらふたりの後ろを歩きます。


DSC04271_convert_20150723213735.jpg


キャンプ場が見えてきて林道歩きも終わり。

DSC04273_convert_20150723213807.jpg




DSC04276_convert_20150723213856.jpg


ヨーコタンは三連休で山に行くのに
タイチョーから借りていくテントの設営の手ほどきを受け
私は高みの見物をしながら
その間に管理棟の売店で買った桃をガブリ。
(すぐに食べますと言ったらレストランで洗ってくれました)

おいしい〜♪





違うルート
違う季節をを歩けば
同じ山でも
歩いた数だけ違う山として
記憶にしまわれる。
梅雨明け前だけど
もうすっかり
瑞牆山は夏の味。



DSC04277_convert_20150723213935.jpg




( おわり )


関連記事

Comment 6

2015.07.26
Sun
06:48

kawamin #RS4k0RpE

URL

夏だね

こうやってゆっくり読んでると
しまちゃんと私のBlogの大きな違いに気がつくの。
それはね、
優しくて心にスッと入ってくる言葉選び。
それは教養の違いなのだろうか
悲しいかな文才のない、私には
しまちゃんのような美しい文章が書けない。
と、思うなぅ(笑)

瑞牆山は夏の味


だなんて、いいね。
金鳥の夏しか頭に浮かばないよ(笑)
ではまた♪


編集 | 返信 | 
2015.07.26
Sun
17:09

しまこ #820fvE22

URL

正しい夏の過ごし方♫

かわみんちゃん♪
こっちにもコメントありがとう^^


ん、Blogの大きな違い・・・

そりゃー、だってー、
私に無いもの全部持ってるかわみんちゃんだもん、
大きく違ってあたりまえ♫

ー 優しくて心にスッと入ってくる言葉選び
そんなふうに言ってもらえてものすごく嬉しいな♪
けど、Blogを書いてきて最近わかったのは
何のためにこれを書いてるのか、ってことと
向き合うようになったことかな。

結局、つまるところ、自分の山の記録をどう残すか
という壁にぶち当たった時にBlogという選択肢もある
ってわかって、それで始めたわけだから。
トドのつまり、私のは
自分が読んでわかればいい、くらいの
もし、ここに遊びに来てくれる人がいたら
多分それはものすごくサービス不足、と思われる言葉しか綴ってないと思うよ〜

「教養」なんて言葉が出てくるとは思わなかったけど(笑)
そんなこと言ったら、かわみんちゃんのBlogの
人を惹きつける写真と文章こそ、教養に裏打ちされた才能だと思ってるよ。
現に
いつもコメントいっぱい、ファンも多くて
ダテに1位を取った人気ブロガーじゃない、ってわかるじゃん。
誰が見ても^^


それに比べて静寂漂う山頂デザートな日々。
そんなだからたまにもらえるコメントは小躍りするほど嬉しいし^^
だけどコメントのこない日々が続いても
でも自分がここへ来れば、あの山の時間が思い出せる♪
それでいいじゃん♪ て納得してるので
書きたい言葉が見つからなかったら
どんどん写真ばっかり増えてくかも(笑)


・・・うーん、何かちょっと語ってしまった(笑)

かわみんちゃんが何気なく口に出すことばって
結構深いんだよね。。。
いつも目をつぶってたことに目を向けさせられたりしてさ。

瑞牆山は夏の味
は、あの炎天下の駐車場で食べた桃がとても美味しかったから
ふと浮かんできただけ。

金鳥の夏、こそ正しい日本の夏だよ(^_-)

編集 | 返信 | 
2015.07.30
Thu
12:26

sorano #-

URL

瑞牆山からの下山
滝ルートも楽しそうですね♪

私も次回はこのルートで
下山してみようかな~

肉球はティラミスなの?
どこで売っているのかしらん
興味津々(*^^)v

桃がぶりのお姿
見てみたいなぁ(*´艸`*)


編集 | 返信 | 
2015.07.30
Thu
16:40

しまこ #820fvE22

URL

暑中お見舞い申し上げます♪

ソラノさん♪
読んでくださってありがとうです^ ^

不動の滝ルートはこの暑い時期にはぴったりの
ずっと流れと一緒に歩けるコースなのでオススメです。
山頂は暑いから眺めだけ楽しんで
不動の滝あたりでマッタリゆっくりするのも
かなりいいかもしれません♪
きっと紅葉の頃も綺麗だろうな〜

肉球はねマドレーヌです^ ^
清月http://www.saygets.co.jp/?mode=cate&cbid=1733327&csid=0というお店で見つけたの。
楽しいでしょ、これはウケ狙い(^_-)
ヨーコタンが持ってきてくれた
焼きティラミスはもうひとつの袋、C3というお店のです。


やっぱり夏は桃かスイカですね〜♫

編集 | 返信 | 
2015.08.05
Wed
16:17

sho #KoNKZ68I

URL

夏仕様の山 夏仕様のblog ♫

見終えれば・・・
ちょっとボクも白壁blogに・・・
なんて思っちゃいました。


どう言葉で
表現していいのか・・・

ってこの気持ち。

blogを始めた人が
必ず出逢う感情だね。


そんな時
最近のボクは・・・
何も言葉を
添えなくなっているのに
気付いたよ。



艶かしい・・・
岩に添えられたこの言葉。

まさに^^
その感性がステキ。



今頃
しまちゃんは
美味しかった瑞牆のことは
忘れて・・・
イケメン軍団に
心奪われているんだろうな・・・


まだまだ夏だね。

編集 | 返信 | 
2015.08.07
Fri
15:19

しまこ #820fvE22

URL

明日には秋がスクッと♫

師匠の白壁Blog・・・
更にオシャレになったら
女の子たちで押すな押すなの
入場制限になっちゃいますよ・・・
そしたらワタシ入れなくなるから
ぜひこのままで^^


感じたことは
写真が語ってくれるから
ほんとうは
ことばなんて
いらないのかもしれません。

でも
きっと
そのとき
何を感じて
何を思ったのか
そのときを思い出す
手がかりくらいのことばは
きちんと表現できるようになりたいと
そのくらいの抵抗はいつも
していなければ
ちっぽけな
感性は
すぐに
しぼんで
しまうから。

高すぎる山を見ちゃってるから
高尾山をケーブルカーで…
くらいなところからBlogを始めたものにとっては
ほんとう、大変な道です(汗)


イケメン軍団に囲まれたって
ワタシは忘れたりしませんよ
夏の味♫


夏まっさかり。でも
暦の上では明日から秋・・・
ほんまかいなっっ!
って、思いっきりツッコミ入れたくなりますね(笑)

編集 | 返信 | 

Latest Posts 0