FC2ブログ

五日市 南沢あじさい山  2019 6/16

 03,2019 17:16


そろそろ咲いてるかな。



梅雨入りしてから
週末の天気予報は雨マークばかりで
なかなか重い腰が上がらない。


P6162970.jpg


なんとか日曜日だけは晴れマークがついたので
あじさい山へ行ってみようか。


今日もとんがり帽子たちに迎えられて。


P6162969.jpg




P6162971.jpg




P6162973.jpg




P6162976.jpg




P6162978.jpg




P6162979.jpg


なつぞらの下
てくてく深沢へ。


P6162980.jpg




P6162981.jpg




P6162982.jpg




P6162983.jpg




P6162984.jpg




P6162985.jpg


お天気になったので
続々と車がやってくる。

もうすっかり五日市の観光名所として有名だけど
受付ではあじさい山の持ち主で
何十年もかけてコツコツあじさいを植え続けた
「ちゅういっちゃん」 がニコニコと出迎えてくれていた。


P6162986.jpg




P6162987.jpg




P6162988.jpg









P6162990.jpg




P6162991.jpg


見頃を迎えるのはまだこれからだけど
色付き始めたまた初々しい色の花たちが
夏の日差しに浮かんでいた。


P6162993.jpg




P6162998.jpg




P6162999.jpg




P6163001.jpg




P6163004.jpg




P6163005.jpg




P6163007.jpg




P6163010.jpg









P6163014.jpg




P6163021.jpg




P6163024.jpg




P6163027.jpg




P6163028.jpg




P6163030.jpg


今年も楽しませてもらったら
裏山を越えて
山抱きの大樫に
会いに行きましょうか。

P6163031.jpg




P6163034.jpg




P6163035.jpg




P6163037.jpg


今回はひっそり静かに。


P6163039.jpg




P6163041.jpg


ここを居場所と決めて
どれだけの年月が経つのだろうか。


P6163042.jpg




P6163048.jpg




P6163049.jpg


気になっていた「松葉」をちらり
次回は入ってみようかな。

お昼どき
深沢屋敷の駐車場の東屋でおつかれさま。


P6163050.jpg




P6163052.jpg


珈琲も沁みる美味しさ。


P6163054.jpg




P6163057.jpg


とんがり帽子の作者の美術館へ。

まるで絵本の中から抜けて出てきたみたいな。


P6163058.jpg




P6163059.jpg




P6163060.jpg


ここは美術工芸作家で
NHKのプリンプリン物語の
キャラクターデザインをした
友永詔三氏の美術館で
以前から来てみたかった場所。


P6163061.jpg




P6163063.jpg




P6163065.jpg




P6163066.jpg




P6163068.jpg




P6163069.jpg




P6163070.jpg




P6163072.jpg


なんとご本人が気さくに作品の解説をしてくださって
館内の撮影も自由という
とても心に響く素敵な場所だった。


P6163073.jpg




P6163074.jpg




P6163079.jpg


すぐ隣には喫茶室もあって
手入れされながらも
自然と四季を楽しめるお庭を望めるテーブル席。


P6163080.jpg




P6163082.jpg


次回はここでゆっくりしよう。。。


P6163085.jpg




P6163088.jpg


友永氏ご本人によると
この場所に決めようとしたら
不動産屋さんに「本当にこんな所でいいんですか」と驚かれたという
古い家を八年かけて全部ご自分で直して
この姿にしたという。

窓枠やしつらえも本当に素晴らしかった。


P6163089.jpg




P6163090.jpg




P6163092.jpg




P6163093.jpg




P6163094.jpg




P6163096.jpg


ほんわかと素敵な時間を過ごさせてもらい
お次は千年の契り杉へ向かう。


P6163100.jpg




P6163103.jpg




P6163104.jpg




P6163107.jpg


今日も人気もないこの静かな山中で
永い時間を思いながら
英気をいただき駅まで戻ろう。


てくてく、てくてく。


P6163108.jpg




P6163110.jpg




P6163112.jpg



駅まで戻っても
まだ時間は早いので
駅から今度はバスに揺られて
小峰公園あたりの尾根をゆるりと。


P6163113.jpg




P6163115.jpg




P6163117.jpg




金剛の滝へ行くのはまた次回にして
山の中には不似合いな
大規模な変電所の横を歩き
夕方の陽射しを受けながら
五日市駅への道をてくてくと歩く。



このあとのビールが
どれだけ美味しかったかは言うまでもない。



五日市、は侮れないのだ。





(   おわり   )




関連記事

Comment 0

Latest Posts 0