FC2ブログ

荒船山・鼻曲山  2018 11/23・24  ①

 09,2018 15:47



三連休。

しかも金曜日からの。
そして天気も悪くない。


PB231224.jpg


朝5時の地元出発は
春先から夏までならもう陽がかなり高くなっていて
こんなに明るくなってから山に出発なんて…
と少し後ろめたくもなるけれど
この季節は5時といっても
いつになったら朝が来るのかと思ってしまう。

藤岡から関越と別れて
妙義が見えて来る頃には
朝の光と青空に包まれたけれど
荒船山の上だけは
そこが風の通り道だと示すように
雲がかかり続けている。


PB231227.jpg




PB231233.jpg




PB231236.jpg


木の葉の落ちた上州の山は
三連休に選ぶにはかなり地味目な選択だけれど
駐車スペースはほぼ満車。


上に着く頃には雲も取れるといいなぁ。


PB231239.jpg




PB231240.jpg




PB231242.jpg




PB231243.jpg


木の間に見える特徴的な山々を眺めて
落ち葉をカサコソ踏みながら進めば
朝の光にきらきらと光る・・・


PB231248.jpg




PB231252.jpg




PB231253.jpg




PB231257.jpg




PB231258.jpg




PB231262.jpg


霧氷が
木の葉を、木の枝を、
まんべんなく粉糖をふりかけたように白く染めて
辺りを見渡してみると
朝陽の光線を受けて
ガラス細工を散りばめたように
輝く道を歩いている。


PB231263.jpg




PB231264.jpg




PB231266.jpg




PB231268.jpg




PB231269.jpg




PB231271.jpg




PB231272.jpg




PB231273.jpg




PB231274.jpg


あの雲が残していった
嬉しすぎる朝のプレゼントだった。


PB231278.jpg




PB231281.jpg




PB231282.jpg




PB231283.jpg




PB231284.jpg




PB231287.jpg




PB231289.jpg




PB231290.jpg




PB231291.jpg




PB231292.jpg




PB231294.jpg




PB231295.jpg




PB231297.jpg




PB231304.jpg




PB231307.jpg




PB231308.jpg




PB231310.jpg




PB231311.jpg




PB231312.jpg









PB231315.jpg




PB231318.jpg




PB231320.jpg




PB231321.jpg


岩場を越えると
そこはご褒美のように穏やかな
もう、山頂の一角と言ってもいい
なだらかな笹原が広がっていた。


PB231322.jpg




PB231323.jpg




PB231325.jpg




PB231328.jpg




PB231329.jpg




PB231330.jpg


滑落死亡事故も起きていると聞いていたこの山
何が危険なのかよくわからなかったけれど
これだけ平らな先がスパッと切れ落ちていて
ガスっていたりしたら踏み出した先がなかった・・・
なんてことにもなりかねない。

危険の種類にもいろいろあることを実感して。



さすがに真下は覗きこめなかったけど。







PB231331.jpg




PB231333.jpg




PB231334.jpg




PB231338.jpg




PB231342.jpg




PB231345.jpg



雪のない浅間山を望む
艫岩展望台。


ここが荒船山の山頂、でいいのかな。




(   つづく   )



関連記事

Comment 2

2018.12.11
Tue
00:15

でん #-

URL

荒船山でも霧氷が見られるんですね~
県内で霧氷が見られる山といえば、赤城山がその代表かと思ってましたが
調べてみたらこの時期の荒船山も人気あるみたいですね。
西上州は同じ県内でも馴染みの少ない山域なので知らなかったです(^^;)

編集 | 返信 | 
2018.12.11
Tue
23:30

しまこ #820fvE22

URL

思いがけずに♩

でんさん こんばんは。

いつか見てみたいと思ってる赤城山の霧氷ですが
まさか今回、荒船山で見られるなんて…

青空と眩しい朝陽の中を
高速で走っていくうちに
そこだけ雲がかかり続ける一角が。
なんとなくイヤな予感は
インターチェンジを降りて
近づけば近づくほどにそこにだけ雲(笑)

えーっ、、、
もう、山頂に着く頃に晴れればいいや、、、

なんて歩き出してみたら
ん、あの白いのは何??
え、どんどん白くなっていく!!
という具合にまさかまさかの霧氷まつり♩
行き交う人たちも『今日はいいですね〜』
とニコニコ顔でしたからね。
青空をバックに朝陽に光る
クリスタルみたいな光景は
ちょっと忘れられないシーンの一つです(^^)

群馬のお山は奥深そうですね〜
まだ足を踏み入れたところなので
これから少しずつその沼にはまっていくかもしれません(笑)

編集 | 返信 | 

Latest Posts 0