FC2ブログ

雨飾山  2018 10/21  ②

 07,2018 19:23











乙女と語らう










笹平からは
あゝ、山頂も見えるんだね。

もう、この時間で両耳に立つ人たちの姿がくっきりと。


PA210597.jpg




PA210592.jpg


おだやかに続く笹原の道の向こうに
もうひと登りで着く山頂が。


PA210593.jpg




PA210595.jpg




PA210601.jpg


糸魚川方面も。


PA210604.jpg




PA210605.jpg




PA210606.jpg




PA210607.jpg




PA210608.jpg




PA210615.jpg


乙女の横顔が
はっきりと見えるようになると
もうそこは山頂だった。


PA210620.jpg




PA210621.jpg




PA210623.jpg




PA210624.jpg


少しだけ雪をかぶった
白馬から雪倉、朝日へと続く稜線が
秋の空の下すっきりと見えている。


二年前の秋に歩いた道
これが見たかったんだ。






PA210625.jpg


白馬から唐松、五竜、鹿島槍も。


PA210627.jpg




PA210628.jpg




PA210629.jpg




PA210632.jpg


もしかして槍ヶ岳かな。


PA210634.jpg




PA210637.jpg


このお天気と紅葉で賑わう山頂だけど
360度のこの景色と
涼しげな乙女の横顔をながめながら
ゆっくりと1時間以上も
この山頂で心ゆくまで過ごせて
こころ満たされてとてもおだやかな気持ち。


PA210640.jpg




PA210641.jpg




PA210643.jpg




PA210645.jpg




PA210648.jpg




PA210650.jpg




PA210653.jpg


ようやく腰をあげるころ
長野側から湧いてくる雲。


PA210656.jpg


雨飾山の標識は
綺麗になって晴れやかな顔をしていた。


PA210658.jpg




PA210659.jpg




PA210660.jpg


焼山に妙高山
こんなに近いんだね。


PA210664.jpg




PA210665.jpg




PA210667.jpg




PA210669.jpg




PA210672.jpg









PA210673.jpg


ハシゴの岩場を過ぎるころには
団体さんもいなくなって
自分たちのペースを取り戻すけど
振りかえり振りかえり
この秋の空の下の雨飾山を
目に焼き付けて歩くみち。


PA210675.jpg




PA210681.jpg









PA210683.jpg




PA210684.jpg




PA210685.jpg




PA210687.jpg




PA210688.jpg




PA210690.jpg




PA210694.jpg




PA210697.jpg


荒菅沢から見上げる秋の光景も
しっかりと目に焼き付けて。


PA210700.jpg




PA210703.jpg




PA210710.jpg




PA210712.jpg




PA210714.jpg




PA210715.jpg


ここで見納め。


しばらく前に進めない。







PA210717.jpg




PA210719.jpg




PA210721.jpg




PA210722.jpg




PA210727.jpg




PA210730.jpg




PA210732.jpg




午後の黄色い光線を受けて
見上げるブナの森。



帰りたくないね~。





(   つづく   )





関連記事

Comment 0

Latest Posts 0