FC2ブログ

雨飾山  2018 10/21  ③

 09,2018 18:54



どこを見ても
見上げても見下ろしても
秋の色、秋の空気が包んでくれる。


PA210738.jpg




PA210739.jpg




PA210742.jpg




PA210734.jpg




PA210743.jpg




PA210745.jpg




PA210747.jpg




PA210749.jpg


こんなに明るく輝く
秋の森の色に染まりながら。


PA210752.jpg




PA210754.jpg




PA210755.jpg




PA210756.jpg




PA210759.jpg




PA210760.jpg


あゝ、下りてきてしまったね。


PA210762.jpg




PA210764.jpg




PA210765.jpg




PA210767.jpg




PA210768.jpg


振り返ると
山頂方面は雲に覆われて
太陽が隠れてしまうと
ツンとした寒さに上着を着込んで・・・


PA210769.jpg




PA210770.jpg




PA210771.jpg


おつかれさまでした!


PA210773.jpg




PA210775.jpg




PA210776.jpg




PA210777.jpg


路上駐車の車の列も
ぽつぽつすき間が空いてきて
ひと通り帰り支度をするけれど
どうせこのまま帰っても高速は渋滞だから
鎌池にも寄ってゆっくり帰ろうか。


PA210778.jpg




PA210780.jpg




PA210781.jpg


こちらも観光の車で
この時間でもそこそこ賑わっている。


PA210782.jpg




PA210783.jpg




PA210785.jpg




PA210786.jpg




PA210787.jpg




PA210792.jpg


午後の光に輝く水面。


のんびり湖畔を散策する
足元はサンダルだったり…


PA210795.jpg




PA210801.jpg




PA210802.jpg




PA210808.jpg


一瞬の光に煌めく
秋の色たち。


PA210811.jpg




PA210812.jpg




PA210813.jpg




PA210814.jpg




PA210815.jpg




PA210818.jpg




PA210819.jpg




PA210820.jpg




PA210822.jpg


鎌池の奥の鉈池へも。

さらに静まり返る
時間が止まっているような静謐な空気。


PA210823.jpg




PA210825.jpg




PA210827.jpg




PA210829.jpg




PA210831.jpg




PA210832.jpg




PA210833.jpg




PA210835.jpg




PA210842.jpg


鎌池をぐるりひとまわり。


PA210843.jpg




PA210852.jpg




PA210855.jpg




PA210856.jpg




PA210858.jpg


鎌池で秋の色を楽しんだ後は
温泉に浸かろうとやってきた山田旅館。


PA210859.jpg




PA210860.jpg


日帰り温泉は4時までとのことで
僅かに時間を過ぎてしまい
残念ながら入れなかったけれど


PA210862.jpg



このあと車を走らせた
来馬温泉風吹荘もなかなかの秘湯。

そして
小谷の道の駅で食べた
かまどごはんの定食や
グーグル先生に連れていかれた
普通じゃまず通ることのない山越えの道。

雨飾山と
秋の余韻を楽しんだ一日。




去年の10月は
毎週末のようにお天気は崩れ
休みも合わずに一度も山に出かけられなかった。
だからすっかり
山の紅葉がどんなだったかなんて
思い出せなかったし
二年前の雨飾山は
白く煙る雨の中の思い出だけで
まさか雨飾山の紅葉を
この目で見られるなんて思ってもいなかったから。


  ついに私は久恋の頂に立った。しかも天は隈なく晴れて、
  秋の午後三時の太陽は、見渡す山々の上に静かな光をおいていた。
   ( 中略 )
  山は心をあとに残す方がいい、と言った人がある。
  一ぺんで登ってしまうよりも、幾度か登り損ねたあげく、
  ようやくその山頂を得た方がはるかに味わい深い。
  私にとって雨飾山がそれであった。  
                         ( 日本百名山 深田久弥 )


雨飾山は
私にとっても
そんな山だった。





(  おわり  )






関連記事

Comment 2

2018.11.10
Sat
01:58

でん #-

URL

No title

しまこさんにとって思い入れのある雨飾山、紅葉も素晴らしいものですね。
ナレーションの所為なのか、時間がゆっくり流れているように感じ、とても優雅な時間を過ごされているように感じます。
それに苦しい上りの場面を全く感じさせない不思議、何なのでしょう(?_?)
最後に出てきた山田旅館にも「おぉ~」と声をあげてしまいました(笑)
山歩きなんてしていなかった数十年も昔に宿泊したことがあり、たたずまいがとても懐かしいです。

編集 | 返信 | 
2018.11.13
Tue
09:50

しまこ #PVJQpBKA

URL

To でんさん

でんさんこんにちは♩
やっぱり紅葉の山は素敵ですよね。

久しぶりに見たどんぴしゃな紅葉の山が
安達太良山や雨飾山なんて
自分でも今年は出来過ぎな気もしますけど。

まあ、いろいろあったんですよ、この時も(笑)
山頂手前の急な登りでは
ゴタブンニモレズ 某ツアーの団体さんの行列に出くわして
「もう、10分もまってるのよ!!!」
と、いきなりオバサマにキレられたり…
(いや、絶対10分も待ってないだろ…と思いながらも、スミマセーン、ありがとうございます〜、と通過)
そもそも20人からの大行列で
山歩くこと自体オカシイよね、、、
岩場だろうが狭い道だろうが御構いなしに、、
せめて5.6人ずつのパーティに分けてくれれば、、
と常々思ってるんですが(笑)

まあ、そんな具合で山頂も大混雑…
書き出すとキリがないので
別にblogにはいちいち書かないだけなんですよ。
書き残しちゃうとそんな思い出も残っちゃうし。
それよりは素晴らしかった景色や
楽しかった思い出だけ書いておく方が
自分のために良いだけの話しなんですけど♩

でんさんは
山田旅館に泊まられたのですね!
あの風情、佇まい、只者ではない感じ、
お風呂に入れなくてそれだけは心残りです。



にしても
でんさんが歩く山、素晴らしいですね〜
blogに遊びに行ってもコメントも残さず失礼していますが
浅間山の三段紅葉で目の保養をさせていただき、
そして、 石尊山の紅葉は知る人ぞ知る、なのですね
赤、オレンジ、黄色、
どこをとっても本当にステキ。
(ここにも某ツアーが来るくらいとは )

短い秋ももう終わりですね。
この冬はどんな景色が待っているのか
お互い楽しみですね (^^)

編集 | 返信 | 

Latest Posts 0