FC2ブログ

尾瀬  東電小屋~見晴  2018 9/9  ①

 07,2018 21:24











秋の入り口










夏の終わりを告げるように
8月の後半になると
東京でもすさまじい雷とともに
局地的短時間大雨情報が出るような
この夏一番くらいに激しく雨が降った夜がある。


P9091846.jpg


それ以降
季節が駆け引きをしているかのようで
秋雨前線が本州にぴったりと寄り添い
どっちつかずのお天気が続いていた。


P9091847.jpg


みんなでどこか行こう♩
と楽しみにしていた9月の初めだったけど
お天気がねぇ…

じゃあ台風じゃなければしっとりしてても楽しめる
尾瀬あたりはどうでしょうねと
まだ雨の残る夜中の関越を走り戸倉へと向かう。


P9091849.jpg




P9091851.jpg


午前6時。

天気予報は回復傾向。

雨は上がっている鳩待峠から
滑る岩や木の階段に気をつけながら山の鼻へと向かおう。


P9091857.jpg




P9091860.jpg




P9091862.jpg




P9091864.jpg




P9091867.jpg




P9091869.jpg




P9091870.jpg




P9091872.jpg




P9091873.jpg




P9091874.jpg




P9091876.jpg


ほとんど人がいない山の鼻。

泊まりの人もこのお天気で
まだ様子伺いなのかしら。


P9091879.jpg




P9091881.jpg




P9091884.jpg




P9091885.jpg




P9091889.jpg




P9091895.jpg




P9091896.jpg




P9091897.jpg




P9091900.jpg


少しずつガスは上がっていく。

水玉をまとう葉っぱや木の実に足が止まって
進めない、まだ原の入り口なのに。







P9091904.jpg


静かな朝。
見わたす限り誰もいない。

雨上がりの光る木道も
それは美しかった。







P9091915.jpg




P9091918.jpg




P9091919.jpg




P9091922.jpg




P9091939.jpg




P9091940.jpg


ヒツジグサのかわいらしい哀しさに
静かに進む季節を感じる。


P9091942.jpg




P9091943.jpg




P9091948.jpg




P9091949.jpg




P9091952.jpg




P9091953.jpg




P9091954.jpg


燧ケ岳も厚い雲の中。


P9091955.jpg




P9091957.jpg




P9091958.jpg




P9091961.jpg




P9091962.jpg




P9091963.jpg


今日は東電小屋方面へと
左へ進みましょう。


P9091966.jpg




P9091974.jpg




P9091975.jpg




P9091977.jpg




P9091979.jpg




P9091987.jpg


前も後ろも誰もいない。




尾瀬はただ歩いているだけでいい。
風が吹けば風に吹かれて。
雨が降れば雨に打たれて。
光が差せば光のもとを。


ほんとうにそんなところだ。





(   つづく   )





関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts 0