FC2ブログ

鳴沢岳・赤沢岳・スバリ岳・針ノ木岳  2018 8/4・5  ①

 18,2018 19:17



夏山シーズン真っ盛り。




前回の『丹後山』が
あまりにもいろんな意味で強烈すぎて
戻って来てから半ば放心状態みたいになっていたけれど
季節は待ってくれないしお天気も良さそう。


夏山JOYは北アルプスに行くことにして
ハイシーズンの混み具合も気になるところだけど
扇沢からぐるり周回コースで稜線歩きを楽しもうと。


P8040687_convert_20180814202752.jpg




P8040696_convert_20180814202815.jpg


いつも夜中に通り過ぎるエリアで迎える夜明け
それは山の陰の重なる蒼さが美しくて。


P8040697_convert_20180814202834.jpg




P8040704_convert_20180814202932.jpg



AM 5 :30            


扇沢の無料駐車場はすでに満杯。

それでも一日1000円の駐車場エリアには無事に止められ
出発の準備を。


P8040709_convert_20180814202952.jpg




P8040711_convert_20180814203014.jpg


登山口では遭対協の方が
登山届の提出を呼びかけている。

なんと針ノ木小屋が昨日から水を汲みあげるポンプが故障して
素泊まりのみでしか宿泊を受け付けられないと、

このシーズン真っ只中でそれはお気の毒、、、


P8040713_convert_20180814203035.jpg




P8040714_convert_20180814203056.jpg




P8040716_convert_20180814203124.jpg




P8040718_convert_20180814203149.jpg





1DSC_0064.jpg




P8040723_convert_20180814203215.jpg


約2年ぶりの柏原新道。

前回の丹後山の急登が強烈すぎて
整備されて歩きやすいこの道は
ほとんど平らに見えるほど(もちろん心理的錯覚)笑


P8040724_convert_20180814203239.jpg




P8040726_convert_20180814203304.jpg




P8040727_convert_20180814203325.jpg




P8040731_convert_20180814203347.jpg




P8040732_convert_20180814203409.jpg




P8040734_convert_20180814203436.jpg




P8040736_convert_20180814203458.jpg




P8040737_convert_20180814203522.jpg




P8040739_convert_20180814203556.jpg




P8040743_convert_20180814203651.jpg




P8040744_convert_20180814203716.jpg


遠くに種池山荘が見えてくると
それだけでなんだか嬉しくて
実はまだまだ遠いんだけど
少しだけ足取りが軽くなる。


P8040746_convert_20180814203741.jpg




1DSC_0108.jpg




P8040766_convert_20180814204029.jpg




P8040773_convert_20180814204056.jpg




P8040776_convert_20180814204122.jpg




P8040778_convert_20180816065812.jpg




P8040781_convert_20180816065840.jpg


明日そこにいるはずの針ノ木岳や
針ノ木の雪渓も今日はクッキリ見えていて
その急な斜面は大変そうだなあと思うけれど
実感がないのでまだ鼻歌気分。


P8040783_convert_20180816065900.jpg




P8040787_convert_20180816065926.jpg




P8040789_convert_20180816065957.jpg




P8040794_convert_20180816070023.jpg




P8040795_convert_20180816070044.jpg




P8040796_convert_20180816070114.jpg




P8040800_convert_20180816070206.jpg




P8040804_convert_20180816070236.jpg




1DSC_0194.jpg




P8040812_convert_20180816070408.jpg




P8040813_convert_20180818075850.jpg




P8040814_convert_20180818075917.jpg




P8040816_convert_20180818075950.jpg




P8040820_convert_20180818080051.jpg




P8040821_convert_20180818080126.jpg


 最後の鉄砲坂はここまでの疲れや暑さで
ジワジワとボディブローが効いてくるように
キツくてなかなか足が前に進まない。


1DSC_0222.jpg




P8040826_convert_20180818080258.jpg




それでも
樹林帯の終わりが見えてくると
山荘まではもう一息とわかるから
抜けるような夏の青空の下
あの稜線まで最後の登りを楽しむように
石畳の登山道をゆっくりと上がっていく。





(   つづく    )






関連記事

Comment 0

Latest Posts 0