FC2ブログ

焼岳・上高地  2018 3/17・18  ③

 04,2018 19:33






眼福の山頂











ここから上
焼岳の肩まではほんのわずかな距離だけど
岩と雪、まだ氷がカチカチの部分もあったり
そして何より勾配が更にキツくなるので
一歩一歩慎重に。


























緊張の雪の壁。

それが終わって顔を上げると 
待っていたのは・・・















穂高に槍ヶ岳まで。

眼下の上高地から視線を上げると
昨日降った雨と雪の境界線をくっきりと残す
蝶ケ岳から常念までも。





あゝ頑張ってよかった。

この先の岩場を越えれば
焼岳北峰の山頂が待っている。

























AM 11:35 

誰もいない
風も穏やかな北峰の山頂についた。










いつかは
雪の時期にしか行くことができない南峰へも。















南峰から右回りでぐるりと
遥かな白山に
笠ヶ岳から双六方面のひときわ白い山塊
槍ヶ岳から穂高から
霞沢岳から青いシルエットの八ヶ岳
そして生クリームのような乗鞍岳まで。











眼福。


以外の何物でもない、この山頂。



間違いなく
これまでの雪の山頂のベスト3には入ってる。
うん。






























栃の湯から登ってきて
南峰を踏んでから

「いや~、ここへ来るまで大変だった。」

と、笑いながらほぼ同じ時刻に北峰へ来たお兄さんは
颯爽と上高地側へ下っていった・・・















世の中には凄い人たちがゴロゴロといる。



でも、それはそれ。
自分はといえば
山頂に立てたことで緊張感からの安堵を体感してしまったけれど
でもまたこの下りに更に緊張感を高めないと
危険なことは重重承知はしているので
少ない山の経験をまた総動員しながら
ゆっくりゆっくりと次の一歩を確認しながらの下山にかかる。















木曽駒ケ岳の八丁坂を思い出すこの傾斜。


写真で見るとどーでもない様に見えるけれど
雪のコンディションもあるけれど
八丁坂より何倍も気を遣った登り下りだった。



































戦い済んで・・・






至福のひとくち。
涙が出そうだった。












おなかは空いていたけれど
緊張感でそれどころではなく
雪崩の心配のない場所まで下ってきて
時計を見れば13時だった。


ひとくち飲んだビールがどれだけ美味しかったか
温かいカレーヌードルがどれほど美味しかったか









今、思い出しても
涙が出てきそうなんだ。





(   つづく   )




関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts 0