FC2ブログ

焼岳・上高地  2018 3/17・18  ①

 01,2018 19:20









春はあけぼの

やうやう白くなりゆく
山際 すこし明かりて
紫だちたる雲の細くたなびきたる








朝6時の中の湯に到着すると
向かいに見える山際が優しく白んできて
ふと、もう冬の厳しい寒さとは違う
季節の移りゆくさまを
目の当たりにしたような気がした。










身支度を整えて
建物の裏手の登山道へと進むけど
秋に来た時の穏やかさとは違う
雪の道がどれだけ厳しいのか
それをこれから体感するのに少し緊張しながら
ゆっくりゆっくり歩き始める。








































秋に来た時車を止めた
登山道の入り口へ着いて振り返ると
朝の光が、山際から差し込んできたまぶしさと
深まる青空にこんな朝を迎えた
例えようもない嬉しさでいっぱいだったけれど
そこは大規模に雪崩れた跡だということを確認して
気を引き締め直して焼岳の入り口へと足を進める。


















































細くたなびきたる雲、は
雲海となって景色を作っている。



































雪の時期ならではの直登の急登を
斜面だけ見つめながら登っていく。

















































































急登と緩斜面の繰り返し。


樹林帯の中に差し込んでくる
優しい春の陽射しが
雪に描き出す蒼い翳がとても綺麗で
立ち止まっては溜め息をついていた。





(   つづく   )






関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts 0