FC2ブログ

日光澤温泉  2018 2/24・25  ②

 12,2018 19:17



八丁湯を過ぎると
雪はさらに降りしきって
目に見えて雪の深さも増していく。






























雪下ろししなくて大丈夫かしらと
余計な心配を。



































あ、いた。





お待ちしてました。


そんな風体で看板犬がお出迎え。




















人が大好きなのか
いつの間にか足もとによってくる。

いい子だね。










すきま風もあちこちから来るけれど
コタツが嬉しい。

窓の外はさらに激しく雪が降りしきる。















とりあえず、、、おつかれさまでした!




















甘いもの食べて落ちついて
源泉かけ流しの温泉に浸かって
出てくればまた始まる酒盛りが。















午後5時半。

夕食ですと声をかけられ下りていくと
今日はお客様が少ないから談話室で、と促され
薪ストーブで暖められた特等席にお膳が用意されている。















美味しい。

























お腹もいっぱい
いいきもち。



































吹雪くように降っていた雪は
寝る前にまた温泉に入る頃には止んでいて
頭の上には月も輝いていた。












木造の古い建物は廊下に出るとシンシンと冷えて
部屋まで戻る前に
電気が消された談話室の扉をガラガラと開ける。




もう薪が熾火となっていたけれど
その部屋の空気はふんわりと暖かくて
ほろ酔いと温泉に浸かって上気した頰を
やさしく両手で包んでくれるようなあたたかさだった。






(    つづく   )





関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts 0