FC2ブログ

木曽駒ケ岳  2017 12/30

 10,2018 20:41



久しぶりに3人で行くかぁ…



地元の元祖登山部の、シゲシゲと隊長と3人で
本当に久しぶりに予定を合わせられたのがこの年末。

ラッセルで上まで上がれなさそうなら雪訓するぞ、ということで
シゲシゲがトレーニングのベースにしている木曽駒ケ岳へ向かうことに。



駒が池に着くころ
ちょうど主峰が白く浮かび上がる。



DSC00010_convert_20180110203341.jpg







暮れも押し詰まったこの時期に
こんなに人がいるのかと意外だったけど
この分ならラッセルしなくて済みそうだね
なんて始発のバスを待ちながら話していたら
ありがたいことに臨時バスが出るという。





バスとロープウェイで一気に2800メートル越。


一番のロープウェイには県警の山岳警備隊の方や
シゲシゲのクライミングの先生の「はなちゃん」
(登山ガイドで中央アルプス山岳警備隊もされている)
も一緒になり、皆さんはこの年末の登山者への注意喚起をされるらしい。
おつかれさまです。
ありがとうございます。




高度順応でしばらくゆっくりしてからね、と
ホテル内でウロウロしてから外へ出てみれば裏切られないこの景色。  
























今日は稜線は爆風予報。

上まで行くのが無理そうなら雪訓でもいいよねと
シゲシゲがトレーニング用の装備一式担いできてくれたけど
トレースもあるし上を目指しましょうか。















稜線を越えて吹き降ろしてくる爆風と雪煙に耐えながら
一歩一歩確実に足元を確認しながら進む。















浄土乗越まで無事に上がって
更に強い風に晒されても
この景色を見ればやっぱり来て良かったと思う。

と言いながらカメラを構えていても
風に吹かれて足元がふらつくほど。

























中岳までくれば
紺碧の空の向こうに
更に真っ白な御嶽山。















そして宝剣岳の向こうに
空木や南駒ケ岳の秀麗な峰が見えてくれば
山頂まであと少し。





















AM 11:40 木曽駒ケ岳

山頂の更に奥には北アルプスも
今日は雲に隠れず白銀の峰が並んでいる。















夏に憧憬の想いで眺め
秋に心弾ませ歩いた
南駒ケ岳から空木岳への稜線
冬になって雪を纏い
険しく美しく輝く姿を見ることができて
想いはさらに深まって
山を歩く喜びを痛感する





・・・・・のだけど、実際は
まっすぐ立っていられないくらいな強風に
山頂滞在5分で撤退 笑



































緊張感高まる八丁坂の下りは
カメラを出す余裕もなく
安全地帯まで真剣に下る。















どうしても千畳敷のふかふか真っ白な雪の上で
山頂デザートをしたかったので
ワガママを言ってトレースを避けたところでひと休み。


珈琲が染みわたる。。。















行ったばかりのロープウェイ。

時間もあるからレストランでご飯食べて帰ろうかと言ってるそばから
臨時便が出ますとのアナウンスに
そそくさと荷物をまとめて下山の用意。











この二人と出会って
ある意味封印していた山を
本格的に再開してから7年ほど。


最近はそれぞれの立場や山への向き合い方の違いから
前みたいに頻繁に3人そろって山へは行けないけれど
そして3人のザックもそれぞれ
出会った頃とは変わっていて
流れた時間を思わせる。










でもやっぱりこの二人のおかげで
今も私は山にいる。




「いつか3人でサギダル尾根を登るぞ!」  シゲシゲに言われて

「わかった、頑張る・・・」

思わずそう答えてしまったけれど
いつになるかわからないけど
そんな日が来るまでよろしくね。







(  おわり  )







関連記事

Comment 0

Latest Posts 0