FC2ブログ

尾瀬 アヤメ平~見晴 2017 7/22・23  ⑥

 07,2017 19:16








雨でも晴れでも


















尾瀬名物の歩荷さん。
おつかれさまです。





雨は降ったり止んだり気まぐれで
木道を歩いている人のほとんどは
上下のレインウェアをつけているけど
物凄い湿気に加えてほとんど風は吹いていないので
汗をかくだけだから雨が降れば傘だけさして歩いていく。

尾瀬だからこそ。










去年の秋、工事中だった新しい木道とのつなぎ目も
少しずつ色がついて馴染んでいくんだね。















川の中一面に
ニョロニョロが揺れている。















池に映るのは白い雲ばかりで
逆さ燧は残念ながら見られなかったけど…

振り返ると
生クリームてんこ盛りの燧ヶ岳。

























目の前に迫る至仏山。
帰ってきちゃったな、そんな気分になる景色。

























山の鼻小屋でおつかれさま。





いつでも美味しいクリーミィな泡。















お蕎麦とデザートを食べたら
自然研究園へも足をのばして。

























あれだけ山の鼻には人が溢れていたのに
こちらに一歩入るとほとんど人もいなくて
アヤメやニッコウキスゲもたくさん咲いている。


ほぼ貸し切りの贅沢さ。





目を惹くこんな子も。



































小さな池のほとりに
仲良く咲き並ぶキスゲたち。

























何年か前GWに至仏山に登った時は
まだ一面の雪原だったんだ。
夏はこんなに優しい顔してる。










モダンな手ぬぐい柄みたいな池面には
青空も映っている。










喧騒の山の鼻。

古い無料休憩所だった場所にできていたのは
お洒落なcafé だった。




















橋を渡ると
あぁもう尾瀬の時間は終わりなんだな・・・
いつもそう思いながら渡る。




















山の鼻から鳩待峠までの緩やかな登りは
帰り道の足にはかなり堪える。
しかもテント装備一式担いでいる身には。

だから登りの途中で写真を撮りながら
実は休憩していたりする(笑)















空が急に開けて鳩待峠へ。

至仏山から下山してきたたくさんの人たちと一緒になる。
足早に乗合タクシーの乗り場へと向かう。












土砂降りだった雨は
戸倉の駐車場に着く頃にはすっかり上がり
青空さえ覗かせていた。








山を歩くなら
もちろん青空が見えている方がいい。

だけど尾瀬なら
雨でも晴れでもどんなお天気の時でも
その時にしか見ることのできない表情を
覗き込んだ人にだけそっと見せてくれる。

そんな優しさが 心に染みるから
またしばらくすると行きたくなってしまうんだろうね。




次に行く時には
どんな顔して迎えてくれるのかな。




(   おわり   )





関連記事

Comment 4

2017.08.07
Mon
22:46

tahara_t2 #-

URL

久しぶり。

こんばんは。
しばらく見ていなかったらカメラの腕を上げたかな。!

尾瀬に雨ってよく似合う。

更けていく夜を楽しんでいるのが良い。

にしてもこの宴会テン泊するものの特権をフル活用。!!
時間も他人も気にする必要がない、後は酔っぱらえるほどアルコールを持ち込めたら良いのにね。(;^_^A

余裕がある山歩きは見ている方もチョット引き込まれる。

編集 | 返信 | 
2017.08.09
Wed
13:57

しまこ #820fvE22

URL

ようこそ。

こんにちはタハラさん。
忘れずに訪ねてきてくれて
ありがとうございます♪

腕上がったように見えますか?!

それはやっぱり尾瀬Magic なのかな〜w
水滴のついた花や緑
靄がかかった蒼い山の端
そんな景色はどこをどう切り取っても
素敵ですからそう見えるのかも〜
でも褒め言葉として嬉しく受け取らせていただきますね(^_-)

そして尾瀬だからこその宴会山行ではありますが
一応周りの方々のご迷惑にならないように
(早出早立ちの方も多いですからね)
静かにしみじみ呑んだくれてます 笑
お酒が足りなければ小屋の売店にもたくさん置いてありますしね〜
呑んだくれても寝るのは早いし起床は3時だし…
えらいでしょ!

お天気が悪そうな時は
それなりの所へ出かけて楽しむことも
ようやく覚えましたので
ピークを踏まなくても
居られるだけ山の中に居られれば
それが楽しい日々なのです(^^)

編集 | 返信 | 
2017.08.14
Mon
23:19

eri #-

URL

同じ日に…

同じ日に、同じ風景を見ていたと思うと、とても嬉しくて…
楽しみに待っていて、楽しく見せていただきました!
私たちは、御池から三条の滝経由で見晴へ。
原の小屋の写真があったけど、あの時間には、あの中にいたと思うと、ちょっと面白い。
尾瀬は本当にいいですね〜!

編集 | 返信 | 
2017.08.16
Wed
07:19

しまこ #820fvE22

URL

同じ場所で…

夏真っ盛りなのに
毎日毎日雨ばかり…

あの尾瀬の週末はまだまだ
お天気良かった方に入るのかなあー、
なんて思えてしまう空ですね(泣)

恵理さんがあの時、
原の小屋に泊まって見晴にいたとわかって
もしかしたら夕方や朝の写真のどこかに
写ってないかなー、なんて見返しちゃいましたよ^^
こんなニアミスを繰り返して
そのうちどこかでバッタリ!なんてこともありそうですね。


尾瀬は今まで日帰りでしか行っだことがなくて
泊まらなければ見られない
夕暮れや朝の景色をとても楽しみにしていたんですが
テント内床上浸水(笑)には参りました(^^;;
…ああ、小屋泊まりの人たちいいなぁ…と
思いながら水をかき出してましたよ(笑)
機会があれば一度は小屋泊まりもしてみたい尾瀬でした。



にしてもこのお天気…
少しでも夏空が戻ってきてくれて
夏が終わる前に夏山も満喫できることを祈りましょう(^_-)

編集 | 返信 | 

Latest Posts 0