FC2ブログ

尾瀬 アヤメ平~見晴 2017 7/22・23  ⑤

 04,2017 20:34








見晴の朝を。





























ここでこうして
尾瀬の朝の一部になっている。





青空が出なくても
朝の光が差さなくても
足元には水滴を纏った小さいものたちが
輝いている。




















尾瀬の朝は意外に早くて予想外だった。

5時前だけどすでに小屋から続々と歩いてくる。
昨日の夕方のように
皆さんもっとゆっくりと尾瀬を楽しんでいくのかと
思っていたから。








































墨絵のような至仏山。


足元の草さえ木道から顔を出しているだけで
愛しくなる。きっと尾瀬Magicなのだろう。










ほどよくお腹も空いたところで朝ごはん。





モーニング珈琲は筑波山ブレンドの
ほっとする温かさで。





また雨の音。





急ぐ旅でもないのでテントでのんびりしていたら
少し雨も小降りになってきたみたい。





テントを撤収してパッキングが終わる頃には
ほとんど傘もいらないくらいに。




















また
いつか
あのテラスで生ビールを。






























竜宮小屋の窓から
手を振ってくれた招きねこ^^
また来るね。




















昨日歩いてきた道も静かに朝を迎えている。

















 












気まぐれのようにときどき降っては
また止む雨。

























肩寄せあってリズムをとって
ハミングしてるようなダケカンバ。










本当はもっと一面にニッコウキスゲが
溢れているという。
今年は少ないのだそうだ。








































でも充分に
この季節の華やかなキスゲの色を見ることができたから
しかも雨に打たれて艶めいた極上の色を。





一面の緑の中には
これくらいの分量が程よいのかもしれない。




至仏山もずいぶんと近づいてきた。




(   つづく   )






関連記事

Comment 2

2017.09.01
Fri
12:23

shosan #-

URL

雨友。

雨。

雨も今となってはなんだか
いい友達になれそうな。

や、これまた大事な友達かな。

雨だってきっと嫌われたくて
降ってるんじゃないもんね。



緑がお花があんなに嬉しそうだよ。
あんな顔ついぞボクたちには
見せてくれないよね。


雨。

なんか懐かしいね。
雨のお陰でこれまた印象的な山旅に
なったんじゃないかな。

珈琲カップのグリーンはshimakoko
得意の表現。

物語が出来そうな…

いいね。


それから小窓の招き猫。


いいね。




雨も悪くないなって山旅が
溢れてるね。


いいよ。


編集 | 返信 | 
2017.09.05
Tue
15:36

しまこ #-

URL

たいせつなともだち。





あめの尾瀬。
しと
しと
ふる雨。


あれ
から
もう
ものすごく
時間が経ってしまったような
いや
いや
ついぞ昨日のような。

あめの尾瀬。




の喫茶室から見てた雨も
水滴模様の
ペットボトルから
ちびり
ちびり
呑りやがら
小ぶりになるのを
待ってた雨も
だいじな雨友。

カップに映る
グリーンの向こう
には
きっと
違う世界がある
と信じてる。
その世界は
晴れてる
かもしれないけど
雨友が居ると
そのときの
匂い

感触
まで鮮明に、憶えてる。


雨友、いいよ。


編集 | 返信 | 

Latest Posts 0