FC2ブログ

会津駒ケ岳  2017 5/4・5  ②

 17,2017 20:33







ごほうびの山。












まだ雪に半分埋まっている駒の小屋。

おととしの夏に訪れた時は
一面の緑の草原に建つ
大草原の小さな家のような雰囲気で
小屋の前にある駒の池にその姿を映していたけれど
まだ駒の池は雪原のはるか下。


開眼するのはまだまだ先のことなんだろうな。










そしてここから見る燧ヶ岳と至仏山は
仲良く並んで
はるかに日光連山に
越後の山山はひときわ白く輝いて
アルプスとは違うおだやかな寛容の山並みが
見渡す限りに広がっていた。




















小屋はまだお掃除中では入れないので
外に掘られた雪のベンチとテーブルで
簡単なお昼ご飯を取っていると
鮮やかな二重の環水平アークが空に浮かんでいた。


しばらく山に行けなかったご褒美かな。















腹ごしらえをしたら
とりあえず山頂を踏もうと。



トイレをお借りしても
思わずこちらがにっこりしてしまう。










隣でもうひとつベンチを掘り出していた小屋のご主人は
いつの間にか居なくなっていて
どうやら空に出た虹を撮りに
サクッと山頂まで駆け上がっていたみたいだった



私たちも出発、
と言ってもほんとに目の前。















なだらかでおだやかな雪の稜線の上には
軽やかな雲と青空があって
野球でもできそうな広々とした山頂から出ていたのは
夏なら見上げるほどの山頂標識の「会」の字だけだった。






















山頂デザートは
風もなく暑いくらいの陽射しの下で苺のパウンドケーキを。




















前回時間切れで行かれなかった中門岳方面は
美味しそうな生クリームのツノのような
雪庇に沿って足あとがつけられていた。















今日の予定は
あとはもう、とりあえず小屋でゆっくり…

ああ、なんて贅沢な景色と時間だろう。



















あまりにお天気もいいので
下りてきてまたデザートを。


暑くて山頂で淹れなかった珈琲を淹れて
タイチローサンが持ってきてくれた
湘南名物ほろほろ抹茶を。




(  つづく  )  




関連記事

Comment 0

Latest Posts 0