FC2ブログ

城山カタクリの里  2017 4/17

 24,2017 17:06






毎年この季節になると
カタクリの群落の写真をよく目にしていた。

栃木とか山梨とかちょっと遠いところ。


下向きに、控えめに咲く、
でも森や林の中一面に咲くカタクリは圧倒的で
いつか見てみたいと思っていたら
意外に近くにもそんな場所があることがわかって出かけてみることに。




予定していた四月の初めはお天気が悪くて
雨降りだと花が開かないと聞いて泣く泣く見送り。

そうこうしているうちに行ける日がなくなって
カタクリの盛りも終わってしまい
調べてみればもう期間限定の閉園日になっていた。





ところがよくよくホームページを見ていると
花期の遅れた黄花カタクリが見頃のため
開園期間を4日ほど延長すると書いてある。

これは行かなきゃ

振替休日にした月曜日は
お昼からお天気が崩れる予報だったけど
ひとりだと重い腰を頑張って上げて
通学の学生で混雑する橋本駅からバスに乗った。










バス停から徒歩20分ほど。
地図を頼りにかなり歩いてのどかな郊外の路地の行き止まりみたいな所に
唐突に城山カタクリの里はあった。


入園料を払い地図をもらって
平日の朝一番ということでまだ人もほとんどいない。

























ゆっくりと整備された園内を歩くと
そこここに見たかった春の花が溢れていた。












そして黄花カタクリ。









見回せばあちらもこちらも
斜面の一角を覆うように
スカートの裾をつまんでお辞儀をしてるみたいな
満開の花で埋め尽くされていた。








































どこから見てもかわいい。




















黄花カタクリが咲く道を抜けて奥へ。





ホウキモモと呼ばれる
背が高くて天に向かって花いっぱいの枝を伸ばすそれは
白、赤、ピンクと色とりどりで
見たこともない春の景色を作っていた。




















ツツジに桃に桜の小径。





貸し切りで。






























ニリンソウにしだれ桜まで。

















しだれ桜の下にも黄花カタクリたちがいた。














前を見ても振り返っても
絵本の1ページみたいな
色とりどりの花がちりばめられた園内を
カメラを向けながら歩いていたらもうお昼近くになっていた。












ここからは町田市の最高峰で南高尾の草戸山へも近いから
そこから高尾へ抜けようと思ってたけど
午後から雨の予報だから無理せず来た道で帰ろう。



来年もきっと来よう、そして高尾まで歩こうと
なんだかとっておきの場所を見つけたみたいな嬉しさで帰りのバス停までの道を歩いた。






(  おわり  )







関連記事

Comment 2

2017.05.11
Thu
15:13

sho #KoNKZ68I

URL

こゝろ彷徨

なんだかとっても久しぶりで…
ちょっと緊張気味にクリックすれば
いつもの和みの写真と添えられた
優しい文章。

もうすっかり季節は春…
そしてせっかちな夏が背中をとんとん
叩く日々。



あぁ
綺麗だな。


夢心地ってのはこんな景色の中にあるんだネ。
何よりヒト気がないのが嬉しいね。


うふ
うんうん
スカートの裾つまんで…♩
黄色いドレスを来た貴婦人達が優雅に会釈して
これから舞踏会の始まり始まり…


ミドリの絨毯に
黄色いドレスが映えて本当に綺麗だね。


絵本のような1ページ。
ちょっと照れちゃうような色とりどりの風景の
どこか片隅には寂しそうな冬のカケラが落ちてないかな…
もう一番遠い季節になったんだよね。


あぁ
とっておきの場所がふえればふえるほど
都会には戻れなくなりそうな気がして…
戻らなくてもいいようになる日が来るかな。


いやされました。
今日はこの辺で。

編集 | 返信 | 
2017.05.12
Fri
10:02

しまこ #820fvE22

URL

止まり木で こゝろ休めて



よかった〜忘れられてなくて♪


でも、師匠
なんとなく
ちょっとおつかれ気味ですかね。

久しぶりに扉を開けてもらえて
とっても嬉しいけど
とりあえずの一杯は
ビールではなくて
ショットグラスでバーボンなんかどうですか。

まぁどうぞ^^




百花繚乱らん・ララん♪ の春も
実はあっという間に過ぎてしまうんですよねぇ。
ウッカリしてるともう、夏?なんて
それでも一斉に咲く花たちと
黄色い貴婦人はそれはそれは見事で
柔らかな風に吹かれながら
春色の極上パレットみたいな風景を見られただけで
山には行けなかったけどこの春は良しとしようかな、なんて。

お師匠さまも
城山の春を満喫されたみたいですね♫
確かに一番遠い季節になったけど
もうむりに冬の形見を探さなくても
来る季節を健やかに迎えられれば
それ以上のことはないんじゃないかなあ
なんて
師匠の美しい写真を見ながら思ってました。
(だったらコメント入れましょう 、って 汗)

花が咲いたら花の山を
雨がふったら雨の山を
と思うけど
こんなお花の季節があと
2ヶ月くらいあったらもっと世の中
シアワセなんじゃないかなあ、なんて思った春の日でした。



今日はこのへんで。
つづきはまたに^^

編集 | 返信 | 

Latest Posts 0