FC2ブログ

木曽駒ケ岳 2017 3/18  ①

 25,2017 19:18







白い季節に

















この一週間前、木曽駒に行こうと言われていた。
週末のお天気は晴れの予報で土日とも休みになっていた。


でも行けなくて、それは何というか
前の週に上高地ハイクをして満たされてしまったこともあったけれど

・・・無理して行くと危ない予感がする、なんとなく。

そんな感じだったからヨーコチャンとタイチローサンにごめんなさいと言って
おとなしく下界で過ごしていた。





photo by タイチローサン








そしてヨーコチャンはひとりで黒百合ヒュッテに行き
タイチローサンはひとりで木曽駒に来ていたのが一週間前のことだ。

何となく危ない予感は別のところで的中してしまい
その日編笠岳ではルリコサンとリホサンが別の時間帯だけど
怪我をして骨折してしまうという悲報が入ってきたりしていた。











そして今週。

気力も回復、土曜日なら、ということで直前まで天気予報とにらめっこして
タイチローサンは2週連続になっちゃうけど
それでもオーケーと言ってくれたので木曽駒ケ岳を目指すことになった。

今シーズンはガイドさんについて
この木曽駒をベースに本格的に訓練しているシゲシゲが
ロープウェイのフリーパスを買っているおかげで
駐車場は無料、同行者も往復二割引の嬉しい特典がついていた。







 












ロープウェイを降りて建物から出ると
完璧な青空と千畳敷カールが迎えてくれた。















南アルプスもお行儀よく一列に並んで
ちょこんと富士山の頭が顔を出している。

完璧だね、今日は。















同じく一番のロープウェイに乗ってきていた
長野県警や山岳救助隊の方たちが先週の滑落事故を受けてか
チラシを配りながら装備やルート上の注意を登山者にしている。
もちろん私たちもチェックされて気をつけるように促された。

気を引き締めなくては。

























これだけ雪のある時期に来るのは初めての木曽駒ケ岳。
浄土乗越まで一直線に続くトレースにどきどきワクワク。




















蒼すぎる空。


止まってはカメラを向けたいし、暑くて一枚脱ぎたいけれどシゲシゲに

「雪崩が危ないからここはだめ!」

ここを冬のホームグラウンドにしてプロについて訓練してるシゲシゲに言われては
黙ってがんばるしかない。

かなりカールの上まで上がってから
トレースを避けてウインドストッパーも脱いでシャツ一枚になって
この恵まれた天候で上まで上がれることに感謝しながら進もう。















この先は緊張の傾斜が続く。
一歩一歩確実に。















時間にすればそれほどでもないだろうけど
無言で、足元だけに神経を集中して歩いてきたので
浄土乗越に着くとホッとした気持ちでやっと周りの景色をゆっくり眺めることができた。


































絵になる人が。



と思ったらタイチローサンがツツツとその人の方へ…

「Fさんじゃないですか?!あー!やっぱり!!」

と、ここでも河童橋での再会の再現みたいにFB友達の方とばったりと。



















春待つ宝剣岳。























今日は風も弱いので稜線歩きも楽しそう。





(   つづく  )






関連記事

Comment 0

Latest Posts 0