FC2ブログ

雲取山  2017 1/3  ②

 09,2017 08:15











避難小屋に入ってほっと一息。

お湯を沸かして簡単にカップ麺のおひるごはんだけど
温かいものをお腹に入れると本当にほっとする。


地元では有名なケーキ屋さんの焼き菓子が
今年初の山頂デザート。
しっとりぎっしり詰まったバター感たっぷりのそれらは
珈琲との相性も抜群で今日も美味しい時間は幸せな時間に。














ちゃんと時計や鏡まで掛けられて
綺麗にそして大事に使われている避難小屋。







さて、そろそろお天気は回復したかしら。










外に出ると素晴らしい青空が戻ってきていた。
午前中一時曇りでお昼から晴れという天気予報通り。

山頂もさらに賑わっていて
みなさん新しい2017mの表示の入った標識とにこにこ写真を撮っている。

























南アルプスだけは遠くの雲の中で見えなかったけど
よかった、奥多摩が初めてのタイチローサンに
ぐるりと360度の景色が見せてあげられて。






お天気はどんどん回復傾向
まるで1月の2,000メートル級の山とは思えないくらいの暖かさに
まだまだ次から次へと登ってくる人もいる。

いつまでも居たいところだけど下山することにしましょうか。































奥多摩小屋では布団干し。














下山はあっという間で、ブナ坂を前に
ここまでずっと手を繋いで歩いているみたいに
となりにいてくれた富士山もそろそろ見納めかな。






























絵に描いたような青い空に白い雲。












木の橋を渡った所で足が止まる。








足元がキラキラ光っていた。


寒さが厳しくはないから岩から滴り落ちる雫は氷柱にはならなくて
落ちた雫がどんなふうにしてこうなるのかはわからないけど
それは不思議な造形で
硝子のビー玉を溶かしながらくっ付けたみたいな
午後の陽射しにキラキラ光る寒さが作る美術品のようだった。










午後になって太陽が回ってくると
葉を落とした斜面を明るく照らしてくれて
行きの時とは全く違った山の表情を見せてくれる。










そして以前から気になっていた水場に寄り道。

杉林の中から湧き出る水は
それほど冷たくなかったけれど
とてもまろやかで口当たりの良い優しい味の水だった。

























15時前には駐車場へ。


丹波山村の「のめこいの湯」にゆっくり浸かり来た道を帰る。
楽しかったねー!
初めてこのエリアを歩いたタイチローサンも気に入ってくれたみたい。


今年初めての山は
意図したわけではないけれど2017mの雲取山。
2017年のうちに登りたいなとなんとなく思っていたけど
まさか登り始めに来ることになるとは。




また今年も山が見せてくれる景色や
山が繋いでくれた人たちとの時間を大切に
安全に山を楽しみたいなと思う年の始め。


今年もどうぞよろしくお願いします。




(   おわり   )



関連記事

Comment 0

Latest Posts 0