FC2ブログ

船窪小屋  2016 8/13・14  ①

 18,2016 09:28



fc2blog_201608190708255f8.jpg










8月13日 (土)


真夜中を回ってついた七倉温泉の駐車場には
かなり手前の路肩から車があふれていた。

一番奥まで行っても満車状態…

Uターンしてくるとなんとか数台空いてる一角にKちゃんが車を止めてほっとひと息。








この週末は、船窪小屋に泊まりに行く、という
ちょっといつもとは違う趣向の山。


同行するのはKちゃんと、共通のフォロワーさんのMちゃんと
Mちゃんの山のコーチというHさん。

MちゃんもHさんも安曇野在住という羨ましい話なのだけど
Hさんはボランティアで船窪小屋のお手伝いや登山道の整備などをされている方という、
言ってみれば今回はガイドさん付きの贅沢な山旅。







明け方の出発までには3時間くらい寝られそう。


Kちゃんの車のラゲージスペースにシュラフを広げて潜り込むと
窓から見えたのは満天の星空。

山あいの狭い空だけど天の川まで見えて
しかも昨日今日はペルセウス座流星群の極大日。
ぼおっと眺めているだけでも星屑があちこちに流れていく。


こんなに大きな流星を見たのはいつ以来だろう…


なんだかひとり興奮して
横で運転に疲れて寝息を立てているKちゃんとはうらはらに
なかなか眠れないで空を眺めていた。







AM5:00  起床。


今日もいいお天気になりそうな空。

多分ここへ来ている8割方は烏帽子岳方面への登山者らしく
タクシー乗り場は早くからたくさんの人が並んでいた。

今日は船窪小屋へ着けばいいという行程なので
朝の支度もなんとなく余裕でゆっくりめ。
6時半前、全員準備も終わりゲート横の黄色いポストに見送られ出発。

(…と書いておいてなぜか黄色いポストの写真がない。。。
その訳はいずれわかるんだけど。)



烏帽子岳…
いつかこのトンネルの向こう側へ行くこともあるのかな、
そんなことを思いながらトンネルから右へ折れて船窪小屋への道を進む。










小屋までの道には標高140mごとに
1/10から10/10までの表示が出てくることや
この先がどんな道であるかということ
Hさんがこの道を落ち葉掃きや岩を動かしたり
倒木を切ったりして整備した時のお話などしてくれて
普通に歩くだけではわからない
その一歩一歩をなんだかしっかり心して歩かなきゃ、、、
そんな気持ちでしょっぱなからのかなり厳しい急登も
気づけば最初の急登終わりのプレート。











 













先頭のHさんは休憩を挟みながら
歩きやすいペースで歩いてくれる。


岩小屋と呼ばれる大岩では

こうやってビバークするのよね♪ 

と、Kちゃんのデモンストレーションが見られたり^^




















この辺にはオオヤマレンゲが咲くんですよ、なんてHさんの解説に
それが咲く季節にも来てみたいな、と思ったり。


この先に広い場所がありますからそこで休みましょう
と言われて着いたのは「お休み処」の看板の文字。
夜通し運転してきたKちゃんは仮眠したとはいえさすがにきつそう。

ちょっと寝かして…

とお昼寝タイムへ。










その間にMちゃんとお話ししてると
Mちゃんのお母さんの実家は大町だということがわかり。

私の母も大町が実家…五日町で、というと

Mちゃん 「うちもそう!! 昔、映画館があったそばで…」

私  「映画館あった!子供の時、夏休みにガメラとか見に行ってたよー!!」

Mちゃん 「ええーー!! ( ⊙⊙)!!」

世間は広いようで狭い…ナーンテそんなことでかなり嬉しかったりする。


そうこうしてるとガスも出てきて冷えてきているので
そろそろ前に進みましょうかと
Kちゃんもむっくりと起き上がり
少し寝られたのでちょっとはすっきりしたみたい。





この先はウワサに聞く鼻突き八丁が待っている…









延々と続く梯子を登り鼻突き八丁をやり過ごす。。。



やがて道はダケカンバ通りに変わって樹林帯を抜けたことを知る。
振り返ると
あの暗闇からポカっと出てきたのだということがよくわかる。











そして天狗の庭へ。

この白い雲がなければここにはどんな景色が見えるのだろうと
しばし悶々と、でも、とりあえず急登はもう無いのかなとという安堵感とで
買ってきたいなり寿司を頬張ってみる。










船窪小屋まで50分という表示に
森林限界を超えて
気がつけばハイマツの道へ。

まだまだ登り調子の道だけど
頭の上が開けている、というだけでかなり気持ちは楽かもしれない。










やがてお花畑と思われる場所になると
道はもう緩やかになって
優しい斜面にはチングルマの花穂の群落やワレモコウが姿を見せていた。

左手の空には青空も見えて
この稜線上で風がぶつかっているのがよくわかり
この先開けたら、もしかしたら…裏銀座方面がバーーーンと見えたらどうしようかと
勝手にドキドキしながら歩いていた。

























やがて尾根を乗り越えて
ダケカンバの下を道が左手につけられた跡をたどると・・・





タルチョがたなびく青い屋根。


船窪小屋だ。


Mちゃんは憧れの船窪小屋まで来れて
感無量とばかり泣きそうになっている。






噂に聞いていた通り
登山者かやってくると鐘を鳴らしてくれるという
その場面も目の当たりにすることができて
私自身も感無量。

こんな嬉しいことは無い。






お茶をどうぞ~~

と差し出されるお茶をありがたくいただいて
とりあえず外のベンチに腰を落ち着けると
あゝ本当に来たんだ。。。


と、Hさんが持ってきたのは
この日のために事前に荷揚げしておいてくれたというビール。
もう、もう、それはありがたくイタダキマス。

おつかれさま!カンパーイ!!






標高差1400mはなかなかキツイ、、、
いや、かなりキツカッタ。。。

でも無事につけて本当にほっとした気持ちでビールをいただいた。


そしてそのあと出てきたのは
Kちゃんが作ってきてくれたレアチーズケーキ♪
Hさんが担ぎ上げてくれた五一ワインと一緒に。










針ノ木岳も見えている。

あゝしあわせ。





(   つづく   )





関連記事

Comment 2

2016.09.09
Fri
15:15

sho #KoNKZ68I

URL

感無量の嵐

いつしか…
仕事の疲れの癒しには山デザ。
がボクのオフィススタイルに^^


ボクがあんなに苦労した
天下の急登の鼻突き八丁も
ちょちょいと軽くやり過ごし…

確かボクの場合は全梯子の写真撮って
ツラさ!を皆様に
アピールしていたような。笑


かなりキツカッタ?

っと
軽くポーズの言葉を綴るけど小屋前では
余裕の笑顔だし…
改めやっぱし健脚しまちゃんっ!

でもここは反比例の法則
ツラケレバツライ程アイツが上手いんだよね。

と毎度いきなり甘いのやら名産ワインやら
相変わらず下界並のごちそう♪



にしても
オープンカフェよろしくの
どんな高級ホテルのレストランにも負けない、
嫌、勝つすんげぇシュチュエーションでの
これまたプライスレスなディナー。


もうこんなとこ連れて行ったらどんな女性も
目が♡になって
連れていた男性に惚れちゃうね…………………きゃっ。

その前にかよわい……登れないだろうけどね。
なんせ地獄の急登っ!


ねぇね
したっけあっちとこっちと…
五色ヶ原山荘までばっちりと見えてるね。



小屋泊まりなんて珍しいしまちゃん
あれれ気がつけば何だかいつにもまして饒舌だなぁ。
写真も大幅増量。
それだけ心に沁みた山旅だったんだってことが
分かるね^^




ここ行ったらしまちゃんが仕切ってたりしてね。
小屋番さんで。笑。





別れが悲しいのは
それだけ好きな人に出会えた山旅だったからだね。

山デザ
Best3 たっぷり拝見しました。

編集 | 返信 | 
2016.09.13
Tue
11:16

しまこ #820fvE22

URL

プライスレスな夏休みのおもいで♪

いつしか…


いつの間にか。
知らぬ間に。

このblogがほんのちょっとでも師匠の
癒しのお手伝いができてるのかなぁ、なんて
例えそれがファンに対するリップサービスでも
もう、弟子冥利に尽きて…
いつもより余計に小躍りしてます♫
そろそろ小躍り教室でも開こうかしら^^
と、またまた意味不明(笑)


船窪小屋へ行くと決まって
軽く酔山で予習…(えらいでしょ )

胸突ならぬ鼻突八丁って…
とハシゴのパレードの写真にどんなところかワクワク。
だけど実際の鼻突八丁は
写真を撮る余裕もなく次々に現れるハシゴとの闘い。。。

でもこのツライ登りを登って待ってたものが
アイツはもちろんのこと、どれもこれもが
本当に素敵なものばかり…


外のテラスのプライスレスなディナー^^
そう、プライスレスという言葉がぴったりですね♪
あの時、ガスガスで向こうの山々は
ほとんど見えない状況だったけど
これでドッカンと山まで見えてたら、
もう間違いなく食事も喉を通らなかったかも…
しかも素敵な男性と一緒だったりしたらそれはもう余計に♡…きゃっ。


だから翌朝雲ひとつなく
周りの山々が見えた時の嬉しさったら。。。
嬉しさったら。。。
師匠にだったら
ちょっと想像してもらえれば
多分ここで言葉を連ねるよりもわかってもらえると思うので
…書きません(笑)


小屋のランプの灯り。
お父さんのはなし。
アコーディオンの震える音色。
七倉岳で迎えた夜明け。
鐘の響き。
チーズケーキの味。
はためくタルチョ。
ふかふかのお布団。
山を見つめるへろへろもへじ。
手が届きそうだった五色ヶ原。
お母さんの笑顔。
優雅な槍ヶ岳。
山に向かってのラジオ体操。
危険な水場。
ただ山を眺めながら飲んだ珈琲。
小屋を愛する皆さんの笑顔。


こうして思いついたものを並べただけで
ああ、目が霞んできそう…

いろんなご縁をいただいて
船窪小屋に行けたことは
本当に大切なこの夏のおもいで。


だけど困ったことが…。
帰ってきてから酔山で復習すると
目の前に見えた烏帽子岳への道や
蓮華や針ノ木への道も
五色ヶ原から薬師への道も
野口五郎から水晶への道も
全部全部頭の中で地図と風景が繋がってしまって…
全部歩いてみたいなぁ。。。って
どうしましょうかね(笑)



追伸
いつかまた師匠が船窪小屋に行ったとき
「お疲れ様でした〜お茶をどうぞ♪」
ってお茶を出すのがワタシなんてこともあるかしらん。
その時は…到着の鐘を
師匠に鳴らさせてあげますからね、空振りしないように(^_-)

編集 | 返信 | 

Latest Posts 0