FC2ブログ

高校登山部のはなし 1年生の夏合宿③みどりのやまやま

 25,2014 19:32




歩いても歩いても南アルプス


そんな夏合宿は続きます。



DSC01203+(1)_convert_20141125190540.jpg
千畳敷から見えた荒川岳~光岳、南部の山山のシルエット






この合宿、6人用ダンロップテント三張りで
1年生 10名、2年生3名、顧問2名、OB1名の総勢16人のパーティ。
Aテン、Bテン、Cテン、とそれぞれ名前がつけられて私はAテンでごはん炊く係。

ホエブスに火を点けるのに、
あ…もちろん当時カートリッジのコンロなどありませぬ…
プシュプシュプシュプシュと30回くらい圧をかけ、研いだお米を火にかけるわけですが
顧問から秘伝の水の分量。

それは、お米が多くても少なくても
掌でお米を抑えて手首のくるぶしみたいなところまで水を入れる、とのこと。

お米が少なくても、というのがどこまで通用するかは謎だったけど、
この水加減で3000メートル近いテン場でも失敗することなく美味しくご飯は炊けていました。



さて、聖岳。

光岳の往復を終えて
もう合宿もいよいよコースのメイン。
この日から千枚岳を踏んで下山するまで
ど・ピーカンで夕立も(確か)ない、
まさに夏山ジョイの表紙になりそうなお天気が続きました。


フラッシュバックで浮かぶのは、
大きな大きな聖岳の岩ゴロゴロだったかザラザラだったかの斜面をゆっくり登る自分。

朝から雲ひとつない梅雨明けの夏の空の下、
肩に食い込むザックの重さにも慣れてきて、もう顔を上げれば斜面の向こうは空ばかり。
聖岳は自分で歩いた初めての3000メートル峰。


その頂に立ち、見えたものは
兎岳から中盛丸山のぽこんぽこんとしたピークや・・・・

そしてその先の道は
やま・・・やま・・・やま・・・やま・・・やま・・おおきなみどりのやまやま。




幸か不幸か、
こんな景色を
山を始めたばかりの小娘が見てしまったわけで
だから私の中の山というイメージは
この
みどりの
果てしなく大きな南アルプス南部の山。

この光景が自分の山の原体験みたいなものになっている。

幸か不幸か・・・^^





当時の夏休みのこの時期は
大学の山岳部がわんさか山に入っていて、
大学生は揃いのカッターシャツを着ていたりして、
ただそれだけで、スゴイなー、と思ったりしたものだ。
ほんの何才しか違わないハズだけど大学生は大人だったな、
あの時代(笑)




やっぱりテン場は賑やかで
少し遅い時間になるとテントを張る場所を確保するのも大変になるので(今とは違い大型テントが多かった)
OBの先輩が先行して場所取りをしてくれてたなんてこともあったっけ。



赤石でも
悪沢でも
毎日、朝一番の見渡す限りの雲海を眺めながら
稜線ではヒヨコくらいの雛を連れた雷鳥にたくさん逢い
高山植物もわんさか咲いていた。

残念なことにその時興味もなかったので憶えていないけれど
顧問はいつも楽しそうに

顧問    この花知ってる?
生徒    なんですか???
顧問    わからなかったらタカネシラネグサ(高いところ=高嶺、に咲く知らない草)
         って言っとけばいいんだよ、あははー

と笑っていた。
タカネがミヤマ(深山)になることもあったけど^ ^



この顧問、T先生は
今も年に一度同窓会山行でご一緒する恩師なんだけど、
T先生は若い頃から山岳会で鍛えられていたらしく、
岩場で滑落する人なんかにも遭遇した経験をされているらしい。

その話が出ると、
滑落すると落ちる途中で必ず靴が脱げるんだよ・・・
と私たちに聞かせていた。

・・・靴が脱げるのか・・・

あまり想像したくはないけれど
そんな現実もあるんだということを先生の話から教えられた。

普段はあまり口うるさくもなく、ニコニコと生徒のことを見てくださる先生だけど

弁当電灯水筒雨具

これだけは日帰りだろうが天気が良かろうが持って行かないとダメだぞ、
と常日頃から口癖のように言われていた。


ベントーデントースイトーアマグ…
ベントーデントースイトーアマグ…






DSC01286_convert_20141125190709.jpg
乗越浄土越しの荒川・赤石から聖への稜線






( つづく )




関連記事

Comment 2

2014.11.26
Wed
17:03

sorano #-

URL

秘伝の米の水分量、懐かしいです♪
キャンプの時に飯盒でごはん炊く時にやりました(^.^)
可愛い少女の時に
雄大な緑のお山風景を知ったなんて
素晴らしい体験、自慢の少女時代ですね♪
ベントーデントースイトーアマグ
はい!肝に銘じました!(^^♪

編集 | 返信 | 
2014.11.27
Thu
07:38

しまこ #-

URL

Re: タイトルなし

soranoさん♪
ほとんど備忘録みたいな記事で
脈絡もないお話にお付き合いくださってありがと~です。

ごはんを炊いたことはよく覚えてるんだけど、
他に何のオカズを食べてたのかなー・・・とか(笑)
結構どうでもいいことばかり覚えてるんですよね(^^)

願わくば時を経た今、
もう一度、あの景色を見たいな~というのが密かなテーマ。
いつか実現できるかなぁ。

ベントーデントースイトーアマグ
一度唱えると頭から離れないでしょw (^_-)


編集 | 返信 | 

Latest Posts -